英語類語を使い分けよう(さ行)

英語類語を使い分けよう

①財産

(1)property

用例1:There must be rules to enforce intellectual property rights.
(知的財産権を強化する規則がなければならない。)
用例2:The old man vowed to prosecute anyone who trespassed on his private property.
(その老人は誰であれ自分の私有財産を侵害するものは起訴すると断言した。)
用例3:The stolen property they found consisted of a laptop computer and some jewelry.
(彼らが発見した盗品はラップトップパソコンが1台と宝石類だった。)
用例4:Commercial property values dropped precipitously during last year’s real estate crash.
(商業用不動産の価値は昨年の不動産の暴落の中で急落した。)
用例5:Residential property values have fallen over the last decade in this neighborhood.
(このあたりの居住用不動産の価値はここ10年で下がっている。)

「property」は、intellectual、private、commercialなどと共起する頻度が高いことからもわかるように、金銭的、商業用価値のある「財産」「所有物」または「財産権」を意味します。

ですからstolen property(盗品)のように盗まれる対象にもなったりします。

(2)estate

用例1:This industrial estate is valued at 60 million dollars.
(この工業団地の価値は6000万ドルと見積もられている。)
用例2:My grandmother owns a landed estate in Kentucky worth over five million dollars.
(祖母はケンタッキーに500万ドル以上の価値のある土地財産を持っている。)
用例3:Geordie used to be a park ranger but now he’s a real estate agent.
(ジョーディーは以前公園監視員だったが、今は不動産業者になっている。)
用例4:This is the formal legal estate of the late Jimi Hendrix.
(これは故ジミ・ヘンドリスク氏の正式な合法的財産である。)
用例5:My father’s side of the family owns a large estate in northern Georgia.
(父方の一家はジョージア北部に広い地所を所有している。)

「estate」は、landed estate(土地財産)やreal estate(不動産)のように財産としての「土地」を指す語です。

(3)fortune

用例1:My dad made a small fortune in the ice cream business as a young man.
(父は若い頃アイスクリームの商売でひと財産作った。)
用例2:Bill Gates has amassed a personal fortune worth more than the annual GDP of some small countries.
(ビル・ゲイツは小さな国の年間GDPをしのぐほどの個人資産の蓄えがある。)
用例3:My uncle made a considerable fortune in the stock market in the 1980s.
(叔父は1980年代に株の売買でかなりの財産を作った。)
用例4:My cousin inherited on outrageous fortune from her father when he died.
(いとこは彼女の父親が亡くなったときに途方もない財産を相続した。)
用例5:You can make a bloody fortune in the stock market if you play your cards right.
(うまくやれば株ですごい財産を作ることができる。)

「fortune」は、small、considerableなど量的な程度を表す形容詞と一緒に使われる頻度が高く、財産の全体を表し、包括的な意味で使います。

なお、bloodyはイギリス用法で、considerableとほぼ同じ意味で用いられます。

point
property:所有物としての財産
estate:特に財産としての地所
fortune:包括的に見た全財産

②探す

(1)look for

用例1:I’m going to look for a way to go to school while continuing to work.
(仕事を続けながら学校に通う方法を探すつもりだ。)
用例2:I heard that the local Denny’s is looking for people to hire.
(地元のデニーズが人を募集しているそうだ。)
用例3:I decided to look for a place to live in Los Angeles.
(ロサンゼルスで住むところを探すことにした。)
用例4:We are looking for a sign telling us which highway we’re on.
(今どの幹線道路にいるのかを示す標識を探している。)
用例5:After graduating from college I decided to look for work in the automotive industry.
(大学卒業後は自動車業界での仕事を探すことにした。)

「look for」は、目的語に人や場所など具体的なものから、way(方法)のような抽象的なものまでとるように、「探す」という意味では最も使用範囲の広い、一般的な語です。

(2)search

用例1:He searched her face for the cause of her displeasure.
(不満の種は何なのかと彼は彼女の表情を探った。)
用例2:Dan searched every pocket in his jean jacket in a futile attempt to find his car keys.
(ダンは車のキーを見つけようとジーンズジャケットのすべてのポケットを探したが見つからなかった。)
用例3:Let me search the database for any information about your ex-wife.
(どんな情報にせよ前の奥さんに関するものをデータベースで探してみましょう。)
用例4:The police searched the house but were unable to find the wily suspect.
(警察はその家を捜査したが、悪賢い容疑者を発見することはできなかった。)
用例5:We searched the area but could not find any clues.
(その地域を捜索したが何の手掛かりも見つけられなかった。)

「search」は、探す「場所」を目的語にとります。

探すものは「search+場所+for+物」のように、前置詞forの後にきます。

(3)hunt

用例1:Local authorities vowed to hunt the killer down and bring him to justice.
(地方当局は殺人犯を探し出し、法の裁きを受けさせると言明した。)
用例2:So many people enjoy hunting deer in West Virginia.
(ウエストバージニア州では非常に多くの人が鹿狩りを愛好している。)
用例3:He vowed to hunt his wife’s attacker with the help of all the resources he had available to him.
(彼は可能な限りすべての手を尽くして妻を襲った者を探し出すことを誓った。)
用例4:Drug dealers are predators who hunt youth and prey on kid’s need for excitement.
(麻薬の売人は若者を捕らえ、子供の刺激への欲求を食い物にする略奪者だ。)
用例5:Tigers are one of the few species of wild animal that hunts man.
(トラは人間を狩る数少ない生物種のひとつです。)

「hunt」は、本来「狩る」の意味なので、目的語にくる名詞には「獲物」というニュアンスが伴い、「対象を追跡して探し出す」という場合に使われます。

point
look for:「探す」の意味の一般的な語
search:紛失したものや隠されたものなどを探す
hunt:追跡して探す

③叫ぶ

(1)cry

用例1:I couldn’t sleep because a baby was crying throughout most of the flight.
(赤ん坊が飛行中ほとんど泣きっぱなしだったので眠れなかった。)
用例2:Hearing the voices of the wounded cry in agony always gave me the chills.
(負傷者の苦痛の叫び声を聞くといつもぞっとした。)
用例3:Tommy is the kind of child who cries anytime he doesn’t get something he wants.
(トミーは欲しいものが手に入らないといつも泣くような子供だ。)
用例4:My mother cries every time I say goodbye to her at the airport.
(母は私が空港で「さよなら」というたびに泣く。)
用例5:I saw a girl crying with her hands covering her face.
(手で顔を覆って泣いている少女を見た。)

「cry」は、baby、child等が主語にくる頻度が高いように、「(涙を流して)泣き叫ぶ」というニュアンスの語です。

(2)shout

用例1:Did you hear that voice shouting in the distance?
(遠くで叫び声がしたのを聞きましたか?)
用例2:The man sitting next to me at the baseball game shouted so much that his voice was hoarse by the seventh inning.
(野球の試合で隣に座った男の人は叫びすぎたので、7回までには声が枯れてしまった。)
用例3:The crowd shouted for more after the band left the stage.
(バンドがステージを下りてからも客はアンコールを求めて叫んでいた。)
用例4:The doctor shouted at the nurse to get him a scalpel immediately.
(医師はすぐにメスを渡すように看護師に怒鳴った。)

「shout」は、文字通り大声で「叫ぶ」という意味です。

したがってman(男)、crowd(群衆)のように、声の大きさをイメージさせるものとともに使われる頻度が高くなります。

(3)scream

用例1:There were girls screaming all around me at the first Beatles concert I went to.
(初めてビートルズのコンサートに行ったとき、周りの女の子たちはみんな叫び声を上げていた。)
用例2:At the hospital sometimes I hear children scream in the middle of the night.
(病院ではときどき真夜中に子供の叫ぶ声がする。)
用例3:Her mouth screamed words I didn’t know the meaning of.
(彼女の口が意味のわからない言葉を叫んだ。)
用例4:The headline screams, ”15 Civilians Killed in Attack”.
(「攻撃で民間人15名死亡」と見出しが派手に書き立てる。)
用例5:I heard a woman scream in the apartment next door to me.
(アパートの隣の部屋で女性の叫び声がした。)

「scream」は、girl(少女)、child(子供)などが主語に来るように、「金切り声を上げて叫ぶ」というニュアンスを持った語です。

恐怖による叫び声にも用いられます。

point
cry:大きな声で、特に泣きながら叫ぶ
shout:感情が高ぶったり、人の注意を引こうとして大声を出す
scream:女性や子供が甲高い声で叫ぶ

④避ける

(1)avoid

用例1:Despite attaining stardom at a young age, Ichiro managed to avoid the pitfalls that haunt other professional athletes.
(若くしてスターの座についたが、イチローは他のプロスポーツ選手たちが陥りがちな落とし穴をうまく避けていた。)
用例2:It would avoid a lot of confusion if we just designated one person as navigator.
((ドライブで)ナビゲーターを1人だけに決めておけば、かなり混乱が避けられるだろう。)
用例3:Avoiding conflict can often be the ruin of a good relationship.
(衝突を避けることがしばしば良い関係を壊してしまうことがある。)
用例4:My parents like to avoid risk, which is why they have no money in the stock market.
(うちの両親はリスクは避けようとする。だから株で儲けられないのだ。)
用例5:Avoiding danger is a difficult task when you work in a coal mine.
(炭鉱で働く際には危険を避けるというのは難しい。)

「avoid」は、目的語にpitfall、confusion、conflictなどがくるように、自分にとって不利益をもたらすものを「避ける」の意味です。

(2)escape

用例1:Elliot’s house collapsed during the earthquake but somehow Elliot escaped any major injuries.
(エリオットの家は地震で潰れたが、彼は何とか大きな怪我はせずにすんだ。)
用例2:The manufacturer escaped liability for the injury when the defense attorney proved that the product had been misused.
(被告側の弁護人が製品が正しい使用がされなかったことを証明したので、製造元はその怪我に対する責任を免れた。)
用例3:Animal-like moans escaped his lips.
(獣のようなうめき声が彼の口から漏れた。)
用例4:I could not escape the conclusion that this used car salesman was trying to dupe me.
(この中古車セールスマンは私を騙そうとしていたと結論せざるを得なかった。)

「escape」は、「脱出する」という感じです。

当然の帰結を表すもの(injury、conclusion、punishment)や、閉ざされている状態(lips)から「逃れる」という感じになります。

(3)evade

用例1:My husband has an annoying habit of evading issues that are on his mind.
(夫には気にかかっている問題を回避するという困った癖がある。)
用例2:Employees were not satisfied when the CEO evaded tough questions about future job cuts.
(従業員はCEOが将来の雇用削減についての厳しい質問をかわしたことに満足できなかった。)
用例3:Willie evaded taxes for years but the IRS finally caught up with him.
(ウイリーは何年も税金逃れをしていたが、IRS(内国歳入庁)はついに彼を逮捕した。)
用例4:The fact that he evaded as much responsibility as he could growing up explains why he is so incompetent now.
(彼ができるだけ責任を回避して成長してきたという事実が、現在の甚だしい無能っぷりの理由を説明している。)

「evade」は、義務や責任を「回避する」という意味です。

issue、questionなど解決しなければならないものや、tax、responsibility、liabilityなど、義務や責任を表すものが目的語になります。

point
avoid:望ましくないものに近寄らない
escape:望ましくないものから逃れる
evade:義務や責任などを積極的に回避する

⑤寂しい

(1)lonely

用例1:When my mom and dad met it was the fateful meeting of two lonely hearts.
(父と母が会ったのはパートナーを求める孤独な2人の運命的な出会いだった。)
用例2:Rex and I walked up the lonely road to the deserted mansion on the hill.
(レックスと私は丘の上の無人の館への寂しい道を歩いて登った。)
用例3:This rundown hotel is the loneliest place I’ve ever seen.
(この荒れ果てたホテルは今まで見た中で最も寂しい場所だ。)
用例4:My grandfather has been a very lonely man since his wife passed away.
(祖父は祖母が亡くなってから非常に孤独になってしまった。)
用例5:By most accounts Mary has led a lonely life since John’s murder over two and a half decades ago.
(おおかたの話ではメアリーは25年前にジョンが殺害されて以来寂しい生活を送ってきたようだ。)

「lonely」は、「寂しい」という意味の最も一般的な語で、修飾される名詞もheart、road、place、manなど多岐にわたります。

(2)desolate

用例1:The desolate landscape I saw in Western films inspired me to Texas after high school.
(西部劇で見た荒涼とした風景が、高校卒業後、私をテキサスへと向かわせた。)
用例2:The Mormons found a desolate spot in the American west to settle and build a community.
(モルモン教徒たちはアメリカ西部に、定住し共同社会を作るための人けのない場所を探した。)
用例3:We found a desolate place in the canyon basin to camp.
(我々は峡谷の盆地に野営するための人けのない場所を見つけた。)
用例4:The Sahara Desert is the most desolate desert I have ever seen.
(サハラ砂漠はこれまで見た中で最も荒涼とした砂漠だ。)
用例5:Australia is a pretty desolate country except for the East Coast.
(オーストラリアは東海岸を除いては非常に荒涼とした国だ。)

「desolate」は、landscapeに代表されるように、「場所」に対して「人けがなく寂しい」という意味で使います。

(3)melancholy

用例1:Wilbur had a melancholy expression on his face when that picture was taken.
(ウィルバーはその写真を撮られたとき、物悲しい表情を浮かべていた。)
用例2:Bob Dylan is perhaps the most melancholy figure in Rock’n’Roll.
(ボブ・ディランはロックンロール界でおそらくもっとも憂いをたたえた人物だ。)
用例3:Neil Young’s early records have a melancholy air that are great for listening to on a rainy afternoon.
(ニール・ヤングの初期のレコードには雨の午後に聴くのにもってこいの物寂しい雰囲気がある。)
用例4:Sarah’s melancholy eyes told me that she didn’t want me to go.
(サラの物悲しい目つきは私に行ってほしくないことを物語っていた。)

「melancholy」は、文語表現です。

持続的で、悲しい憂鬱な気分を表します。

修飾される名詞もexpression、figure、air、eyesなど、人の感情や気分を伴っているものになります。

point
lonely:「寂しい」の意味の一般的な語
desolate:場所が荒涼としたり、人けがなくて寂しい
melancholy:暗くもの思いに沈んだ様子

⑥様々な

(1)different

用例1:I think my acne will clear up if I use a different kind of soap.
(違う種類の石鹸を使えばニキビは治ると思う。)
用例2:I’ll show you a different way to pitch that won’t hurt your arm.
(腕を痛めない別の投球方法を教えましょう。)
用例3:Henry’s different approach to learning was a challenge to his teachers.
(ヘンリーの独特の学習法は教師たちへの挑戦だった。)
用例4:Different species of animals cannot produce offspring together.
(異なる種の動物同士では子孫を産むことはできない。)
用例5:Let’s go to Jane now for a different perspective on President Bush’s speech.
(ではジェーンにブッシュ大統領のスピーチについての違った視点を聞いてみましょう。)

「different」は、「他とは違う」という意味の最も一般的な語です。

具体的なものにも抽象的なものにも使います。

(2)various

用例1:Dennis has various kinds of plants in his backyard.
(デニスは裏庭で様々な種類の植物を育てている。)
用例2:There are various forms of harassment that airline attendants frequently have to put up with.
(飛行機の客室乗務員がしょっちゅう我慢しなければならないいろいろな嫌がらせがある。)
用例3:Donating money is just one of the various ways you can contribute to the campaign.
(寄付はその運動に寄与できる様々な方法のうちのひとつに過ぎない。)
用例4:Through the various stages of my life, knitting has been a wonderful friend to me.
(人生の様々な時期を通じて、編み物は私の素晴らしい友でした。)

「various」は、一緒に用いられた名詞が複数形になっていることからもわかるように、同じ種類のものがたくさんある場合に使います。

a different kind of soapはこの石鹸が他の石鹸とは違うことに意味の重点があり、various kinds of plantsは植物の種類がたくさんあることに意味の重点があります。

(3)diverse

用例1:The territory of the United States of America covers a diverse range of land.
(アメリカの領土には多種多様な土地が含まれている。)
用例2:I lived all around the world growing up so I was exposed to many diverse cultures.
(私は世界中で暮らしながら成長したので、様々な文化に接した。)
用例3:I enjoy working with people from diverse backgrounds.
(さまざまな経歴の人たちと働くのは楽しい。)
用例4:When I was unemployed I had some diverse sources of income that I could rely on.
(失業していたときに、あてにできるいくつかの異なった収入源があった。)

「diverse」は、あるひとつの種類や領域の中の多様性を表します。

したがって、range、culture、background、source、formなど属性や広がりを表す名詞とともに用いる頻度が高くなります。

various forms of harassmentは嫌がらせの形態がたくさんあることに意味の重点があり、diverse forms of plantは植物の形態が多様で広がりがあることに意味の重点があります。

point
different:他のものと類似性がないことを表す
various:同一の類の中の多くの種類を表す
diverse:ある範囲の中での多様性を表す

⑦妨げる

(1)prevent

用例1:We can prevent the spread of forest fires by being careful about when and where we start fires.
(いつどこで火事を起こすかということに注意することで森林火災が広がるのを防ぐことができる。)
用例2:Put some vitamin E on your sore to prevent infection.
(化膿しないように傷にビタミンEをつけておきなさい。)
用例3:You can prevent accidents on the road by actually driving below the designated speed limit at all times.
(実際に常時制限速度内で走行すれば路上での事故を防ぐことができる。)
用例4:Regular brushing and flossing helps prevent loss of gums.
(規則正しい歯磨きとデンタルフロスによる掃除は歯肉の減退を防ぐのに役立つ。)
用例5;The Catholic Church is doing all it can to prevent any further abuse by priests.
(カトリック教会では司祭によるこれ以上の職権濫用を防ぐためできるだけのことをしている。)

「prevent」は、そうしようとしているものを「させないようにする」という意味です。

したがって、起こり得る事態(spread、infection、accidentなど)の進行や発生を「防ぐ」という意味で使うことが多いです。

(2)block

用例1:A fallen tree blocked our path on the way down the mountain.
(倒木が下山する途中の道をふさいだ。)
用例2:Protesters blocked the entrance to the building.
(抗議者たちが建物の入り口をふさいだ。)
用例3:The next exit is blocked due to construction on the offramp.
(出口ランプの工事のため次の出口は閉鎖されている。)
用例4:We can’t turn left here because the road is blocked.
(道路が通行止めなので左折できない。)
用例5:He blocked a shot with his face.
(彼は顔面でシュートを防いだ。)

「block」は、path(道)に代表されるように通路や進路を「ふさぐ」という意味です。

したがって、blocked the path (entrance)、exit (road) is blocked、blocked a shotのように、何かの通過を「妨げる」場合に使います。

(3)interrupt

用例1:I hate instant replay because it interrupts the flow of the game.
(試合の流れが妨げられるのでビデオのリプレイは嫌いだ。)
用例2:Let me interrupt that thought with a comment of my own.
(その考えについて意見をはさませてください。)
用例3:Martha has a bad habit of interrupting people’s conversations.
(マーサには人の会話を邪魔する悪い癖がある。)
用例4:I used to have my office at home but my family would often interrupt my work with petty concerns.
(以前自宅に事務所を持っていたが、家族によく些細なことで仕事の邪魔をされた。)

「interrupt」は、現在進行中の行為を「中断する」という意味です。

したがって、目的語にはflow、thought、conversation、phone、workなど継続的な動作や行為をとります。

point
prevent:特に、よくないことが発生しないようにする
block:通路や進路をふさぐ
interrupt:妨害により中断させる

⑧残酷な

(1)brutal

用例1:The brutal murder known as the Mountain Meadows massacre is still a source of controversy among historians.
(マウンテン・メドウズの虐殺として知られる残酷な殺人は今も歴史家の間で論争の種となっている。)
用例2:The brutal attack on the town left many suspected insurgents dead.
(その街への残酷な攻撃で反乱者ではないかと思われる人々が多数死んだ。)
用例3:Stalin’s brutal repression of any dissent led to the purging of thousands of party members.
(スターリンによるあらゆる反対に対する弾圧は何千という党員の粛清につながった。)
用例4:The brutal assault on the village left several people dead and scores of them injured.
(その村への残虐な攻撃により数名が死亡し、何十名もが負傷した。)

「brutal」は、人間の行う行為に対して「情け容赦のない、残酷な」という意味で使います。

一緒に使われる名詞も「相手を殺す、徹底的に痛めつける」のような究極的な行為を表すものが多くなります。

(2)cruel

用例1:Bullfighting and cockfighting are a couple examples of the many cruel sports that people find entertaining.
(闘牛と闘鶏は人々が楽しむ数多い残酷なスポーツの例です。)
用例2:Not making the school play was a cruel blow to John’s confidence.
(学校の劇に出られなかったことはジョンの自信にとってひどい痛手となった。)
用例3:I played a cruel joke on my dad when I told him that I was quitting my job as a banker to pursue a career in art.
(芸術の道へ進むため銀行員を辞めるつもりだというきつい冗談を父に言った。)
用例4:My first pet hamster had the cruel fate of being eaten by my dog Ralph.
(初めて飼ったペットのハムスターは犬のラルフに食べられてしまうという残酷な運命をたどった。)

「cruel」は、brutalより使用範囲は広く、様々な名詞とともに用いられます。

「相手に精神的、肉体的打撃を与えるような」というニュアンスを持ち、sports、blow、jokeなど、それを経験する人がそこから何らかの被害を被る場合に使います。

(3)harsh

用例1:Soon after arriving in Japan, Lars was confronted with the harsh reality of Tokyo winter without central heating.
(日本に到着してまもなく、ラーズはセントラルヒーティングのない東京の冬の過酷な現実に直面した。)
用例2:I like Tanya but I find her harsh laugh annoying.
(タニヤは好きだが彼女の耳障りな笑い声は気になる。)
用例3:The coach had harsh words for me after I let my man score again.
(再び相手に得点を許すと、コーチは私に厳しい言葉をかけた。)
用例4:It takes a while to get used to the harsh climate of the northern great plains.
(大草原地帯北部の厳しい気候に慣れるにはしばらく時間がかかる。)

「harsh」は、本来「耳障りな」という聴覚に関する意味を表す語です。

laugh、wordのように耳で聞くもの、climateのように肌で感じるもの、realityやconditionのように目に見えるものなど、五感で捉えられるものというニュアンスを持つ名詞と共に使用する頻度が高くなります。

point
brutal:肉体に深刻なダメージを与える残酷さ
cruel:痛みや苦しみを平気で与えること
harsh:特に、五感が過酷だと感じること

⑨惨事

(1)disaster

用例1:Global warming could produce ecological disaster on a scale never before seen in the history of mankind.
(地球温暖化は人類史上未曽有の規模での生態系破壊を招くかもしれない。)
用例2:The Mt. St. Helens eruption of May 18, 1980 is the first natural disaster that I remember.
(1980年5月18日のセントへレンズ山の噴火が、私の覚えている最初の自然災害だ。)
用例3:Hurricane Ivan was a bad disaster for Cuba.
(ハリケーン、イワンはキューバにとってひどい災害だった。)
用例4:The Exxon Valdez oil spill was the biggest environmental disaster of 1989.
(エクソンバルディーズ号の石油流出は1989年最大の環境災害であった。)
用例5:Bernie’s first business enterprise was a financial disaster.
(バーニーの最初の事業は財政上は大失敗だった。)

「disaster」と結びつく形容詞はecological、naturalなど、その範囲や対象、状態などを表し、自然環境や事態が非常に悪い状態であることを表します。

(2)catastrophe

用例1:The Chernobyl disaster was the worst environmental catastrophe in the history of the Soviet Union.
(チェルノブイリの事故は旧ソ連史上最悪の環境大災害だった。)
用例2:Climate experts say that global warming is an ecological catastrophe that is already beginning to change the earth’s climate and weather patterns.
(天候の専門家たちは、地球温暖化はすでに地球の天候気象パターンを変えつつある生態系の大災害だと言っている。)
用例3:Nuclear proliferation experts think that the risks of a nuclear catastrophe are even greater now than they were during the cold war era.
(核拡散の専門家たちは冷戦時よりも現在の方が核による大惨事の危険がはるかに高いと考えている。)
用例4:The recent string of natural catastrophes in Florida have some residents pondering a move out of the state.
(フロリダではこのところ立て続けに天災に見舞われているため、州外への移転を検討する住民もいる。)

「catastrophe」も自然環境や事態を表す形容詞とともに使われる頻度が高いですが、nuclear catastropheのように大規模な損害や破壊をもたらす「惨事」という意味で使います。

(3)tragedy

用例1:Greek tragedy is popular because many people can relate to its universal themes.
(ギリシャ悲劇が人気あるのは多くの人がその普遍的なテーマを理解できるからである。)
用例2:The Kennedy family has suffered through one terrible tragedy after another.
(ケネディ家は次から次へと恐ろしい悲劇に見舞われてきた。)
用例3:My first personal tragedy was when my sister died of polio at age seven.
(私の初めての個人的悲劇は妹が7歳の時にポリオで亡くなったことだ。)
用例4:The great tragedy of our times is the endless cycle of violence.
(現代における大きな悲劇はやむことのない暴力の連鎖である。)

「tragedy」はGreek、Shakespeareanに代表されるように本来、文学のジャンルとしての「悲劇」の意味です。

そこから、人が置かれている環境や事態が、文学作品と同様の悲しい結末を伴っている場合に使われます。

point
disaster:思いがけなく起こった深刻な事態
catastrophe:壊滅的なほどの大惨事
tragedy:悲劇的な出来事

⑩仕事

(1)work

用例1:Being a farmer is hard work!
(農業はきつい仕事だ!)
用例2:My mother enjoys the rewards she gets from doing social work.
(母は社会福祉活動にやりがいを感じている。)
用例3:My unemployed buddy is looking for just about any form of paid work.
(失業中の友達が何でもいいから給料のもらえる仕事を探している。)
用例4:Dr. Heafitz did pioneering work in the treatment given to cancer patients.
(ハーフィッツ博士はがん患者への治療で先駆的な仕事をした。)

「work」は、「仕事」の意味では最も一般的で使用範囲の広い語で、「作業」「労働」「活動」などの行為から「職」「職場」の意味まで表します。

(2)job

用例1:The first part-time job I had was at McDonald’s.
(最初にパートで働いた先はマクドナルドだった。)
用例2:The first full-time job I had was as a middle school math teacher.
(初めての常勤の仕事は中学校の数学教師だった。)
用例3:My dad always said that a well- paid job does not necessarily bring you happiness.
(お父さんはいつも給料のいい勤め口が幸福をもたらしてくれるとは限らないと言っていた。)
用例4:I got a temporary job as a waitress the summer after I turned 17.
(17歳を過ぎた夏にウエイトレスのアルバイトをした。)
用例5:I didn’t want to work in a low-paid job so I decided to continue my education after high school.
(給料の安い仕事に就きたくなかったので高校卒業後も勉強を続けることにした。)

「job」は、労働時間や待遇を意味する形容詞と結びつく頻度が高いように、「職」「勤め口」「勤務(先)」の意味を表します。

(3)task

用例1:Trying to sort through all my mail is a difficult task.
(届いた郵便物をすべてより分けて整理するのは面倒な作業だ。)
用例2:Mowing my dad’s lawn is an uphill task, literally.
(父さんの芝生を刈るのは文字通り骨の折れる仕事だ。)
用例3:Taking the garbage out is such an easy task. I wonder why I don’t do it more often.
(生ゴミを出すなんて実に楽な仕事なのに、なぜあまりやらないのだろう。)
用例4:Can I call you back? I have a few urgent tasks I need to care of first.
(電話をかけ直してもいいですか?急を要する仕事が2, 3あるんです。)
用例5:My right hand was so badly injured, I could not even perform a simple task like opening a door.
(右手にひどいけがをしていたのでドアを開けるような簡単な作業ですらできなかった。)

「task」は、difficult、urgentなどの状態に関する形容詞と共に用いられる頻度が高いことが示しているように、「業務、作業」の意味です。

(4)business

用例1:Rodney had some unfinished business to take care of before he left town.
(ロドニーには町を離れる前に片付けねばならないやりかけの仕事があった。)
用例2:Gambling is a very profitable business if you play your cards right.
(うまく立ち回ればギャンブルはすごく儲かる商売だ。)
用例3:Baseball card collecting used to be a hobby but now it’s more like a serious business to me.
(ベースボールカードの収集は昔は趣味だったが、今は私にとって真剣な仕事といっていいくらいだ。)
用例4:The company’s Board of Directors should manage more of the ordinary business.
(我が社の役員会はもっと通常業務を監督すべきだ。)
用例5:Working as a lifeguard is a risky business.
(ライフガードとして働くのは危険な仕事だ。)

「business」は、本来「商売、商取引」という意味で、unfinished businessのように「やるべきこと、用事」という意味でも使われます。

(5)employment

用例1:The application required that I write down my entire history of paid employment.
(応募書類に有給の仕事の職歴をすべて書く必要があった。)
用例2:Full employment is an unachievable target in any economy because there are always some people.
(常に失業者というものはいるので、いかなる経済でも完全雇用は達成不可能な目標だ。)
用例3:My plan is to get part-time employment in the fast-food industry.
(ファストフード業界でパートの仕事をするつもりです。)
用例4:Are there any alternative employment opportunities on campus?
(学内で代わりの仕事を得る機会はありますか?)
用例5:Henry is looking for permanent employment at a company with good benefits.
(ヘンリーは福利厚生のいい会社の終身雇用の職を探している。)

「employment」は、動詞employ(雇う)の名詞形で、雇用関係に基づいた労働を表します。

(6)profession

用例1:My father entered the medical profession at the age of 36.
(父は36歳で医者になった。)
用例2:Ms. Kelly began her career in the legal profession in Tennessee.
(ケリーさんはテネシーで法律家としての仕事を始めた。)
用例3:I hope my son gets a career in a learned profession like medicine or law.
(息子には医者や法律家のような知的職業に就いてほしい。)
用例4:Medicine was my father’s chosen profession.
(医学は父のやりたい仕事だった。)
用例5:I regret not entering the architectural profession at a younger age.
(もっと若いときから建築の仕事を始めなかったことを後悔しています。)

「profession」は、結びつきやすい形容詞(medical、legal、learnedなど)からもわかるように、専門性の高い仕事、あるいは専門職を表します。

(7)occupation

用例1:Ronnie enjoys manual occupations like carpentry and gardening.
(ロニーは大工や庭師などの体を使う職業が気に入っている。)
用例2:Many people don’t realize that carpentry is a skilled occupation.
(大工が熟練を要する仕事だとわかっていない人が多い。)
用例3:My father wants me to focus on finding a professional occupation.
(父は私に専門職に絞って職を見つけてほしいと思っている。)
用例4:Working as a racing car driver is a hazardous occupation.
(カーレーサーは危険な職業だ。)
用例5:My favorite occupation is teaching but the money isn’t very good.
(教えるのは好きな仕事だが、給料はあまりよくない。)

「occupation」は、本来、場所や時間を占有して(されて)いる状態を指し、そこから、「主として従事していること」すなわち「本業、職業」の意味で使われます。

jobよりは堅い表現です。

point
work:「仕事」の意味の最も一般的な語
job:「職」「勤め口」を指す
task:「作業」を意味する。困難を伴うものである場合が多い
business:営利を目的とする「商売」
employment:雇用されての「仕事」
profession:専門的知識を要する「職業」
occupation:従事する「仕事」

⑪静かな

(1)quiet

用例1:He spoke with a quiet voice.
(彼は静かな声で話した。)
用例2:Our cat always took naps in the quiet corner of the house with the air vent.
(うちのネコはいつも家の中の通気孔のある静かな片隅で昼寝をしていた。)
用例3:My parents live on a quiet street next to a cemetery.
(私の両親は墓地に隣接した静かな通りに住んでいる。)
用例4:My cousin lived a quiet life and never asked too much from anybody.
(私のいとこは静かな暮らしぶりで、誰にも多くの手を煩わせるようなことはなかった。)
用例5:Let’s find a quiet spot in the park and have lunch.
(公園の静かな場所を見つけて昼食をとろう。)

「quiet」は、「(騒音のない)静かな」という意味の最も一般的な語です。

quiet lifeのように、「平穏な」という比喩的な意味にもなります。

(2)silent

用例1:A silent moment between acquaintances can be awkward sometimes.
(知り合い同士の間に沈黙が流れると気詰まりになることもある。)
用例2:I said a silent prayer when I found out my grandmother had cancer.
(祖母ががんだとわかったとき私は無言の祈りを捧げた。)
用例3:Silent viewing lets the students imagine what the speakers are talking about.
(サイレント・ビューイング(音声を消してビデオを見せるという語学練習法)によって生徒は話している人が何を言っているのかを想像します。)
用例4:The silent majority of Americans are opposed to industry deregulation that could increase environmental pollution.
(アメリカの声なき大衆は環境汚染を増大させる可能性のある産業規制緩和には反対している。)
用例5:I love Charlie Chaplain’s silent movies.
(チャーリー・チャップリンの無声映画が大好きだ。)

「silent」は、文字通り「音のない」という意味です。

人間に対して使われると「無言の、言葉を発しない」の意味になります。

(3)still

用例1:I enjoy painting still life portraits of fruit.
(果物の静物画を描くのを楽しむ。)
用例2:Isn’t this still image of my dog cute?
(うちの犬のこの静止画像、かわいくない?)
用例3:The still air of the rainforest was heavy and pungent.
(雨林中にとどまった空気は重く、鼻をつくにおいがあった。)
用例4:The still water of the pond was interrupted when Helen jumped in.
(池の静かな水面がヘレンが飛び込んで乱された。)
用例5:My father collects still photographs of the Civil war.
(父は南北戦争のスチール写真を収集している。)

「still」は、「静止した」という意味で、動きがない状態を表します。

日本語の「スチール(写真)」はこの意味です。

point
quiet:騒音がしない
silent:音を立てない
still:動きがない

⑫親しい

(1)friendly

用例1:I like the friendly atmosphere of Layla’s pub.
(レイラのパブの気さくな雰囲気が気に入っている。)
用例2:I America is such a friendly society, why are there so many homicides there?
(アメリカがそんなに友好的な社会だというのなら、なぜこれほど多くの殺人が起こるのだろう?)
用例3:I always like to have friendly relations with my neighbors.
(いつも近所の人たちとは友好的な付き合いをしたいと思っている。)
用例4:My homestay family gave me a friendly welcome as soon as I got off the boat.
(ホームステイ先の家族は私が船を降りるとすぐに心温まる歓迎をしてくれた。)
用例5:I like the friendly manner in which service people treat customers here.
(ここの愛想のよい接客マナーが気に入っている。)

「friendly」は、friendの派生語で、友人関係を暗示するようなニュアンスを持ち、そこから伝わってくる印象が「親しげな、友好的な」という意味を表します。

(2)intimate

用例1:Dr. Weisenberg has an intimate knowledge of Native American languages.
(ワイゼンバーグ博士はアメリカ先住民の言葉を熟知している。)
用例2:A fear of intimate relationships kept my father from remarrying after the divorce.
(親密な関係への恐れから父は再婚しなかった。)
用例3:Alex did not have intimate contact with the opposite sex for several years after his divorce.
(アレックスは離婚して数年間は異性との親密な接触は持たなかった。)
用例4:Ted has always felt an intimate connection with the downtrodden.
(テッドはいつも虐げられた人々との間に親密なつながりを感じていた。)
用例5:The first time I took my girlfriend out we had an intimate conversation in the coffee shop.
(初めてガールフレンドとデートしたとき、喫茶店で打ち解けた話をした。)

「intimate」は、「親密な間柄」を表す場合に使います。

したがって、修飾される名詞は人間関係を表すものが多くなります。

またknowledgeと共起する頻度が最も高いのは、「詳細な、深い」という比喩的な意味を持つことがあるためで、知っている対象との関係が密であるという感じになります。

(3)close

用例1:Dan has been a close friend of mine since we were kids.
(ダンは子供の頃からの親友だ。)
用例2:I never had a close relationship with my dad growing up.
(自分が大人になっていくときには父との間に親密な関係はまったくなかった。)
用例3:Mary is the close relative that I get along with the best.
(メアリーは一番仲の良い近親者だ。)
用例4:I’d like to introduce to you Sam Osborn, a close associate of mine.
(親しい仲間の1人、サム・オズボーンを紹介します。)
用例5:There are close ties between the President’s family and my family.
(大統領の一家と私の一家との間には緊密なつながりがある。)

「close」も、「親密な間柄」を表す場合に使います。

本来は「近い」という距離を示す語であることから、close relationshipのように、比喩的な意味で「(距離的に)近い関係」を表す場合に用いられます。

point
friendly:友好的な親しさを表す
intimate:親密な関係を表す。時に性的な親密さを含む
close:距離的な近さをイメージさせる親密さを表す

⑬しとやかな

(1)elegant

用例1:Saddam Hussein liked to live in elegant surroundings.
(サダム・フセインは上品な環境での暮らしを好んだ。)
用例2:The Westwater Inn is one of the most elegant restaurants in America.
(ウエストウォーター・インはアメリカでもっとも上品なレストランの1つだ。)
用例3:On rainy days sometimes I hang out in the elegant lounge of the Ritz Hotel.
(雨の日には、ときどきリッツホテルの上品なラウンジで時を過ごす。)
用例4:Tobacco stained blankets indicated that I was not staying in the most elegant hotel.
(タバコのにおいのついた毛布が、泊っているのが最上級ホテルではないことを物語っていた。)
用例5:Let’s go to a French restaurant tonight for some elegant dining.
(今夜はフランス料理のレストランで優雅な食事をしよう。)

「elegant」は、surroundingsなど場所に対して使うことが多いように、その場の雰囲気や全体の印象が「上品な」という意味です。

もちろん人に対しても使うことができ、同様にその人の全体的な印象を表します。

(2)graceful

用例1:Cheetahs run with the most graceful motion if you watch them run in slow motion.
(スローモーションで見るとチーターは実に優美な動きで走っている。)
用例2:She had graceful curves and a beautiful face.
(彼女は優美な曲線と美貌を備えていた。)
用例3:She soon mastered the graceful gestures required of someone in the royal family.
(彼女は皇室の一員に求められる優美な所作をすぐに身につけた。)
用例4:I followed the graceful arc of the javelin as it sailed through the air.
(槍投げの槍が飛んでいく優美な弧を目で追った。)
用例5:I was awestruck by the beauty of the graceful swan.
(優美な白鳥の美しさに畏敬の念に打たれた。)

「graceful」は、主に外観に関わる視覚的な印象を表します。

したがって、motion、gestureのような動きやcurve、arcのような形、swanのような姿(立ち居振る舞い)などを表す名詞が多く続きます。

(3)modest

用例1:Abraham Lincoln was a modest man full of greatness.
(エイブラハム・リンカーンは非常に立派で謙虚な男だった。)
用例2:Modest dress is more appropriate for church than shorts and sandals.
(短パンとサンダルよりは地味な服の方が教会にはふさわしい。)
用例3:By all accounts, David Beckham is a modest celebrity.
(誰に聞いても、デビッド・ベッカムは謙虚な有名人だという。)
用例4:My dad was a modest person with a great sense of humor.
(父は素晴らしいユーモアのセンスを持つ謙虚な人だった。)

「modest」は、本来「謙虚な」という意味です。

したがって、人を修飾する場合に使われますが、派生的に「控えめな、目立たない」という意味で人以外にも使うことができます。

point
elegant:雰囲気や印象が上品であることを表す
graceful:視覚でとらえられる動きや形が優美である
modest:控えめであること

⑭湿った

(1)damp

用例1:I used a damp cloth to wipe the sticky stuff off the walls.
(湿らせた布で壁のねばねばをふき取った。)
用例2:I hate trying to dry myself with a damp towel.
(湿ったタオルで体をふくのは嫌だ。)
用例3:I buried my feet in the cold damp sand.
(冷たい湿った砂に足を突っ込んだ。)
用例4:Frankie’s damp hair glistened in the early evening sun.
(フランキーの湿った髪が夕方の日差しに輝いていた。)
用例5:The damp conditions outside are not conducive to playing tennis.
(外のじめじめした天候はテニスをするには向いていない。)

「damp」は、towel、conditionなど、具体的な物や状況を表す名詞と共に用いられる頻度が高く、好ましくない状態を表す場合によく使われます。

(2)moist

用例1:Yamagata Prefecture’s moist soil is perfect for growing fruits and vegetables.
(山形県の湿った土壌が果物や野菜の栽培に最適だ。)
用例2:I missed the moist air of Miami when I was living in the Northeast.
(北東部に住んでいたときマイアミの湿った空気が恋しかった。)
用例3:I stopped hiking and sat down on the moist forest floor.
(歩くのを止めて湿った森の地面に腰を下ろした。)
用例4:The moist condition of the room was a paradise for mold.
(部屋が湿った状態なのはカビには天国だった。)
用例5:She has moist skin due to the copious amounts of lotion she applies.
(彼女は化粧水をたっぷりつけているので肌に潤いがある。)

「moist」は、「水分を十分に含んだ」という意味合いで使います。

soil、air、forest、skin、conditionのように、湿った状態を肯定的にとらえた表現で使われることが多いようです。

(3)humid

用例1:I don’t like Southeast Asia’s humid climate.
(東南アジアのじめじめした気候は嫌だ。)
用例2:I had trouble running for long in the humid air.
(湿度の高い空気の中を長い間走って苦しかった。)
用例3:Many tropical plants require a humid atmosphere.
(多くの熱帯植物は湿った空気を必要とする。)
用例4:Bacterias flourish in humid environments.
(最近は湿気の多い環境でよく繁殖する。)
用例5:The Southwest is the most humid region of the continental United States.
(米国本土の中で南西部が一番湿潤な地方だ。)

「humid」は、気候や自然環境に関わる名詞との使用頻度が高く、「暑くて湿度の高い」という意味です。

したがって、「じめじめした」など不快な湿気のある状態を表す場合に多く用いられます。

point
damp:不快を感じさせる湿り方
moist:良好な湿り方
humid:空気が不快なほど湿り気を含んでいる状態

⑮習慣

(1)custom

用例1:Divination is an ancient custom that originated in the Middle East.
(占いは中東を起源とする大昔からの風習だ。)
用例2:It is local custom here to great someone with a hug and a kiss on the cheek.
(挨拶の時に抱きしめて頬にキスをするのがこの土地の習慣だ。)
用例3:Foot binding is an old custom in China.
(纏足は中国の昔の風習だ。)
用例4:It is a social custom in the US for a man to hold open the door for his date.
(デートのとき男が女のためにドアを開けてあげるのが米国の習慣だ。)
用例5:It is a traditional custom to take your shoes off before entering the house in Japan.
(日本では靴を脱いでから家に上がるのが昔からの習慣だ。)

「custom」は、歴史的、社会的に形成された「(文化としての)習慣」を表します。

ですからancient、local、old、social、traditionalなどのような時間、地域、文化などに関連する形容詞と共に高い頻度で用いられます。

(2)habit

用例1:I know smoking is a bad habit but I just can’t seem to quit.
(喫煙が悪い習慣だとわかっているがとてもやめられそうにない。)
用例2:It is important to get into good dietary habits when you’re young.
(若いときに良い食習慣を身につけることが大切だ。)

用例3:Chewing tobacco is a nasty habit but a lot of the guys on the team seem to like it.
(噛みタバコを噛むのは嫌な習慣だがチームの多くの奴が好きなようだ。)
用例4:Sleeping with my socks on is an old habit which I’ve continued since I was a child.
(靴下を履いて寝るのは子供の頃から続けている私の昔からの習慣です。)
用例5:Larry spent three years researching the sexual habits of elephants.
(ラリーは3年がかりで象の性的な習慣を研究した。)

「habit」は、個人的、個別的な「癖、習慣」を表します。

bad、dietary、nastyのように、良い意味でも悪い意味でも、また人間だけでなく動物の習性などにも使います。

point
custom:社会や集団の習慣
habit:個人が、時に無意識のうちに身につけた癖

⑯重大な

(1)serious

用例1:Maxwell suffered a serious foot injury yesterday.
(マックスウェルは昨日、足に重傷を負った。)
用例2:Tony went to court for charges of serious fraud in seven states.
(トニーは7つの州における重大な不正を裁判所に告訴した。)
用例3:My brother has a serious offense on his record.
(兄には重罪の前科がある。)
用例4:Brian has a serious problem with drinking.
(ブライアンは深刻な飲酒の問題を抱えている。)
用例5:The crime rate for serious crimes by juveniles has steadily increased for the past few years.
(この数年、若者の重犯罪率が伸び続けている。)

「serious」は、「深刻な」という意味で一般的に使います。

非常に悪い状態であることを意味するので、通常はinjury、fraudなど好ましくない状態を表す名詞を修飾します。

(2)grave

用例1:The emergency light in the cockpit alerted us that we were in grave danger.
(操縦席の非常ランプは我々が重大な危機に陥っていることを警告していた。)
用例2:There is grave concern at all levels that the situation in Iraq is getting worse.
(イラクの状況が悪化しているという深刻な懸念があらゆる面で見られる。)
用例3:I have grave doubts about whether Cathy will show up today.
(キャシーが今日現れるかは大いに疑わしい。)
用例4:Tim took a grave risk by swimming without a life jacket.
(ティムは救命胴衣なしで泳ぐという非常に危険なことをしていた。)
用例5:Terrorists pose a grave threat to our sense of security.
(テロリストは我々の安心に重大な脅威を与えている。)

「grave」も、「深刻な」という意味ですが、seriousよりもフォーマルな語です。

結びつく名詞は、(1)danger、risk、threatなどの「事態や状態」、(2)concern、doubtなどの「心配や疑い」を表す2つのグループに分けられ、危険が及んだり、それ以上悪化する恐れがあるというニュアンスを持つことが多いようです。

(3)crucial

用例1:It is of crucial importance that young Americans understand the underlying principles of the US constitution.
(アメリカの若者が米国憲法の基本的な理念を理解することが極めて重要だ。)
用例2:Scottie Pippen played a crucial role in all six of the Chicago Bulls championships.
(スコッティー・ピッペンはシカゴ・ブルズの6回の優勝のすべてで重要な役割を果たした。
用例3:Lack of a solid running game was a crucial factor in the Saints loss to the 49ers.
(手堅いランプレー中心のゲームを欠いたことがセインツがフォーティーナイナーズに負けた重大な要因だ。)
用例4:Health care is a crucial issue in this year’s election debate.
(医療問題が今年の選挙討論の重要な論点だ。)
用例5:A crucial difference between mom and dad is that dad will give you money anytime.
(ママとパパの決定的な違いはパパはいつでもお金をくれるということだ。)

「crucial」は、seriousやgraveと違って否定的なニュアンスはありません。

トップにimportanceがきているように、「極めて重要な」という意味で、後ろにくる名詞が文脈上、その事態を左右するほどの決定的な意味を持つというニュアンスになります。

point
serious:悪い状態が軽微でないことを表す
grave:seriousと同義だが、より状態が悪いニュアンスがある
crucial:極めて重大、または不可欠である

⑰修理する

(1)fix

用例1:I need to fix the wall in my bathroom.
(浴室の壁を修理しなければならない。)
用例2:Benny taught me how to fix a car when I was sixteen.
(ベニーは16歳の私に車の修理の仕方を教えた。)
用例3:Get a maintenance guy to fix this screw.
(整備員にこのねじを直させてくれ。)
用例4:If we don’t fix this problem now, it will only get worse.
(この問題を今解決しなければ、悪くなっていくだけだ。)
用例5:Mark fixed my door for free.
(マークはうちのドアをただで直してくれた。)

「fix」は、「修理する」という意味の最も一般的な語です。

「正常な状態にする」という意味で、problemのように抽象的なものにも使います。

(2)repair

用例1:I don’t think it’s possible to repair the damage that has been done to my car.
(私の車の損傷は修復可能だとは思えない。)
用例2:Tim used to repair cars for a living but now he’s an insurance salesman.
(ティムはかつて自動車を修理して生計を立てていたが、今は保険の勧誘員をやっている。)
用例3:My dad loves to repair his roof.
(父は屋根の修理が大好きだ。)
用例4:Call Maintenance and get somebody down here to repair the leak in the ceiling.
(メンテナンス部に連絡して天井の水漏れを直すようここへ誰かを来させてください。)
用例5:We need to repair this building before it totally falls apart.
(完全に壊れてしまう前にこのビルを修理しなければならない。)

「repair」は、damageがトップにきているように、「(損傷を)修復する」という意味で使います。

目的語には具体的な名詞が多いです。

(3)mend

用例1:That summer I spent a lot of time on the farm mending fences.
(その夏、私は農場の柵の修理に多くの時間を費やした。)
用例2:I’d like it if I could mend ways with my brother but he doesn’t even want to talk.
(弟への接し方をできれば改めたいのだが、彼には話し合う気すらない。)
用例3:I bet we can mend this net with some nylon strings.
(この網はきっとナイロンの糸で修繕できる。)
用例4:My grandmother volunteers her skills to mend clothes.
(祖母はボランティアで洋服の修繕の腕を振るっている。)
用例5:My dad actually enjoys mending roofs.
(父は本当に屋根の修理が好きだ。)

「mend」は、repairと同様の意味ですが、衣服の場合、イギリスでは特に「穴の開いたものを繕う」という意味で使います。

一方、米語用法は、「裂けたものを繕う」の意味になります。

また、誤っているものを「正す、改める」など、抽象的なものにも使います。

ちなみにwaysは複数形で使います。

point
fix:「修理する」の意味の一般的な語
repair:特に専門的な技術を用いて破損や故障を直して再び使えるようにする
mend:repairと同様にものを「修理する」の意味で用いるが、穴の開いたものや裂けたものを修繕する場合が多い

⑱手段

(1)measure

用例1:Management decided that more thorough preventive measures need to be taken to prevent defects.
(経営者側は将来における不具合を防ぐためにより徹底的な予防措置が必要だと判断した。)
用例2:We might have to take some drastic measures to keep this company afloat.
(会社を破綻させないためには思い切った措置をとらねばならないかもしれない。)
用例3:The production team scrambled to find a temporary measure for the defect.
(生産チームはその不具合への一時的措置を見出そうと躍起になっていた。)
用例4:The gubernatorial candidate swore that he would push for tough measures against drug offenders.
(知事候補は麻薬犯罪者に対しては厳しい措置をとっていくことを断言した。)

「measure」は、preventive、drastic、temporaryなどの形容詞と一緒に使われる頻度が高く、「ある問題に対処するための手段」という意味で使われます。

(2)means

用例1:The investigator used unlawful means to get information out of the suspect.
(捜査官は容疑者から情報を得るにあたり不法な手段を用いた。)
用例2:Do the Iraq security forces have the effective means to deal with the insurgents?
(イラクの治安部隊は暴徒に対処するための有効な手段を持っていますか?)
用例3:The only practicable means of getting to the roof is by ladder.
(屋根に登る唯一の実行可能な方法ははしごを使うことだ。)
用例4:Handguns and axes are the only means we have of defending ourselves from an intruder.
(拳銃と斧だけが侵入者から身を守る手段として持っているものだ。)

「means」は、unlawful、effective、practicableなど行為の実行面に関わる形容詞との頻度が高いように、「何かを成し遂げるための方法、手段」という意味です。

(3)way

用例1:The only way to get better is by practice.
(うまくなるには練習あるのみだ。)
用例2:There are several different ways to catch fish.
(魚を捕るにはいくつかの異なった方法がある。)
用例3:Taeko told me I was holding chopsticks the wrong way.
(タエコは私の箸の持ち方は間違っていると言った。)
用例4:One of the most effective ways I know to lose weight is to cut down on carbohydrates.
(私の知る最も効果的な減量の方法のひとつは炭水化物の摂取を減らすことだ。)

「way」は、「方法、やり方」の意味の最も一般的な語です。

形容詞にonly、different、wrong、roundaboutなど、本来の「道」を連想させるようなものが多いのも、頷かせられますね。

point
measure:問題への対策
means:目的達成のための方法
way:「方法」の意味の一般的な語

⑲賞

(1)award

用例1:The Booker prize is Britain’s most prestigious literary award.
(ブッカー賞はイギリスで最も権威ある文学賞だ。)
用例2:My mother’s company has an annual award for employee of the year.
(母の会社には毎年恒例の「その年の従業員賞」というものがある。)
用例3:The Fields Medal is the top award for outstanding achievement in the field of mathematics.
(フィールズ賞は数学の分野で優れた業績に贈られる最高の賞だ。)
用例4:My high school offers an academic award for highest achiever in science.
(私の高校では自然科学で最高の成績を修めた者に優秀賞を授与している。)

「award」は、「名誉」や「権威」の証としての「賞」の意味合いを持ち、それに対して与えられる「賞金」も表します。

(2)prize

用例1:The top prize in today’s game show is a free roundtrip vacation to Hawaii for two.
(本日のゲーム番組のトップ賞はハワイ旅行に2名を無料ご招待です。)
用例2:The Stanley Cup winners held the glittering prize above their heads for all in the stadium to see.
(スタンレーカップの優勝メンバーがスタジアム中に見えるように光り輝く商品を頭上に掲げた。)
用例3:The big prize in this year’s competition is a big screen television.
(今年の大会の目玉商品は大画面テレビです。)
用例4:The ultimate prize in this year’s competition is a brand new sports car!
(今年の大会の最高の商品は新型のスポーツカーだ。)
用例5:This rich prize is worth more than its weight in gold.
(この豪華な賞品は非常に値打ちがある。)

「prize」は、競技などに勝った者に与えられる個別の具体的な「賞与、賞金、賞品」の意味を強く持ちます。

したがって、修飾する形容詞はglittering(光り輝く)やtop、big、ultimate(最高の)、rich(豪華な)のように、具体的なものや賞金金額を表すものの頻度が高くなります。

(3)reward

用例1:The government is offering financial reward for any information that leads to the capture of the wanted criminals.
(政府は指名手配者の逮捕につながる情報に懸賞金をかけている。)
用例2:I figured that 500 dollars would be a just reward for finding our dog.
(犬を見つけてくれた人に500ドル出しても当然だろうと思った。)
用例3:The tangible rewards of raising children can be felt every day.
(子供は育て甲斐があることが毎日目に見えて感じられる。)
用例4:The US and Iraqi governments are offering unequal rewards for any information that leads to the arrest of enemy insurgents.
(米国およびイラク政府は反乱者の逮捕につながる情報にそれぞれ違った懸賞金をかけている。)
用例5:The company is offering a rich reward to anyone who develops an effective quality initiative.
(その会社は誰でも有効な提案をすれば高い報酬を与えている。)

「reward」は、何か人の利益になることをやった人への「返報、報酬」の意味で、financialがトップにきているように、金銭を表すことが多いようです。

point
award:選考の結果、名誉や権威の証として与えられる賞
prize:競争の結果獲得する賞
reward:善幸・仕事などに対する報い

⑳障害

(1)barrier

用例1:I’m thinking about putting up a physical barrier between my neighbor’s property and time.
(隣家の敷地との間に柵を設けることを考えている。)
用例2:Henry has had a psychological barrier to public speaking ever since that horrible speech last year.
(ヘンリーは去年のひどいスピーチ以来、人前で話すことに心理的な壁を感じている。)
用例3:There are cultural barriers to development that hinder economic growth in some countries.
(一部の国では発展を阻害する文化的な障壁があり、経済成長を遅らせている。)
用例4:Technical barriers remain in creating human-like androids.
(人間に似たアンドロイドを作るには技術的な壁がある。)
用例5:We are connected despite the artificial barriers we construct.
(我々は人為的な壁を作っているが、それでもみんながつながっている。)

「barrier」は、2つの領域を隔てる「境界、壁」を意味します。

したがって、physical(物による)、psychological(心理的な)、cultural(文化的な)、technical(技術的な)のような形容詞と共に用いられて、行動や侵入を妨げる「障壁」の意味になります。

(2)obstacle

用例1:Religious fanaticism is a major obstacle to peace in the Middle East.
(宗教的狂信が中東和平の大きな障害だ。)
用例2:Tony overcame some formidable obstacles in the last year of his life.
(トニーは人生の最後の年に大きな壁を乗り越えた。)
用例3:We’ll face some insuperable obstacles in the months ahead.
(数か月先に乗り越えがたい壁にぶつかるだろう。)
用例4:There are no legal obstacles to your participation in this week’s event.
(あなたが今週の催しに参加するのに法的な障害はない。)

「obstacle」は、進路を塞ぐ「障害物」を表します。

したがって、目標への到達や目的の達成を妨げる「障害」の意味で使います。

修飾する形容詞にはmajor、formidable(大きな)、insuperable(乗り越えがたい)のように障害物の大きさを連想させるものや、legal(法的な)、bureaucratic(官僚的な)のように障害の種類に言及するものが多くなります。

(3)difficulty

用例1:I’m experiencing financial difficulty and need to borrow money from you.
(財政的に苦しいのでぜひともお金を借りたいのです。)
用例2:Ian had some practical difficulties with his car this morning.
(イアンは今朝、車に実際上の問題がいくつか起こってしまった。)
用例3:Amy experienced severe difficulty making it up the mountain.
(エイミーは山を登るのにひどく苦労した。)
用例4:We had considerable difficulty finding some of the houses on the list.
(リストでそれらの家を見つけるのにかなり苦労した。)

「difficulty」は、difficultの名詞形ですから「難しさ、困難」の意味です。

また、具体的な「行動や理解を困難にする問題」という意味もあり、financial(財政的な)、practical(実際上の)など、「問題」の種類を表す形容詞や、severe(厳しい)、considerable(かなり)、insuperable(乗り越えがたい)など、「困難」の程度を表す形容詞との結びつきが多くなります。

point
barrier:間を隔てる障壁
obstacle:進行を妨げるもの
difficulty:困難、難しさ

㉑証拠

(1)evidence

用例1:Circumstantial evidence points to Daniel’s brother as the prime murder suspect.
(状況証拠から見ればダニエルの兄が殺人の第一容疑者だ。)
用例2:There is empirical evidence children exposed to classical music while still in the womb are smarter.
(子宮にいるときにクラシック音楽を聞かせた子供の方が賢くなるという実証的な証拠がある。)
用例3:There is no conclusive evidence that Mr. Whittenburg was involved in this murder.
(ウィッテンバーグ氏がこの殺人に関与したという確証はない。)
用例4:There is ample evidence to indict Mr. Crowley in this case.
(この事件でクローリー氏を起訴するに十分な証拠がある。)
用例5:Scientific evidence shows that man-made pollution has contributed to glabal warming.
(科学的な証拠が、人間の引き起こした汚染が地球温暖化の原因となっていることを示している。)

「evidence」は、「事柄の真実を明らか(evident)にするもの」から「証拠」の意味になります。

circumstantial evidenceは「状況から明らか」、empirical evidenceは「経緯から明らか」という意味合いになります。

また、裁判などで立証の手段として用いる「証拠」「法的根拠」の意味でも使います。

(2)proof

用例1:As of yet, there is no conclusive proof that prayer can heal sickness.
(今のところその祈祷師が病気を治すという確証はない。)
用例2:There is ample proof that cigarettes are bad for your health.
(タバコが健康に悪いという十分な証拠がある。)
用例3:As of yet, there is no tangible proof of God’s existence.
(今のところ、神が存在するという鋭角な証拠はない。)
用例4:The final proof in the case was a bloody glove.
(その事件の決定的な証拠は血痕のついた手袋だった。)
用例5:There is no positive proof that life exists on Mars.
(火星に生命が存在するという確証はない。)

「proof」は、「事柄の事実を証明する(prove)もの」から「証明、証拠」の意味になります。

したがって、conclusiveやfinal(決定的な)が上位にきているように、真実を立証するための根拠になるevidenceやtestimonyよりも強いニュアンスを持ちます。

(3)testimony

用例1:The young witness gave an eloquent testimony in front of a packed courthouse.
(満員の法廷で年若い証人が説得力のある証言をした。)
用例2:Mr.Jacob’s oral testimony lasted twenty minutes.
(ジェイコブズ氏の口頭での証言は20分続いた。)
用例3:The witness’ sworn testimony was recorded by the court.
(その証人の宣誓供述は裁判所によって記録された。)
用例4:Mr. Hampton is being indicted on charges of giving false testimony in court.
(ハンプトン氏は法廷で偽証したとして起訴されている。)
用例5:The witness was asked to return to her seat after giving ample testimony.
(その証人は十分に証言した後、席に戻るように言われた。)

「testimony」はeloquent(説得力のある)、oral(口頭の)、sworn(宣誓した)などの形容詞が示すように言葉による「証言」という意味です。

特に法廷などで行われる、目撃証人による口頭でのevidenceという意味合いになります。

point
evidence:ある事柄が真実か虚偽かを明らかにするための情報
proof:疑問の余地のない決定的な証拠
testimony:証言

㉒状態

(1)state

用例1:What was the mental state of the defendant when he murdered Linda that evening?
(あの晩リンダを殺害したときの被告の精神状態はどうだったのか?)
用例2:I was in a steady state of unemployment when I met my wife.
(ずっと失業が続いているときに妻に出会った。)
用例3:I don‘t think Steve should be driving home in his current state.
(スティーブは今の状態で車で家に帰るべきではないよ。)
用例4:H2O is called ice in its solid state.
(水は固体の状態では氷と呼ばれる。)
用例5:I was in such a messed up emotional state when you called last night.
(昨夜電話をくれたときはひどく混乱した精神状態だった。)

「state」は、人や物事の精神的・感情的(mental、emotional)、肉体的あるいは物理的(solid)な一時的(steady、current)「状態」を表します。

(2)condition

用例1:My 1957 Chevy is still in excellent condition.
(私の1957年製のシボレーはまだ快調です。)
用例2:Climatic conditions vary widely in this region.
(この地域の気象状況は多様だ。)
用例3:My old lawnmower is still in poor condition.
(古い芝刈り機は相変わらず調子が悪い。)
用例4:My dad is in great physical condition for someone his age.
(父さんは年の割にすごく健康状態がよい。)
用例5:The economic condition of this country is strong and getting stronger.
(この国の経済状態は安定しており、さらに力強さを増している。)

「condition」は、用例にあるexcellent、poor、physical、economicなどからわかるように、「良い/悪い」という評価の対象になる、ある特定の「状態」を表します。

(3)situation

用例1:Mark found himself in a stressful situation when he couldn’t find his airplane ticket.
(マークは航空券が手に入らなくてストレスがたまった。)
用例2:The current situation doesn’t look to good for the Democrats.
(民主党にとって現状はあまりよくないようだ。)
用例3:A good way to get better at speaking a foreign language is to put yourself in real-life situations where you have to speak it.
(外国語をうまく話せるようになるには、実生活を話さざるを得ないような状況にするのが早道だ。)
用例4:The economic situation in Argentina has led to social unrest.
(アルゼンチンの経済状態が社会不安を引き起こしている。)
用例5:Kathy was put in a difficult situation when you asked her to the dance.
(キャシーは君にダンスパーティーに誘われて、困った状況に陥った。)

「situation」は、ある特定のときや場所における「状況」全体を意味します。

例えば、最初の用例のa stressful situationは、その場の状況全体がストレスを与えるようなものであることを意味し、3番目の用例のreal-life situationsは、その場の状況全体が架空ではない現実のものであることを表しています。

point
status:一時的な状態を表す一般的な語
condition:「良い、悪い」などの評価の対象になる、ある特定の状態
situation:特定の時や場所における「状況」

㉓職業

(1)job

用例1:The manufacturing sector has lost 30,000 jobs in the last year.
(昨年、製造業では3万人が職を失った。)
用例2:Tax incentives for new business will create more jobs.
(新たな事業への税制優遇処置は、より多くの雇用を創出するだろう。)
用例3:Tom should get a job in sales.
(トムはセールスの仕事に就くべきだ。)
用例4:We’d like to offer you a job but there are no positions currently available.
(仕事を提供はしたいのですが、今はポストに空きがありません。)

「job」は、「仕事」を意味する最も一般的な語で、特に誰かに雇われてする仕事、というイメージを強く持ちます。

lose、get、offer、quitといった「仕事に就く、やめる」という意味の日常語とよく結びつきます。

(2)occupation

用例1:My dad entered his occupation straight out of high school.
(父は高校を卒業するとすぐに職に就いた。)
用例2:I’d like to practice an occupation that is lucrative.
(お金が稼げる仕事に就きたい。)
用例3:I joined this occupation out of pressure from my parents.
(親からのプレッシャーで、この職に就いた。)
用例4:We should choose an occupation that matches our set of skills.
(技能に見合った職を選ぶべきだ。)

「occupation」は、日本語の「職業」という感じで、正式な書類などに書く際によく用います。

enter、practiceなどのやや堅い動詞と一緒に用いられます。

(3)vocation

用例1:Isabelle thought she had missed the vocation.
(イザベルは職業を誤ったと思った。)
用例2:It takes some people years to find their true vocation.
(天職を見つけるのに何年もかかる人もいる。)
用例3:Part of a teachers responsibility is to foster a vocation in students.
(生徒の適性を伸ばしてやるのは、教師の責任の一部だ。)
用例4:Elise is set on pursuing a vocation in medicine.
(エリーズは医者になろうと決心している。)

「vocation」は、ラテン語の「神のお召し」という意味からきているように、職業としては「天職」のイメージが強くなります。

人のためになるような献身的な職業またはその職業に対する適性のようなものまで指します。

したがって、動詞もfoster(職業への適性を育む)とか、miss、findのように「天職」を見つけられるかどうかといった意味合いの動詞がきます。

(4)career

用例1:Alison is pursuing a career in law.
(アリソンは法律家として働いている。)
用例2:Shirley Temple began her singing and acting career at age four.
(シャーリー・テンプルは歌手と俳優としてのキャリアを4歳でスタートした。)
用例3:My dad, a retired teacher, is considering resuming his career.
(父は教師を引退したが、また始めようかと考えている。)

「career」は、「きちんと訓練されて長期間行う仕事」というイメージです。

動詞としてはpursue(追い求める)以外に、resume(再開する)、end、continueといった他の語と少し異なるやや堅めの語が一緒に使われます。

point
job:「仕事」を意味する最も一般的な語
occupation:職業
vocation:天職
career:訓練を積んで長期間行う仕事

㉔知る

(1)know

用例1:I know the answer to this question!
(この問題の答えは知っている。)
用例2:I don’t know her name.
(彼女の名前は知らない。)
用例3:Excuse me, do you know the whereabouts of the closest park ranger’s office?
(すみません。一番近い公園監視員の事務所はどのあたりですか?)
用例4:I just need to know the truth about what happened last night.
(昨夜の出来事の真相を知らなければならない。)

「know」は、「知っている」という状態を表す最も一般的な語です。

目的語にはnameのような単なる名称から、answer、whereabouts(人の「居場所」の意味もあります)、truthなどの情報、peopleのようにその人の背後関係に至るまで、事実を「知っている」という意味で広く使います。

(2)learn

用例1:Mitch has no problem learning foreign languages.
(ミッチは苦もなく外国語を覚える。)
用例2:School is not the only place you can learn skills when you are young.
(学校が若い頃に技術を身につけられる唯一の場所だというわけではない。)
用例3:Serious magicians have to learn several different tricks before they can go on stage.
(本格的なマジシャンはステージに上がるにはいくつかの違った手品ができなければならない。)
用例4:I learned a few secrets from Governor Hackett when I was working for him.
(ハケット知事のところで働いていたときに彼からいくつか秘密を聞いた。)

「learn」は、知識や技術(language、skill、trick)を「習得する」、情報(secret、truth)を他人から「聞き知る」の意味で使います。

(3)realize

用例1:A good education helped me realize my potential.
(よい教育が自分の可能性を知る手助けとなった。)
用例2:I did not realize the extent to which I hurt her feeling’s when I criticized her work.
(私が彼女の作品をけなした時にどれほど彼女の感情を害したかはわからなかった。)
用例3:I didn’t realize my mistake until it was too late.
(手遅れになるまで自分の間違いに気付かなかった。)
用例4:Leslie realized the truth about her adoption when she was seven.
(レスリーは自分が養子であるという真実を7歳の時に知った。)

「realize」は、それまで知らなかったこと(extent、potential、mistake、truth)について「知るようになる」という意味です。

(4)understand

用例1:I honestly did not understand the meaning of her poem.
(正直、彼女の詩の意味はわからなかった。)
用例2:Human beings will never truly understand the mysterious nature of love.
(人類は愛情の神秘的な本質を、真に理解することは決してないだろう。)
用例3:As a teenager I did not understand the significance of eating a healthy diet.
(ティーンエイジャーの頃は健康的な食事の大切さはわからなかった。)

「understand」は、言葉の意味(meaning、word)を「理解する」という意味と、事象や重要性について「なぜ、どのように」そうであるのかを「知る」という意味です。

point
know:「知っている」という意味の最も一般的な語
learn:習得する、聞き知る
realize:重要性などを認識する、気付く
understand:意味や理由を理解する

㉕信仰

(1)belief

用例1:Religious beliefs vary widely even within the same country.
(宗教的信仰は同じ国の中でさえ多様である。)
用例2:People used to have the mistaken belief that the earth was flat.
(かつて人々は地球は平らだという間違った考えを持っていた。)
用例3:You still haven’t convinced me that your belief in God is a justified belief.
(君が神の存在を信じているということが正当性のある信念だとはまだ納得がいかない。)
用例4:There is a widespread belief in the second coming of Christ among evangelical Christians.
(福音主義キリスト教徒の間ではキリストの再臨は広く信じられている。)
用例5:It is a fundamental Christian belief that Jesus is the son of God.
(キリストを神の子とするのは根本主義のキリスト教の信条の1つだ。)

「belief」は、「信念」という意味では最も一般的な語です。

religious、mistaken、widespread、justifiedに見られるように、事実であるかどうかに関わらず、それが正しいこと、真実であることを信じている(believe)ということや、Christian(キリスト教の)のように、ある一連の思想や考え方を形成している「信念」を意味します。

(2)faith

用例1:Raymond’s Christian faith is unwavering.
(レイモンドのキリスト教信仰はゆるぎないものだ。)
用例2:I made a good faith effort to get him to talk but he just wouldn’t.
(彼に話をしてもらおうと誠意を持って努力したが、彼は頑として聞き入れなかった。)
用例3:My friend Jeff has a deep religious faith.
(友人のジェフは信仰が深い。)
用例4:I don’t want to accept this position in bad faith.
(不誠実にこの職を手に入れたいとは思わない。)
用例5:Why do so many people have such blind faith in God?
(どうしてこれほど多くの人が神への盲目的な信仰を持つのだろうか?)

「faith」は、本来「神への信仰、宗教」の意味です(Christian、religious、blind)。

そこから、神に対するような絶対的な信頼や確信に基づいた態度を表す「誠実」の意味でも使います(用例2,4)。

(3)religion

用例1:Judaism, Christianity, and Islam are all monotheistic religions.
(ユダヤ教、キリスト教、イスラム教はすべて一神教だ。)
用例2:Some people prefer individual spiritual paths over organized religion.
(組織化された宗教よりも個人的な信仰の道を選ぶ人もいる。)
用例3:The popularity of the Christian religion is growing in Asia.
(アジアにおいてキリスト教の人気が高まっている。)
用例4:Members of non-Christian religions vastly outnumber members of Christian religions in Japan.
(日本では非キリスト教徒の方がキリスト教徒よりもはるかに多い。)
用例5:Eastern religion is popular in California.
(東洋の宗教はカリフォルニアで人気がある。)

「religion」は、ある1つの「一連の信仰、宗教」全体を意味する最も一般的な語です。

point
belief:「信念」という意味の一般的な語
faith:特定の「神、宗教」を強く信じること
religion:宗教

㉖信頼

(1)trust

用例1:The mutual trust between Layla and I has been lost.
(レイラと私の間の相互の信頼は失われた。)
用例2:There is a sacred trust between mother and child.
(母親と子供との間には神聖な信頼がある。)
用例3:I have complete trust in my wife.
(妻を完全に信頼している。)
用例4:Your career as a politician is over if you lose the public trust.
(国民の信頼を失えば、あなたの政治生命はおしまいだ。)
用例5:Sergeant Cropper has the absolute trust of his men.
(クロッパー軍曹は部下の絶対的信頼を得ている。)

「trust」は、相手の誠意や誠実さを信じている(trust)こと、すなわち相手に対する「信頼、信用」という意味で使います。

sacred trust(神聖な信頼)、complete trust(完全な信頼)の例に見られるように、絶対的な無条件の信頼というニュアンスがあります。

(2)reliance

用例1:Heavy reliance on amphetamine is prevalent among truckers.
(アンフェタミンへの強い依存はトラック運転手の間ではよくみられる。)
用例2:Lately there has been an increasing reliance on foreign steel at US manufacturing plants.
(最近米国の製造工場では外国からの鋼鉄への依存が高まっている。)
用例3:There’s an excessive reliance on the use of force by this administration.
(この政府は武力に過剰に依存している。)
用例4:My mother’s great reliance on her caretaker Karen certainly wears her out.
(母が大いに頼っているので、介護人のカレンは本当に疲れ果てている。)
用例5:Exclusive reliance on steroids for building muscles is not healthy.
(筋肉増強をステロイドだけに頼るのは健康的ではない。)

「reliance」は、「依存」の意味で、何かに頼っている(rely on…)状態を表します。

したがって、修飾する形容詞はheavy、increasing、excessive、great、exclusiveなど、依存の程度を表すものが上位にきています。

(3)confidence

用例1:The Senator vowed to win back the public confidence after the scandal broke.
(スキャンダルが発覚し、その上院議員は国民の信頼を取り戻すことを誓った。)
用例2:I have complete confidence in Fernando’s ability to get the job done.
(フェルナンドの仕事を成し遂げる能力には全幅の信頼を置いている。)
用例3:I have great confidence in Nancy’s ability.
(ナンシーの能力には大きな信頼を置いている。)
用例4:Howard and I are good partners because we have each other’s mutual confidence.
(相互に信頼しているので、ハワードと私はよいパートナーだ。)
用例5:We have full confidence in your ability to gather information.
(あなたの情報収集能力には全幅の信頼を置いている。)

「confidence」は、本来「自信」の意味です。

そこから、こちらの期待や予想を裏切らないという自信や確信を前提とした、確たる根拠に基づく「信頼」を表します。

point
trust:直感的で絶対的な信頼
reliance:依存
confidence:理由・証拠など根拠に基づく信頼

㉗救う

(1)save

用例1:More affordable medicine in the third world would save millions of lives.
(第三世界に最も手頃な価格の薬があれば何百万人もの命が救えるだろう。)
用例2:There are many simple things we can do to save the planet: buy less, drive less and recycle more.
(地球を救うためにできる簡単なことはいくつもある。例えば買うものを減らし、車の運転を減らし、再利用を増やすなどだ。)
用例3:The knight could not save the queen from the clutches of the fire-breathing dragon.
(騎士は女王を火を吐く竜の手から救うことができなかった。)
用例4:Firefighters rushed in the burning apartments to save children trapped on the third floor.
(消防士たちは3階に閉じ込められている子供たちを救うために燃えているマンションに突入した。)
用例5:My primary goal as a missionary is to save as many souls as I can.
(私の宣教師としての第一の目的はできるだけ多くの魂を救うことだ。)

「save」は、「救う」の最も一般的な語です。

life、planet、childrenのような具体的な命や存続の危険から救う場合はもちろん、精神(soul)を悪い状況から開放するという心理的な救済まで幅広く使われます。

(2)rescue

用例1:The special forces team rescued three hostages but failed to rescue a fourth.
(特別部隊のチームは3人の人質を救出したが、4人目は助けられなかった。)
用例2:My plan calls for rescuing the economy by offering tax relief to middle-class Americans.
(私の計画ではアメリカの中産階級の税負担の軽減によって経済を救済することが必要となっている。)
用例3:Which candidates can rescue the country from the threat of terrorism?
(どの候補者が国をテロの脅威から救うことができるだろうか?)
用例4:We run the risk of getting shot if we try to rescue the prisoners from jail.
(刑務所から囚人を救い出そうとすれば銃撃される危険を冒すことになる。)
用例5:The search party managed to rescue the child from the rubble.
(捜索隊はなんとか子供を瓦礫の中から救出した。)

「rescue」は、特に差し迫った危険や悪いことから「救助する、救い出す」という意味で使います。

したがって、目的語の人や物が、現在危険な状況に置かれてることを暗示します。

(3)relieve

用例1:Applying a hot compress to your face helps relieve pressure in your sinuses.
(顔に温湿布を貼ると副鼻腔内の圧迫を緩和することができる。)
用例2:This ointment helps relieve muscle pain.
(この軟膏は筋肉痛を和らげる。)
用例3:Some kids turn to drugs to relieve boredom.
(退屈を紛らわすために麻薬に頼る子供もいる。)
用例4:How can our society relieve the burden on young parents who work.
(我々の社会は働く若い親の負担をどのように軽減できるだろうか?)
用例5:How can we relieve poverty in our community?
(どのように我々の地域社会の貧困を緩和することができるだろうか?)

「relieve」は、何かを「開放する、解き放つ」ことを表し、痛みや悩み、心配、問題などを「和らげる」という意味で使います。

point
save:「救う」の意味の最も一般的な語
rescue:危険や不快な状況から救出する
relieve:苦痛や困難を軽減する

㉘少ない

(1)few

用例1:I turned 30 a few weeks ago.
(数週間前に30歳になった。)
用例2:Just give me a few moments to relax before I go on stage.
(ステージに立つ前にちょっとの間だけリラックスさせてくれ。)
用例3:Let me just have a few minutes to myself.
(数分時間をください。)
用例4:I haven’t had a drink in a few days.
(2、3日酒を飲んでいない。)
用例5:Just give me a few seconds to find my wallet and keys.
(財布と鍵を探すのに数秒ください。)

(2)little

用例1:I like a little bit of garlic in my ramen.
(ラーメンにはちょっとニンニクが入っているのがいい。)
用例2:With a three games to zero lead, there is little doubt that the Yankees will win the series.
(3勝0敗でリードしているので、ヤンキースがシリーズで勝利を収めることにほとんど疑いがない。)
用例3:It’s been a little while since I’ve seen John.
(少し前にジョンに会った。)
用例4:There is little hope for rescuing the coal miners now.
(今となっては炭鉱夫たちの救出の望みはほとんどない。)
用例5:In the end, there was little evidence that Iraq posed an imminent threat to the security of the United States.
(結局、イラクがアメリカの安全に差し迫った脅威を与えたという証拠はほとんどなかった。)

「few」は、可算名詞の複数形と共に使い、その「数が少ない」ことを表し、「little」は、不可算名詞と共に使い、その「量が少ない」ことを表します。

a few…、a little…のように前にaがつくと、肯定的に「少しの…」の意味で、「ある」ことに重点が置かれているのに対して、aがつかないfew…、little…では、否定的に「ほとんど…ない」の意味で、「ない」ことに意味の重点が置かれます。

(3)scarce

用例1:It is impossible to satisfy unlimited wants with scarce resources.
(乏しい資源で限りのない欲求を満たすことはできない。)
用例2:Should water be considered a free good or a scarce commodity that comes at a price?
(水は無料のものなのか、それとも高い金を払って手に入れる不足している商品と考えるべきなのだろうか?)
用例3:Computers and TVs are scarce goods in this poverty stricken part of the world.
(世界のこの貧困に悩む地域ではコンピュータやテレビは希少な商品だ。)
用例4:Rubber is scarce material in this part of the world.
(ゴムは世界のこの地域では希少な物質だ。)
用例5:Scarce labor in the countryside has forced many businesses to shut down.
(地方の労働力不足により、多くの会社が閉鎖を余儀なくされてきた。)

「scarce」は、有用なものや必要なものが減少したこと、少ない状態にあることを表し、なおかつ、その需要がまだあることを示唆します。

このことから、以前は豊富にあったものが、現在は少なくなってしまったというニュアンスを持ちます。

point
few:数が少ない
little:量が少ない
scarce:減少して乏しい

㉙優れた

(1)excellent

用例1:My 1997 Toyota Camry is still in excellent condition.
(私の1997年型のトヨタカムリはまだ調子がすこぶるよい。)
用例2:Compared to a lot of public universities, this private university has excellent facilities.
(多くの公立大学と比べると、この私立大学の設備は素晴らしい。)
用例3:Happy Meals are an excellent value for kids.
((マクドナルドなどのおまけつき)ハッピーセットは子供にとっては非常にお得だ。)
用例4:Ichiro provides an excellent example for young kids.
(イチローは少年たちに素晴らしい手本を示している。)
用例5:Living in a foreign country is an excellent opportunity to try new things.
(外国で生活することは新しいことを試してみる素晴らしい機会だ。)

「excellent」は、その性質が極めて「良い、優れている」ことを表します。

具体的な物の作りや出来のよさ(facilities)から、抽象的な状態や質の高さ(condition、value、example、opportunity)に至るまで、様々なものに対して使います。

(2)exquisite

用例1:My wife has exquisite tastes in wine.
(妻はワインについて素晴らしいセンスを持っている。)
用例2:Notice the exquisite beauty of this sculpture.
(この彫刻のえもいわれぬ美しさに注目してください。)
用例3:Caviar is an exquisite delicacy enjoyed by people all over the world.
(キャビアは世界中の人が味わう極上の美味だ。)
用例4:Nothing beats the exquisite sensation of a first kiss.
(初めてのキスの素晴らしい感覚に勝るものはない。)
用例5:My grandmother has an exquisite collection of antiques from England.
(祖母は英国のアンティークの素晴らしいコレクションを持っている。)

「exquisite」は、その技術の高さや出来ばえが優れていることを表します。

exquisite beauty (delicacy)などは、非常に高い技術で作られた結果の見事な出来ばえを表しています。

また、「鋭い」の意味があり、感覚などが鋭敏なこと、激しいことなどを表します。

exquisite tastes (collection)などは、その対象に対して鋭敏で洗練された感覚や見極める眼を持っていることを意味しています。

(3)fine

用例1:I’m more interested in plebeian pursuits than fine arts.
(芸術よりも俗な仕事の方に興味がある。)
用例2:My Volvo needs a little fine tuning before I can take it on a road trip.
(ドライブする前に私のボルボは少し微調整が必要だ。)
用例3:I have a lot of fine china but I never use it.
(素晴らしい磁器をたくさん持っているが、使ったことは一度もない。)
用例4:My uncle likes to show off his fine collection of samurai swords.
(叔父は日本刀の素晴らしいコレクションを見せびらかすのが好きだ。)
用例5:Mr. Rogers sets a fine example for how to be a sensitive man.
(ロジャース氏はどのように感性の鋭い人になるのかの見事な例となっている。)

「fine」は、それが非常に優れていることにより高い価値を持つもの(arts、collection)に使います。

また、「細い、細かい、薄い」などの意味を持ち、そこから「細やかな、鋭い、微妙な、繊細な」などの意味で使います。

point
excellent:性質が極めて優れている
exquisite:精巧さや仕上がりが優れている
fine:賞賛に値する価値を持つ

㉚捨てる

(1)abandon

用例1:Karen and I abandoned our plans to buy a new home after the stock market crash.
(株式市場が暴落してカレンと私は新しい家を買うという計画を捨てた。)
用例2:I abandoned the idea of going back to school when I found out how much tuition was.
(授業料がいくらかを知って、学校へ戻る考えを捨てた。)
用例3:We abandoned attempts to hitch-hike after one hundred cars in a row passed us by.
(百代続けて無視されて、ヒッチハイクをしようとする気はなくなった。)
用例4:Despite spending decades in prison, Nelson Mandela never abandoned hope that he would be free one day.
(何十年も刑務所で過ごしていたにもかかわらず、ネルソン・マンデラはいつの日か自由になるという望みを決して捨てなかった。)
用例5:The captain called for all crew to abandon ship.
(船長はすべての乗組員に船を捨てるよう命じた。)

「abandon」は、本来留まることができなくなった場所(ship)などから離れることを意味します。

そこから、考えや態度など(plans、idea、attempts、hope)を「放棄する」の意味で使います。

(2)dump

用例1:Corporations face steep fines for illegally dumping waste in rivers.
(企業は川に廃棄物を不法投棄するととんでもない罰金が科せられる。)
用例2:Angela dumped a bag of coke in the toilet while the cops knocked on the door.
(アンジェラは警官がドアをノックしている間にコカインの袋をトイレに捨てた。)
用例3:The cops will fine you if they catch you dumping rubbish out the window.
(窓からごみを捨てるのを警官に見つかると罰金を科せられるだろう。)
用例4:Where can we dump asbestos so that it doesn’t harm the environment?
(環境に害を与えずにアスベストを捨てられるのはどこですか?)
用例5:Louis was supposed to dump the body in the river but instead he kept it in his trunk.
(ルイスは死体を川に捨てることになっていたが、車のトランクに入れたままにしておいた。)

「dump」は、危険なものや不要になったものを「捨てる」という意味です。

特に好ましくない場所に「不当に捨てる」というニュアンスがあります。

そのため目的語には、waste(廃棄物)、bag of cock(コカインの袋)、rubbish(ごみ)、asbestos(アスベスト)、body(死体)など捨てると危険なものや好ましくないものがきています。

(3)throw away

用例1:The Yankees threw away the lead in the bottom of the ninth.
(ヤンキースは9回の裏にリードを失った。)
用例2:Don’t throw away a chance to be in a commercial just because you don’t believe in the product.
(その製品のことをよいとは思っていないというだけでコマーシャルに出るチャンスを捨ててはならない。)
用例3:They should lock that bastard up and throw away the key!
(あのろくでなしを牢に閉じ込めてカギを捨ててしまえ。)
用例4:I forgot to throw away rubbish this morning.
(今朝ごみを出すのを忘れた。)
用例5:Every heroin addict is throwing away their life.
(ヘロイン中毒者は皆人生を捨てているのだ。)

「throw away」は、文字通り「投げ捨てる」という意味ですが、チャンスなど(lead、chance、life)を十分に活用せず、みすみす「逃す」の意味でよく使われます。

point
abandon:放棄する
dump:不要なものを捨てる
throw away:投げ捨てる

㉛鋭い

(1)acute

用例1:Ramen, coffee and beer consumed in a short period of time is a recipe for acute diarrhea.
(短時間でラーメン、コーヒー、ビールを摂取すると急性の下痢を招く。)
用例2:There were acute food shortages during the war.
(戦時中は深刻な食糧不足だった。)
用例3:I feel acute pain in my back when I bend over.
(かがむと背中に激しい痛みを感じる。)
用例4:I had an acute allergy attack while cleaning my apartment.
(アパートを掃除している間、急性のアレルギー発作に襲われた。)
用例5:I’m concerned about an increasing of acute problem during operations.
(軍事作戦の間の重大な問題の増加を懸念している。)

「acute」は、針のように先が鋭いことを表し、比喩的な意味でも刺し貫くというイメージがあります。

acute pain(刺すように鋭い痛み)やacute attack(急性の(刺すように突然襲ってくる)発作)がその例です。

また、その鋭さから、acute problem(重大な問題)のように事態の重大性を表す意味にもなります。

(2)keen

用例1:I have had a keen interest in world affairs since I was a young kid.
(少年の頃から世界情勢には強い関心があった。)
用例2:John Kerry portrayed himself as a keen sportsman during the campaign.
(ション・ケリーは選挙運動中はスポーツに熱心な男を演じた。)
用例3:Dogs have a keen sense of smell.
(犬は嗅覚が鋭い。)
用例4:My aunt Thelma has a keen eye for interior decorating.
(叔母のテルマは室内装飾を見る目が鋭い。)
用例5:Taking a ski vacation this year sounds like a keen idea to me.
(今年、スキー休暇をとるというのは私には素敵な考えに思えた。)

「keen」は精神的なものに対して使う場合が多く、その鋭敏さ明敏さ、熱意などを強調します。

文語では刃物が「鋭い」の意味で使われることがあります。

(3)sharp

用例1:I need a long sharp knife for deboning the fish.
(魚の骨を取り除くのに長く鋭いナイフが要る。)
用例2:The two candidates provide a sharp contrast in campaigning styles.
(2人の候補の選挙運動のスタイルは著しい対照を見せている。)
用例3:Add some more coke to take the sharp edge off the rum.
(ラムのピリッとした感じを和らげるようコーラをもう少し足してください。)
用例4:A sharp fall in real estate prices led to the current economic recession.
(不動産価格の急落が現在の経済不況につながった。)
用例5:Put the mask over your nose and mouth and take a quick sharp breath.
(そのマスクを鼻と口にかぶせて速く大きく呼吸してください。)

「sharp」は、knifeの刃のように縁が鋭利なことを表します。

比喩的な意味でも、contrast、edge、fall、breathとの結びつきが示すように、隣接するものとの違いや境界が明確であることを強調し、刃物で切ったように際立って違うというニュアンスを持っています。

sharp edgeは、文字通りには「鋭い縁」の意味ですが、切るような刺激のある味(ピリッとした味)の意味でも使われます。

point
acute:先端が尖っている
keen:鋭敏である
sharp:刃が鋭利である

㉜性格

(1)character

用例1:Wines from the Bordeaux region of France possess a distinctive character.
(フランスのボルドー産のワインには特有の個性がある。)
用例2:That tie definitely adds special character to your outfit.
(そのネクタイがあなたの装いに特徴を添えてくれることは間違いありません。)
用例3:Conan O’Brien is one of the most colorful characters on late night TV.
(コナン・オブライエンは深夜テレビでもっとも面白い出演者の一人だ。)
用例4:We are looking for someone with strong character and vision to serve as our next company president.
(我々は次の社長に強い個性と展望を持った人物を求めている。)
用例5:This bar is full of shady characters.
(このバーにはうさんくさい人間がたくさんいる。)

「character」は、その人や物の「個性」という意味で、他と区別する特徴の総体を表します。

ですから、修飾する形容詞は、distinctive(他とは違う)、special、colorful、strongなど、他との違いを強調するものが多くなります。

また、「人、(登場)人物」の意味でも使います。

(2)personality

用例1:I’m a Gemini so I have a split personality.
(星座が双子座なので二重人格なんだ。)
用例2:Dictators tend to have forceful personalities.
(独裁者は強圧的な性格を持つ傾向がある。)
用例3:My mother has a strong personality that some people find too domineering.
(母は人によっては傲慢ともとられる強い性格を持っている。)
用例4:Liza has an outgoing personality.
(ライザは社交的な性格だ。)
用例5:Some people find Greg’s dominant personality intimidating.
(グレッグの他を圧するような性格を恐いと思う人もいる。)

「personality」は、person(人)の派生語ですから、人間の性格特徴を表します。

特に、その人の行動の特徴や対人傾向を表し、「人格、性格」などの意味で使います。

(3)temper

用例1:Derrick has a bad temper, especially when he drinks.
(デリックは怒りっぽい。酒を飲んでいるときは特にだ。)
用例2:Sylvia’s violent temper is a result of her abusive upbringing.
(シルビアの乱暴な気性は虐待されて育った結果だ。)
用例3:Max’s uncontrollable temper has cost him numerous jobs and relationships.
(マックスはかんしゃくを抑えられないので多くの仕事と付き合いを失ってきた。)
用例4:Every one of her ex-boyfriends will tell you that Laura has a nasty temper.
(ローラの元ボーイフレンドたちはみな彼女は怒りっぽいと口を揃えるだろう。)
用例5:We are worried about Alex’s short temper.
(アレックスの短気を心配している。)

「temper」は、人の習慣的な性格特徴を表し、主に「気質」という意味で使います。
用例の形容詞からわかるように、激しい怒りの感情を表す場合に多く使われます。

point
character:他とは区別される個性
personality:人の対人的な性格特徴、人格
temper:習慣的な気質、気性

㉝制限

(1)limit

用例1:$500 is the upper limit I’m willing to spread on a camera.
(カメラの購入に出せるのは500ドルまでだ。)
用例2:There are strict limits on the number of deer you can kill in a given hunting season.
(定められた狩猟期に殺してよいシカの数は厳しく制限されている。)
用例3:The territorial limits of island nations have ramifications for the rights to marine resources.
(島国の領土の境界には海洋資源についての権利の問題がつきまとう。)
用例4:I think there should be a legal age limit on driving.
(運転には法的な年齢制限を設けるべきだと思う。)

「limit」は、動詞limit(制限する)の名詞形で、「制限、限界」の意味です。

ある(時間、空間、能力などの)領域に計量できる数値などの制限や限界があることを表します。

特にその限界点や境界線を意味し、それを超えることが許されないことを示唆します。

(2)limitation

用例1:We should place severe limitation on free trade until other countries’ labor and environmental protection standards match ours.
(他の国の労働基準や環境保護基準が我が国のものと見合うようになるまでは自由貿易に厳しい制限を加えるべきだ。)
用例2:There are inherent limitations to how much technology can help us.
(テクノロジーがどれほど役立つかということについてはおのずから限界がある。)
用例3:The first speaker discussed the effects of methodological limitations in the study of butterfly behavior and demography.
(最初の発表者はチョウの行動と、その個体群統計学的研究における方法論的限界がもたらすものについて論じた。)
用例4:New therapies for treating HIV positive patients are more effective than previous treatments but still have serious limitations.
(HIV感染者に対する新しい治療法は以前のものに比べて効果的だが、依然として重大な限界がある。)

「limitation」も、動詞limitの名詞形ですが、特に、制限を加えるという行為やその過程、または能力や効力の限界(上限)を表します。

したがって、There are strict limits on the number of deer…の文では、捕獲してよい鹿の数に超えてはならない制限があることを意味し、We should place severe limitation on free trade…の文では、自由貿易に制限を加えるという行為が必要だという意味になります。

(3)restriction

用例1:Severe restrictions on imports of genetically modified food are being considered by the European Union.
(EUでは遺伝子組換え食品の輸入に対する厳しい制限を検討中だ。)
用例2:Due to the capacity of our operation line there are quantitative restrictions to the number of parts we can produce per day.
(我々の作業ラインの能力から、1日に生産できる部品の数には量的制限がある。)
用例3:I think there are certain restrictions on where you can camp inside the park.
(公園内でキャンプできる場所については一定の制限があると思う。)

「restriction」は、動詞restrict(狭める、限定する)の名詞形です。

limitのように点や線で制限するというニュアンスではなく、領域を狭めるというニュアンスがあり、土地の広さや抽象的な領域、量などを制限するという意味合いで使われます。

point
limit:超えることが許されない限度
limitation:制限する(される)こと
restriction:領域を狭める

㉞生産する

(1)produce

用例1:It remains to be seen whether the new coach can produce results for the Cincinnati Bengals.
(新しい監督が(NFLの)シンシナチ・ベンガルズで結果を残せるかはまだわからない。)
用例2:Most manufacturing companies can produce goods more cheaply in China than Japan.
(たいていの製造会社は日本よりも中国でより安く商品を生産できる。)
用例3:Nobody in this office is able to produce the document on time.
(このオフィスで誰も期限どおりに書類を作成することができない。)
用例4:Indian sitar music produces a hypnotic effect on me.
(インドのシタール音楽は私に催眠効果をもたらす。)
用例5:Inspectors failed to produce evidence that Iraq was developing a nuclear weapons system.
(調査官たちはイラクが核兵器システムを開発しているという証拠を提示することができなかった。)

「produce」は、「生産する、作り出す、生じさせる」という意味で、主語は人でも物でもよく、非常に幅広く使われる語です。

「作る」という行為や過程の結果を目的語にとるだけでなく、証拠などを「見せる、提示する」という意味にもなります。

(2)generate

用例1:The Itaipu Dam generates 75 billion kilowatts of electricity per year.
(イタイプ・ダムは年間750億キロワットの電力を生産する。)
用例2:The new Toyota plant in town has generated a lot of income for the community.
(この町の新しいトヨタの工場は地域社会に多くの収入を生み出している。)
用例3:U2’s latest album has generated tons of profit for its record label.
(U2の最新アルバムはレコード会社に巨大な利益をもたらしている。)
用例4:Parents and teachers are excited that the Harry Potter series is generating interest in reading.
(親と教師は「ハリーポッター」シリーズが読書への関心を生じさせていることに喜んでいる。)
用例5:We have one power generator which generates power for the entire house.
(うちには家全体への電力を作り出す発電機が1台ある。)

「generate」は、「発生させる、作り出す」の意味で、特にエネルギーなど(electricity、power)を発生させるという意味で使われますが、income、profit、interestのように、結果として新たに生じさせたものを表す名詞との結びつきでも用いられます。

(3)manufacture

用例1:Our company manufactures over thirty different products.
(わが社では30種以上の製品を生産している。)
用例2:My uncle works for a company that manufactures weapons.
(叔父は兵器を生産する会社に勤めている。)
用例3:I used to work for a company that manufactured components for Nissan automobiles.
(私はかつて日産自動車の部品を生産する会社に勤めていた。)
用例4:Advances in technology have made it increasingly cheaper to manufacture steel.
(テクノロジーの進歩で、鋼鉄の生産がますます安価でできるようになっている。)

「manufacture」は、manual(手動の)、manipulate(操作する)などと同様に、語源的には「(手で)作る」という意味です。

したがって、(工業)製品を表す語が上位にランクされているように、人の手で人為的に作ることを表します。

point
produce:「生産する」の意味で幅広く使われる語
generate:過程の結果として生じさせる
manufacture:人為的に大量に作る

英語類語を使い分けよう(た行)に続く

英語類語を使い分けよう(か行)

英語類語を使い分けよう

①買う

(1)buy

用例1:Could you buy me a ticket to the baseball game?
(そのバスケットボールの試合のチケットを買っておいてもらえますか?)
用例2:I bought fifty shares of Toyota stock last year.
(去年トヨタ株を50株買った。)
用例3:My dad is always telling my mom not to buy perishable goods in bulk.
(父はいつも母に傷みやすいものをまとめ買いしないように言っています。)
用例4:My dream is to buy a house in the country.
(田舎に家を買うのが夢です。)
用例5:I’m going to buy some new clothes for the party.
(パーティー用に新しい服を買うつもりです。)

「buy」は、「買う」という意味を表す最も一般的な、守備範囲の広い単語です。

ticket(チケット)、goods(品物)、clothes(洋服)のような日常品から、share(株)やhouse(家)などのように購入価格が高いものまで、カバーすることができます。

(2)purchase

用例1:The production department purchases goods every Monday.
(生産部門は月曜日ごとに品物を仕入れる。)
用例2:I’m considering purchasing a share of General Electric.
(GE社株の購入を検討しています。)
用例3:I hear that you can purchase cheap property in Romania.
(あなたはルーマニアで安価な不動産を購入できるそうですね。)
用例4:My buddy purchased a bunch of land in Alaska.
(友達がアラスカに土地をどっさり買った。)
用例5:How much does it cost to purchase the services of a maid?
(メイドサービスを頼むのにいくらかかりますか?)

「purchase」(購入する)は、ビジネスや法的な契約を結ぶときのような正式な場面において用います。

ですから、goods(品物)、share(株)、property(不動産)、land(土地)、service(サービス)などのような語がランクの上位にきています。

(3)get

用例1:I get most of my tickets online.
(チケットはほとんどオンラインで買います。)
用例2:I’m going to get a car as soon as I have enough money saved up.
(十分な金が貯まりしだい車を買うつもりです)
用例3:I’m going to get something to drink.
(何か飲み物を買ってきます。)
用例4:Is there any place to get a thing to eat around here?
(このあたりに食べ物の買えるところはありますか?)
用例5:I know where you can get a decent mountain bike for under $500.
(イカしたマウンテンバイクを500ドル以下で買えるところを知っている。)

「get」は、口語の場面でよく使われます。

特にticket(チケット)や、thing(物)、drink(飲み物)などのような日用品が目的語となります。

またcar(車)やbike(バイク)などのような乗り物を買う場合にも、使うことができます。

point
buy:「買う」という意味の最も一般的な語
purchase:buyよりもあらたまった「購入する」というニュアンス
get:口語的な語

②変える

(1)change

用例1:Let me know if you change your mind about going to Mexico.
(メキシコ行きについての気持ちが変わったら教えてね。)
用例2:Penny likes to change the subject.
(ペニーは話題を変えるのが好きだ。)
用例3:My friend went to court and changed his name from Earth to Peter.
(友達は裁判所に行って名前をアースからピーターに変えた。)
用例4:You better change your attitude or you’re off the team.
(態度を変えたほうがいい。さもなければチームから外れることになるよ。)
用例5:We’re going to have to change the tunes to make this road trip any fun.
(この車での旅を楽しくするためには(カーステレオなどの)曲を変えなくちゃ。)

「change」は、「変える、違ったものにする」という意味の最も一般的な単語です。

「変更させる」「変化させる」「取り替える」などの意味で、抽象的なものや具体的なものまで幅広く目的語とすることができます。

(2)alter

用例1:When Jim Jeffords became an independent in 2001 it altered the balance of power in the Senate.
(ジム・ジェフォーズが2001年に無所属になると、上院の勢力均衡が変わった。)
用例2:Scientists should never alter the facts to fit their theory.
(科学者たちは自分たちの学説に合致させようとして事実を改変することは決してしてはならない。)
用例3:Ralph Nader’s 2000 Presidential campaign altered the course of history.
(ラルフ・ネーダーが行った2000年の大統領選での選挙活動は歴史の流れを変えた。)
用例4:We can alter the shape of our bodies through exercise.
(運動で体型を変えることができます。)

「alter」には、現在の状況を部分的に変えることによって、より適切な状態にするというニュアンスがあります。

ですから、balance(均衡)、fact(事実)、course(流れ)、shape(形)などを目的語とします。

また、人の行動を変えるというようなケースにも用いるので、behavior(行動)を目的語とすることができます。

(3)transform

用例1:The new Stanford University football coach hopes to transform a program that hasn’t had a winning season in years.
(スタンフォード大学のアメフトの新コーチは何年もの間勝ち越しをもたらしていないプログラムをすっかり変更したいと思っている。)
用例2:Japanese scientists transformed stem cells into sperm cells.
(日本の科学者たちは幹細胞を精細胞に形質転換させた。)
用例3:Paul has an uncanny ability to transform any situation into a comedic event.
(ポールはいかなる状況も面白おかしい出来事に変えてしまう不思議な力を持っている。)
用例4:Reading this book has transformed my life.
(この本を読んで人生が一変した。)

「transform」とは、「変容させる」という意味です。

何かあるものを現在の状態から、まったく次元が異なるような良いものに昇華させるという場合に使います。

ですから、用例にあるprogram(プログラム)、cell(細胞)、situation(状況)、life(人生)、economy(経済)などはすべて、ある状況が好転するという文脈で用いられています。

point
change:「変える」という意味の最も一般的な語
alter:部分的に変更して改める
transform:一変させる

③香り

(1)fragrance

用例1:Your perfume has a sweet fragrance.
(あなたの香水は甘い香りがする。)
用例2:Your pie has such a delicate fragrance.
(あなたの作ったパイはとても美味しそうな香りがする。)
用例3:The greenhouse had a predictably floral fragrance.
(温室は予想通り花の香りがした。)
用例4:This perfume has a fine fragrance.
(この香水は素敵な香りがする。)
用例5:The fresh fragrance of the flowers filled the room.
(部屋は新鮮な花の香りでいっぱいだった。)

「fragrance」は、「良い香り」を意味する語です。

sweet(甘い)、delicate(美味しそうな、ほのかな)のような、良い匂いであることを賞賛する形容詞とともに用いられます。

特にfloral(花のような)や、fresh(新鮮な)などのように、植物や花の良い香りを表すときに使います。

(2)aroma

用例1:Your apartment certainly has a distinctive aroma.
(あなたのアパートの部屋は独特な香りがする。)
用例2:I am a slave to the pleasant aroma of coffee.
(私は心地よいコーヒーの香りの虜です。)
用例3:This wine has an especially sweet aroma.
(このワインは特に甘い香りがする。)
用例4:I like the nutty aroma of this Brazilian blend.
(このブラジルブレンドのナッツの香りが好きです。)
用例5:I was aroused by the tantalizing aroma of her perfume.
(欲望をかき立てるような彼女の香水の香りに興奮した。)

「aroma」とは「芳香」のことですが、特に食べ物やコーヒー、ワインなどの飲み物が醸し出す香りを表します。

ですから、pleasant(心地よい)、sweet(甘い)、nutty(ナッツ風味の)などのような形容詞とともに使います。

(3)perfume

用例1:Expensive perfume is such a waste of money.
(高価な香水は金の無駄遣いも同然だ。)
用例2:The sweet perfume of roses fills the room.
(部屋は甘いバラの香りでいっぱいだ。)
用例3:Our store sells exotic perfume from all over the world.
(当店では世界中のエキゾチックな香水を販売しています。)
用例4:No perfume is better than cheap perfume.
(安物の香水ならつけないほうがましだ。)
用例5:This is the least fragrant perfume I have barely smelled.
(これほど香りのよくない香水はほとんど嗅いだことがない。)

「perfume」は、花などの良い香りのほかに、「香水」を意味します。

香水のにおいを示すexotic(エキゾチック)やfragrant(香りの良い)というような形容詞だけでなく、香水の値段を示すexpensive(高価な)やcheap(安価な)のような形容詞とも多く用いられます。

point
fragrance:良い香り
aroma:やや強い良い香り
perfume:香水、また自然の良い香り

④隠す

(1)hide

用例1:I could not hide my feelings for Enrique any longer.
(エンリケへの思いはもう隠しようがなかった。)
用例2:I could not hide my smile after the Lakers lost.
((NBAで)レイカーズが負けたので思わず頬が緩んでしまった。)
用例3:Hide your face until I count to ten.
(10数えるまで顔を隠しておいて。)
用例4:Tanya could no longer hide the fact that she was pregnant.
(ターニャは妊娠の事実をこれ以上隠し通せなかった。)
用例5:Dad could not hide his surprise when I told him I was engaged.
(婚約を打ち明けると父さんは驚きを隠せなかった。)

「hide」とは、何か具体的な物を人目につかないようにするために秘密の場所に隠すことですが、物以外にも、事実(fact)、感情(feeling、surprise)や微笑(smile)などを隠すという意味にも用いられます。

さらに何かで覆って隠すというニュアンスもありますので、顔(face)も目的語となります。

(2)conceal

用例1:Our government spends a lot of time concealing the facts.
(政府は事実隠蔽に多くの時間を費やしている。)
用例2:I couldn’t conceal my surprise at being voted smartest in my class.
(クラス一の秀才に選ばれて思わず驚いてしまった。)
用例3:Glenn tried to conceal his disappointment when he didn’t make the team.
(グレンはチームから漏れても失望を隠そうとした。)
用例4:Statistics about poverty conceal variations among households.
(貧困に関する統計には世帯間のばらつきが表れていない。)
用例5:Don’t conceal your feelings for Sean any longer!
(ショーンへの思いをこれ以上隠してちゃだめだよ!)

「conceal」は、hideよりもあらたまった語で、慎重に事柄を隠蔽するというニュアンスを含みます。

ですから、巧妙な工作を施した上で、事実(fact)を隠すという場合に多く使われます。

また感情(surprise、disappointment、feelings)を押し隠すという意味もあり、隠すための努力をしなければならないケースに多く用いられます。

(3)cover up

用例1:No amount of positive spin could cover up the fact that Bush performed poorly in the debate.
(どんなに肯定的に見たところで、討論会でブッシュの出来が悪かったという事実は隠しようがない。)
用例2:If Scott Peterson is the murderer, then he did a masterful job of covering up the evidence.
(スコットピーターソンが殺害犯だとすれば、ものの見事に証拠を隠蔽したことになる。)
用例3:Did the CIA cover up the truth about JFK’s assassination?
(CIAはケネディー暗殺の事実を隠蔽したのか?)
用例4:I’m way too disorganized to ever successfully cover up a murder.
(絶対ばれないように殺人を隠すなんてとても思いつかない。)

「cover up」とは「隠蔽する」という意味です。

特に、政治家や公約に名前が知れ渡っている人が事実(fact)、証拠(evidence)、真実(truth)などをもみ消す場合に使われます。

また十分に計画を立てたうえで、完全に殺人(murder)を抹消したり、困惑をもたらすような結果(consequence)をもみ消したりするような場合にも用います。

point
hide:「隠す」の一般的な語
conceal:hideよりもあらたまった語
cover up:知られたくないことを隠蔽する

⑤賢い

(1)clever

用例1:Give the clever girl a biscuit.
(その賢い女の子にビスケットをやりなさい。)
用例2:Charlie is a clever boy, especially when it comes to avoiding housework.
(チャーリーって知恵が回る子だね。家の手伝いから逃れるときは特にそうだよ。)
用例3:My buddy played a clever trick on me.
(俺の相棒にまんまとやられた。)
用例4:He’s a clever man with an iniquitous heart.
(あいつは性根の腐ったずる賢い奴だ。)
用例5:Do you have any clever ideas for how to get out of this mess?
(こんなごたごたから抜け出せるいいアイディアって何かある?)

「clever」は、「賢い」を表す最も一般的な語です。

用例を見ると、その対象は子供(girl、boy)である傾向が高いことがわかります。

cleverは、知能が高い、知識が豊富というよりも、「知恵が働く」「頭の回転が速い」という意味を表しますが、そこから拡張して「ずる賢い」「小利口な」という否定的な意味でも使用されます。

(2)intelligent

用例1:It is the responsibility of intelligent beings to think about the consequences of their actions.
(行為の結果まで考えるのが知的生物(人間)としての責任だ。)
用例2:I would like to find a kind intelligent man and settle down.
(優しくて聡明な方を見つけて身を落ち着けたいわ。)
用例3:I have a pretty intelligent network of friends.
(頭のいい友達がたくさんいるんだ。)
用例4:Intelligent people tend to congregate together.
(頭のいい連中はとかく群れたがるもんだ。)
用例5:Susan is the most intelligent woman I have ever met.
(スーザンほど聡明な女性に会ったことがない。)

「intelligent」は、「高い理解力があり、知能が高い」ことを表します。

用例が示すように、人間を表す名詞と結びつく傾向が高いことがわかります。

ただし、子供については、cleverを用いるのが普通です。

(3)wise

用例1:Dad never fails to take wise precaution when he goes sailing.
(セーリングに行くとき父さんは必ず周到な準備をする。)
用例2:A wise man isn’t always right about everything.
(賢明な人がすべてのことについて正しいとは限らない。)
用例3:My father gave me wise counsel about woman before I went to college.
(大学進学を前に父が女性についての賢明な助言をしてくれた。)
用例4:I think taking a year off of college was a wise decision.
(大学を1年休学したのは賢明な決断だったと思う。)
用例5:Katherine is a wise woman for her young age.
(キャサリンは若い割にいろいろ心得ている女性だ。)

「wise」は、「(豊富な)知識や経験に基づいて、賢明な判断ができたり、適切な助言ができる」ことを基本的意味とします。

wise precaution(周到な準備)やwise decision(賢明な決断)は、知識や経験に基づいた適切な判断を表していますし、a wise manやa wise womanは、豊富な知識や経験を有していて、賢明な判断や助言ができる人物を指すと考えられます。

point
clever:頭の回転が速い
intelligent:知能が高い
wise:知識や経験があるので賢明な判断ができる

⑥貸す

(1)lend

用例1:Could you lend a little money to Jay?
(お金を少しジェイに貸していただけませんか?)
用例2:I just can’t lend support to your organization.
(到底あなた方を支援できるような状態ではありません。)
用例3:Colleges lend weight to teacher recommendations when deciding which applicants to accept.
(大学では合格者の選定に際して教師の推薦を重視している。)
用例4:Could you lend me a hand in cleaning the house?
(家の掃除を手伝っていただけませんか?)
用例5:I would love to lend my name to this prestigious journal.
(このような一流誌なら喜んで名前をお貸ししましょう。)

「lend」は、「貸す」を意味する最も一般的な語です。

rentとleaseが賃貸を意味する一方で、lendはお金の譲渡が貸すことの条件とはなりません。

用例では、目的語として最も使用頻度が高いのはmoneyですが、これ以外は、lend support(支援する)、lend weight(重視する)、lend me a hand(私を手伝う)、lend my name(名前を貸す)など、「手渡す」ことができない抽象的なものとなっています。

(2)rent

用例1:I am currently renting four houses.
(現在4軒の家を貸している。)
用例2:I’m renting a room to a young German woman.
(若いドイツ人女性に部屋を貸している。)
用例3:I only rent apartments to people who look trustworthy.
(信用できそうな人にしかアパートは貸さない。)
用例4:Is it really true that landlords in Japan don’t like to rent property to foreigners?
(日本では地主が土地家屋を外国人に貸したがらないというのは本当ですか?)
用例5:Yes, we can rent you an accommodation for this weekend.
(はい、この週末でしたらお部屋をご用意できます。)

「rent」は、主に「家やアパートなどの宿泊施設を賃貸する」を表します。

用例は、すべてその特徴を含んでいます。

このほかによく使われる結びつきには、rent a land(土地を賃貸する)、rent a car(車を賃貸する)、rent a video(ビデオを賃貸する)などがあります。

(3)lease

用例1:I will not lease my land to a bunch of hillbillies.
(田舎者の奴らなんかに土地は貸さない。)
用例2:We leased this mill on a ten year contract.
(この製粉所は10年契約で貸した。)
用例3:Hank leased a pub downtown to his brother Ray.
(ハンクはダウンタウンのパブを弟のレイに貸した。)
用例4:I am leasing this building to the LDS church.
(このビルはLDS教会に貸している。)
用例5:Sorry, but we will only lease an aircraft to someone with valid pilot’s license.
(申し訳ありませんが、飛行機は有効なパイロット免許をお持ちの方にのみお貸しすることになっております。)

「lease」は、「土地や建物(mill、pub、building)を賃貸する」を基本的意味とします。

point
lend:無償で貸す
rent:賃貸する
lease:一定の期間賃貸する

⑦固い

(1)firm

用例1:I thought I had a firm grip on the wheel but it slipped.
(ハンドルをしっかり握っているつもりだったが手が滑った。)
用例2:Death has had a firm hold on my imagination since I was a kid.
(子供の頃から私の想像力は強く死に引きつけられている。)
用例3:Kids need a firm foundation in math before they can move on to physics.
(子供は物理に進む前に数学の基礎をしっかり身につける必要がある。)
用例4:I made a firm commitment to the company the day I joined.
(入社の日に会社への忠誠を固く約した。)
用例5;I dug my spikes into the firm ground.
(固いグラウンドをスパイクで削った。)

「firm」は、「(信念、決意、基盤、動作などが)しっかりとした、ゆるぎない、変化を受けにくい」という意味を表します。

have a firm grip on…(…をしっかり握る)、have a firm hold on…(…を強く引きつける)、make a firm commitment to…(…への忠誠を固く約す)において、firmはそれぞれの動作の確実さを表しています。

物理的強度に関しては「幾分固い(fairly hard)」という意味を表し、the firm ground1(固いグラウンド)といった表現に現れています。

(2)hard

用例1:Company rules require us to wear a hard hat out on the production floor.
(会社の規則で生産フロアでは保護用のヘルメットをかぶらなければならない。)
用例2:I sleep better on hard surfaces.
(固い面の方がよく眠れる。)
用例3:Inspectors could not find hard evidence that Iraq had weapons of mass destruction.
(査察官はイラクに大量破壊兵器があることを示す確かな証拠を発見できなかった。)
用例4:Is hard water just another name for “ice?”
(硬水とは「氷」のただの別名ですか?)
用例5:Just give me the hard facts and leave the opinions to yourself.
(あなたの意見はいいですから、確かな事実だけを教えてください。)

「hard」は、「固い」という意味を表しますが、hard surfaces((ベッドの)固い面)のように、物理的強度に言及することもあれば、a hard hat(ヘルメット)、hard water(硬水)のように、(帽子や水の)特性に基づいた種類に言及することもあります。

また、証拠(evidence)や事実(fact)などが「確かな、ゆるぎない」ことも表します

hard evidenceはfirm (solid) evidenceと言うことも可能です。

(3)solid

用例1:I would like to buy a solid fuel furnace.
(固形燃料のコンロを買いたいのですが。)
用例2:Latin is a solid foundation for the romance languages.
(ラテン語がロマンス諸語の確固たる基礎になっている。)
用例3:This wall is made of solid rock.
(この壁は硬い岩で作られている。)
用例4:This table is made of solid oak.
(このテーブルは堅いオーク材でできている。)
用例5:This chair is made of solid wood.
(この椅子は堅い木材でできている。)

「solid」は、(1)「固い」という意味(solid rock、solid oak、solid wood)と(2)「固体の」(a solid fuel 固形燃料)という物理的な意味で多く使われますが、(3)「確かな、確固たる」(a solid foundation)という抽象的な意味でも使われます。

point
firm:ゆるぎなくしっかりとした
hard:容易に壊れたり変形したりしない
solid:固形で中身が詰まっている

⑧悲しい

(1)sad

用例1:Reactions to the O.J. Simpson trial was a sad reflection of race relations in the United States.
(O.J.シンプソン事件に対する反応には悲しいことに米国内の人種関係が反映されていた。)
用例2:Let me tell you a sad story about my friend William.
(友達のウィリアムの悲しい話を聞いてください。)
用例3:Seth bid a sad farewell to his homestay family before getting on the plane back to New York.
(セスはニューヨークに帰る飛行機に乗る前にホームステイ先の家族に悲しい別れの挨拶をした。)
用例4:The sad fact is that most Americans get their news from just a few news sources.
(残念なのは大抵のアメリカ人がごくわずかな情報源からしか情報を得ていないことだ。)
用例5:She gave me a sad smile before plunging the knife into her belly.
(彼女はお腹にナイフを突き立てる前に悲しそうに微笑んだ。)

「sad」は、「悲しい」を表す最も一般的な語です。

名詞を修飾する場合は、「悲しみを誘う…」(a sad reflection、a sad story、the sad fact)という意味で使われる傾向があります。

また、sad farewell、sad smileは、当該人物の悲しい気持ちが言葉や表情に表れていることを表していますが、unhappy farewell、unhappy smileとはあまり言いません。

(2)unhappy

用例1:My first unhappy memory is of my dog dying when I was six.
(最初の悲しい思い出は6歳の時に犬が死んだことだ。)
用例2:My unhappy childhood got worse when my dad left my mom for another woman.
(私の不幸な幼年時代はお父さんがお母さんを捨てて他の女のところへ行ったことでさらにひどくなった。)
用例3:Stephen King writes stories with unhappy endings.
(スティーブン・キングが書く小説は悲しい結末で終わる。)
用例4:My first marriage was an unhappy experience.
(最初の結婚生活は不幸な経験だった。)

「unhappy」は、ある状況に言及してそれが「不幸な、惨めな、悲しい」という意味を表す傾向があります。

用例以外では、unhappy marriage(惨めな結婚)、unhappy situation(不幸な状況)といった表現があります。

(3)pathetic

用例1:Harry’s pathetic attempt at humor earned the ire of everyone at the table.
(ハリーのユーモアを見せようという哀れな努力はテーブルに着いている全員を怒らせることになった。)
用例2:Mason is one of several pathetic figures I met at the family reunion.
(メイソンは親族の集まりで会った何人かの哀れな人物の1人だ。)
用例3:Let’s let the pathetic creature inside.
(その哀れなやつを中に入れてやろう。)
用例4:That’s the most pathetic sight I’ve ever seen in my life.
(これまでの人生で最も痛ましい光景だ。)

「pathetic」は、「哀れな」という訳語が当てられることが多く、「他人(の置かれている状況)が不幸であることから、その人に対して同情すること」を表します。

修飾される名詞は、「人」(figure、creature、men)や「行為、状況」(attempt、sight)を表すものがくる傾向があります。

point
sad:気持ちが暗い状態にある
unhappy:内容や状況が不幸である
pathetic:不幸なので同情を誘われる

⑨空の

(1)empty

用例1:What should we do with this empty space over here?
(こっちのこの空いたスペースをどうすればいいだろう?)
用例2:Pass me that empty bottle of shampoo.
(シャンプーの空きボトルを取って。)
用例3:I could not find an empty glass anywhere in the house.
(家の中には空いたグラスが見つからなかった。)
用例4:I try to exercise on an empty stomach.
(空腹の状態で運動してみよう。)
用例5:It’s been an empty house since the kids left.
(子供が出て行った後その家には誰もいない。)

「empty」は、「空間にものがない」を基本的意味とします。

用例のempty spaceは、その基本的意味を反映しています。

empty bottle、empty glass、empty stomach、empty houseは、何かをその空間に入れておくという特性がありますが、その時点では「空である」ことを表しています。

多くの場合、容器(bottle、glass、can、mug、tin、jar)や建物(house、shop)などを修飾します。

(2)vacant

用例1:Jill and I found an abandoned rifle on the vacant land near our house.
(ジルと私は近所の空き地にライフルが捨てられているのを見つけた。)
用例2:I took the first vacant seat I could find.
(最初に目に入った空席に座った。)
用例3:The vacant site was a popular party spot for local teenagers.
(その空き地は地元のティーンエイジャーの人気のたまり場だった。)
用例4:There is a vacant post at the manager level.
(管理職クラスで欠員があります。)
用例5:Store your stuff in the vacant space in the garage.
(持ち物は車庫の空いている場所にしまっておきなさい。)

「vacant」は、主に、ある空間が「使用されていない」という意味を表します。

「土地、場所」(land、site、space)、「席」(seat)といった物理的空間が、比喩的に抽象的な空間へと拡張し、vacant post(欠員)、vacant throne(空位)、vacant possession((不動産の広告で)即時所有可能)という表現でも使用されます。

(3)blank

用例1:I stared at the blank page for an hour before I could think of anything to write.
(書くことを考えつくまで1時間も白紙のページを見つめていた。)
用例2:Draw anything that comes to mind on a blank sheet of paper.
(頭に思い浮かんだものを何でも白紙に描いてください。)
用例3:Why are there so many blank spaces on your test?
(どうしてテストがこんなに空所だらけなの?)
用例4:Don’t these blank walls make you feel depressed?
(この窓のない壁のせいで憂鬱になりませんか?)
用例5:Grab some blank paper from my desk.
(私の机から白紙を持って行きなさい。)

「blank」は、「表面に何も書いていない、何もない」が基本的意味です。

用例(the blank page 白紙のページ、a blank sheet 白紙、 blank spaces 空所、blank walls 窓のない壁、blank paper 白紙)には、全てこの基本的意味が見てとれます。

さらに意味が拡張して、a blank look(無表情)、blank eyes(うつろな目)などの表現もあります。

point
empty:中身が入っていない
vacant:使用・占有されていない
blank:何も記されていない

⑩借りる

(1)borrow

用例1:I usually borrow money from my dad.
(いつも父から金を借りる。)
用例2:To borrow a phrase from the movies, “frankly my dear, I don’t give a damn.”
(映画のセリフを借りれば、「正直言って、知ったことではない」ということだ。)
用例3:Rick’s going to let me borrow his car for the weekend.
(リックから週末に車を借りられるだろう。)
用例4:Excuse me, could I borrow a pencil?
(すみません、鉛筆をお借りできますか?)
用例5:If I borrow a book from someone it’s a guarantee that I’ll never read it.
(人から本を借りても、絶対読まないんだ。)

「borrow」は、「無料で借りる」が基本的意味です。

つまり、金銭のやり取りなしで、人が所有するものを使わせてもらい、後で返すことを表します。

用例にあるmoney、car、pencil、bookにこの基本的意味が現れています。

また、borrow a phrase「セリフを借りる」のように、人の言葉や考えを「借用する」という意味でも使われます。

(2)charter

用例1:The quickest way to get there would be to charter a plane.
(そこへ着くのに一番早い方法は飛行機をチャーターすることだろう。)
用例2:You can charter jet for a couple grand.
(数千ドルでジェット機がチャーターできます。)
用例3:Maybe we can charter a vessel from Tokyo to Shanghai.
(たぶん東京から上海まで船をチャーターできるだろう。)
用例4:I chartered a train from Amsterdam to Madrid.
(アムステルダムからマドリッドまでの列車を借り切った。)
用例5:We chartered an aircraft from Anchorage to Denver.
(アンカレジからデンバーまで航空機をチャーターした。)

「charter」は、「飛行機、バス、列車など、団体あるいは大人数で使用する乗り物を、お金を払って借り切る」ことを基本的意味とします。

したがって、用例でもそれらの大型の乗り物がきています。

(3)hire

用例1:Let’s hire a car and take a road trip!
(車を借りて旅行しよう。)
用例2:We hired a van for the camping trip.
(キャンプ用にワゴンを借りた。)
用例3:We hired a boat to tour the Mekong river.
(メコン川を旅するため舟を借りた。)
用例4:Angela hired a bike and rode around Arizona by herself.
(アンジェラは自転車を借りてアリゾナを走って回った。)
用例5:We decided to hire a minibus for the church retreat.
(我々は教会修養会に向かうためミニバスを借りることにした。)

「hire」は、「お金を払って、短時間の間、ある目的のためにものを借りる」ことを基本的意味とします。

「hire+目的語+for…」の構文で、「…のためにものを賃借する」という意味で使われる傾向があります。

用例では乗り物を目的語にとる頻度が高いことがわかりますが、hire a video(ビデオを借りる)、hire staff(職員を雇う)、hire a hall(ホールを借りる)といった表現でも使われます。

point
borrow:無料での借用
charter:大人数で乗り物を借り切る
hire:金を払って一時的に借用する

⑪かわいい

(1)lovely

用例1:Wynona is such a lovely girl, isn’t she?
(ウィノナはとてもかわいい女の子だね。)
用例2:I’d like to introduce you to my lovely lady Elma.
(愛すべき妻、エルマをご紹介します。)
用例3:Wow, what a lovely garden you have!
(わっ、なんて美しい庭なんでしょう!)
用例4:Upstate New York has a lovely countryside.
(ニューヨーク州の北部には美しい田園があります。)
用例5:You have such lovely flowers in your garden.
(庭の花がとてもきれいですね。)

「lovely」は、とくにイギリス英語で使用され、人、物、場所(風景)などに対して広く用いられます。

「きれいな」「魅力的な」「大変愉快な」「楽しい」といった意味がありますが、用例を見ると、特に見た目の美しさ、愛らしさを表すのに使用される傾向があることがわかります。

この他に、lovely evening(大変愉快な晩)、lovely walk(楽しい散歩)といった表現もあります。

(2)pretty

用例1:Pretty girls get all the attention.
(かわいい女の子たちは注目を一身に集める。)
用例2:My wife grew up in a pretty village outside of Hanoi.
(妻はハノイ郊外のきれいな村で育った。)
用例3:Jessica is not just another pretty face.
(ジェシカはありきたりのかわいい顔をしているだけの女性ではない。)
用例4:That’s a really pretty picture of Mt, Rainier.
(それは実にきれいなレーニア山の写真だ。)
用例5:My grandparents walked through the pretty garden holding hands.
(祖父母は手をつないできれいな提案を歩いた。)

「pretty」は、美しさはなく「愛らしさ」を強調しています。

そのためa pretty girl (woman, lady, boy)という表現はありますが、a pretty manとはめったに言いません。

また、大人の女性には失礼になることがあります。

用例が示すように、lovelyと同様、見た目の愛らしさを表す傾向があり、人(の顔)や場所・風景に言及することが多く、lovelyのように、時間に関係した表現で用いることはありません(×pretty evening、×pretty morning)。

(3)sweet

用例1:Bill thinks he can charm anyone with his sweet smile.
(ビルは自分の感じの良い笑顔で誰でも魅了できると思っている。)
用例2:Lucinda sure has a sweet voice.
(ルシンダは本当に美しい声をしている。)
用例3:Kate sure is a sweet girl.
(ケイトは実にかわいらしい女の子だ。)
用例4:I can’t believe such a sweet boy got arrested for shoplifting.
(あんなかわいい男の子が万引きで捕まったなんて信じられない。)
用例5:Heidi has a sweet face and a wicked body.
(ハイジはかわいい顔と抜群のボディをしている。)

「sweet」は、とくにイギリス英語で使用され、子供や小さなものが「かわいらしい、愛らしい」を基本的意味とします。

そこから意味が拡張して、目にするもの、接する人や物が「心地よい、感じのよい、優しい・思いやりのある」(sweet smile 感じのよい笑顔)という意味でも用いられます。

point
lovely:美しさ、魅力を感じさせる
pretty:人目を引くかわいらしさ
sweet:特に小さなものがかわいらしい

⑫考え

(1)idea

用例1:I don’t think drinking a lot of sake and beer together is a good idea.
(大量の酒とビールを一緒に飲むのは良い考えとは思えない。)
用例2:Do you have any new ideas for lyrics.
(何か歌詞の新しいアイディアはない?)
用例3:Do you have a clear idea of where you want to be in five years?
(5年たったら何をしていたいかはっきりした考えはありますか?)
用例4:The basic idea of Christianity is that human nature is sinful.
(キリスト教の基本的な考えは人間の本性は罪深いということだ。)
用例5:Smoking is a bad idea for a vocalist.
(ボーカリストには喫煙はよくない。)

「idea」は、「考え」を表す最も一般的な語で、thoughtの2倍以上の頻度で使われています。

結びつきやすい形容詞は、その考えの性質に関わるもの(good、new、clearなど)になります。

一方、thoughtとthinkingは、動詞thinkの派生名詞であることから、考え方などに関わる形容詞(careful、positive、criticalなど)によって修飾される傾向があります。

(2)thought

用例1:You need to give some careful thought about who you would like to invite to the wedding.
(結婚式に誰を呼ぶのかは慎重に考えないと。)
用例2:The very thought of holding your hand makes me ill.
(君の手をつかむということを考えただけ気分が悪くなる。)
用例3:Every day I try to keep positive thoughts in my mind.
(毎日前向きな考えを持ち続けようとしている。)
用例4:Lately I have given serious thought to giving up golf altogether.
(最近、ゴルフをきっぱりやめようと真剣に考えた。)
用例5:Political thought in Russia has changed dramatically from the Cold War era.
(ロシアの政治思想は冷戦時代から劇的に変わった。)

「thought」は、giveやkeep、haveなどの動詞と一緒に連語で用いられる傾向があります。

a thoughtは、「思いつき」という意味で解釈される傾向がありますが、考えの深さなどを表す形容詞(careful、serious)を伴って、「慎重な考え(careful thought)」などの意味で使用されます。

(3)thinking

用例1:Wishful thinking will get you nowhere without action.
(希望的観測というのは行動が伴わなければ何にもならない。)
用例2:Critical thinking skills are a must in today’s challenging work environment.
(批判的に考える能力は今日の厳しい仕事の環境では不可欠だ。)
用例3:The Japanese educational system should foster creative thinking.
(日本の教育システムは創造的な思考を伸ばすようにするべきだ。)
用例4:Quick thinking is an essential skill to have on the battlefield.
(戦場では素早い思考は不可欠の能力だ。)

「thinking」は、thoughtの半分程度の頻度で用いられています。

wishful thinkingは「希望的観測」という意味です。

また、動詞thinkの派生名詞として、「考えること(過程)」を基本的意味としますが、この意味は、critical (creative、quick、strategic) thinkingといった「形容詞+thinking」の形を、それぞれthink critically (creatively、quickly、strategically)のように「think+副詞」の形に直して考えると理解しやすいかもしれません。

point
idea:「考え」を表す最も一般的な語
thought:思考に基づく考え
thinking:考えること

⑬関係

(1)relation

用例1:North Korea has cut diplomatic relations with the United States.
(北朝鮮はアメリカと外交関係を断っている。)
用例2:The United States and Canada have close industrial relations.
(アメリカとカナダには産業上の密接な関係がある。)
用例3:Mark’s racist remarks have been a public relations nightmare for the company.
(マークの人種差別的発言で会社は世間の人々からとんでもない反感を買っている。)
用例4:International relations is a popular field of study at Columbia University.
(国際関係はコロンビア大学では人気のある研究分野だ。)
用例5:I am studying foreign relations between the United States and European countries.
(アメリカとヨーロッパ諸国との外交関係について研究しています。)

「relation」は、用例にあるように、「国家、団体」同士の公的な関係について用いる傾向があります(複数形で)。

3番目のpublic relationsは「対社会的関係」を表しますが、同じ表現で「宣伝活動」を表すこともあります。

(2)relationship

用例1:I have always had a close relationship with my dad.
(父とはずっと親密な関係である。)
用例2:Julie and I have a very satisfying sexual relationship.
(ジュリーと私の性的関係はとてもうまくいっている。)
用例3:Good personal relationship are an important foundation of happiness.
(良好な人間関係は幸せの重要な基盤の1つである。)
用例4:I have a special relationship with my cousin Bob.
(いとこのボブとは特別な関係がある。)
用例5:My research examines the social relationships between slaves and slave owners in antebellum America.
(私の研究では南北戦争以前のアメリカにおける奴隷とその所有者の社会的関係を考察する。)

「relationship」は、用例にあるように、傾向として、人間同士の親密な関係について用います。

ただし、ここには挙がっていませんが、the relationship between mental and physical health(心と体の健康の関係)のように人間以外の関係について述べる場合にも用います。

(3)tie

用例1:The United States and Japan have had close ties since the end of World War Ⅱ.
(アメリカと日本とは第二次世界大戦終結以来緊密な結びつきを持っている。)
用例2:Japan and China normalized diplomatic ties on September 29, 1972.
(1972年9月29日に日本と中国は国交を正常化した。)
用例3:Japan benefits economically from strong ties to the United States.
(日本はアメリカとの強い結びつきのおかげで経済的に恩恵を受けている。)
用例4:Uruguay would like to strengthen its economic ties with Japan.
(ウルグアイは日本との経済関係の強化を望んでいる。)
用例5:Our emotional ties with our parents are stronger and often more complex than with anyone else.
(我々の両親との感情的な結びつきは他の誰に対するよりも強く、またしばしば複雑である。)

「tie」は、「人や組織の強い結びつき、関係」を表し、普通は複数形で用います。

(1)結びつきの強弱(close、strong、weak)や(2)関係の種類(diplomatic、economical、emotional)を表す形容詞とともに使われる傾向があります。

point
relation:特に公的な関係
relationship:人間同士の関係
tie:結びつき

⑭感情

(1)feeling

用例1:I still have strong feelings for John.
(いまだにジョンに対して強い感情を持っている。)
用例2:I have mixed feeling about taking that job in Los Angeles.
(ロスアンゼルスでその仕事に就くのには複雑な思いがある。)
用例3:I have a strange feeling that I’m being watched.
(見つめられているという妙な感じがする。)
用例4:Don’t let your personal feelings about coworkers get in the way of having a professional relationship with them.
(一緒に働く人への個人的感情が仕事上の関係を妨げないように。)
用例5:I have a bad feeling about how things are going to turn out tonight.
(今晩の成り行きについては悪い予感がする。)

「feeling」は、「感情」を表す最も一般的な語です。

emotionの約4倍、sentimentの約10倍の頻度で使用されています。

strong、mixed、strange、badといった感情の程度・様態を表す形容詞によって修飾される傾向があります。

(2)emotion

用例1:Will Bill Clinton have conflicting emotions if both Hillary and Al Gore run in 2008?
(2008年にヒラリー夫人と(副大統領だった)アル・ゴアが大統領選に立候補したら、ビル・クリントンに感情のせめぎ合いがあるだろうか?)
用例2:I have mixed emotions about breaking up with Ken.
(ケンとの関係が終わったのは複雑な心境だ。)
用例3:Don’t let strong emotions get in the way of relational thinking.
(強い感情で合理的な思考を妨げないように。)
用例4:Cats can sense human emotion.
(ネコには人の感情がわかる。)
用例5:I can tell that some deep emotion went into this song.
(この曲には深い感情が込められていることがわかる。)

「emotion」は、特に、人の置かれている状況から生じる愛情、恐怖、怒りをはじめとする「強い感情(strong feeling)」を表します。

feelingと同様、その感情の程度・様態を表す形容詞と結びつく傾向があります。

(3)sentiment

用例1:Does that politician exploit nationalist sentiment for political gain?
(あの政治家は国家主義的な心情を政治的利益のために利用していますか?)
用例2:Americans expressed their patriotic sentiment after the terrorist attacks of September 11, 2001.
(2001年9月11日のテロ攻撃後、アメリカ人は愛国心を表に出した。)
用例3:Both of my kids share similar sentiments about going to summer school this year.
(うちの子は両方とも今年の夏季講習への参加には同じ思いを抱いている。)
用例4:The collective sentiment seems to be that we should not go to Pakistan for Christmas this year.
(みんなの共通した気分としては今年のクリスマスはパキスタンに行くべきではないということのようだ。)
用例5:Is popular sentiment in Japan still opposed to revising article 9 of the constitution?
(日本の世間一般の感情としては依然として憲法9条の改正には反対ですか?)

「sentiment」は、「感情に基づいた意見や思考」を表し、それによって人の行動が左右されるという文脈で使用されることが多いようです。

point
feeling:「感情」を表す最も一般的な語
emotion:強い感情
sentiment:感情の混じった思考

⑮完全な

(1)complete

用例1:Have you ever become infatuated with the looks of a complete stranger?
(まったく見知らぬ人の容貌に参ってしまったことってありますか?)
用例2:I got a complete set of home repair tools for my birthday.
(誕生日に家の修理道具一式をもらった。)
用例3:Neal showed a complete lack of respect for me during the entire meal.
(ニールは食事の間中、私に対してまったく無礼だった。)
用例4:After a few drinks Alberto loses complete control of himself.
(アルベルトは数杯の酒で酔っぱらう。)
用例5:I’m still trying to get a complete picture of what transpired last night.
(今も、昨夜起こったことの全体像をつかもうとしている。)

「complete」は、質や程度が非常に著しいこと、すべての要素や部分などが欠けずに備わっていることを表し、「まったくの、完全な」という意味で使用されます。

また、2番目の用例(a complete set of tools)のように、事物を構成する部分が「完備した」という意味を表すこともあります。

(2)perfect

用例1:The Beach Boys managed to achieve perfect harmony on “Pet Sounds.”
(ビーチボーイズは(アルバム)『ペット・サウンズ』で完璧なハーモニーを成し遂げた。)
用例2:This would be the perfect setting for an outdoor wedding.
(ここは屋外での結婚式にはもってこいだろう。)

用例3:It’s perfect timing running into you!
(君とばったり会うなんて、なんていいタイミングなんだ!)
用例4:My hometown is a perfect example of planned development.
(私の生まれ故郷は計画的な開発を絵に描いたようなところだ。)
用例5:My dad keeps his cars in perfect condition.
(父は車を完璧な状態にしてある。)

「perfect」は、好ましい意味で「(過不足なく)完全なという意味を表します。

この基本的意味から、「正確な(accurate)」「質が優れている」ことを含意することもあります(perfect timing 完璧なタイミング)。

(3)absolute

用例1:My mother believes in me with absolute certainty.
(母は私を信頼しきっている。)
用例2:Even absolute beginners can enjoy swimming.
(まったくの初心者でも泳ぎを楽しめる。)
用例3:Rush was spewing absolute nonsense on the radio last night.
(ラッシュは昨晩ラジオでまったくばかげたことをべらべらしゃべっていた。)
用例4:A good manager is an absolute necessity if you want to make it big.
(ビッグになりたいのなら優秀なマネージャーが絶対必要だ。)
用例5:We need you to tell us the absolute truth about what you saw yesterday.
(昨日見たことを一切包み隠さず話してほしい。)

「absolute」は、名詞を前から修飾する用法(限定用法)で使用されることがほとんどです。

程度に言及し、「完全な」という意味を表します。

話し言葉では特に、抽象名詞と一緒に使われて、意味を強める働きをします。

point
complete:すべての部分が欠けることなく備わった状態
perfect:完全で優れている
absolute:修飾される名詞の程度を強調する

⑯消える

(1)disappear

用例1:All of my herpes symptoms have disappeared.
(ヘルペスの症状がすべて消えた。)
用例2:More jobs have disappeared during the Bush administration than any administration since Herbert Hoover.
(ブッシュ政権時代にはハーバート・フーバー以後のどの政権の時よりも職がなくなっている。)
用例3:Her smile disappeared when I told her that I’d been fired.
(仕事をクビになったことを話したら彼女の微笑が消えた。)
用例4:I watched the sun disappear over the horizon.
(太陽が水平線の向こうに消えるのを見ていた。)
用例5:I can not make your health problems disappear.
(あなたの体の不調は急には治せません。)

「disappear」は、姿や存在が「消える」という意味で一般に使う語です。

単に視界から消えて見えなくなる場合(sun)にも、存在そのものが消えてなくなってしまう場合(symptoms、jobs)にも用います。

また突然消えることも、徐々に消えることもあります。

(2)fade

用例1:Light in here tends to fade after a few hours.
(ここはあと数時間で暗くなる。)
用例2:Roberto’s smile faded into an empty expression.
(ロベルトの顔からしだいに微笑が消えてうつろな表情になった。)
用例3:The color on my T-shirt is faded.
(Tシャツが色落ちしている。)
用例4:The Chicago Bears’ playoff hopes are fading fast.
((NFLで)シカゴ・ベアーズのプレーオフの望みがどんどん消えかけている。)
用例5:Memories of my childhood are fading fast.
(子供の頃の思い出が急速に薄れている。)

「fade」は、徐々に消えていくことを表します。

したがって、色や明るさ(color、light)が「薄れる」、姿や存在(smile、hope、memory)が「徐々に消える」という意味になります。

2番目の用例のfade into…では、前置詞intoによって、smile(微笑)がempty expression(うつろな表情)へと徐々に消えて変化していくことを補足しています。

(3)vanish

用例1:Brianna’s smile vanished when she watched her daughter fall off the deck.
(自分の娘がデッキから落ちるのを見てブリアンナの微笑が消えた。)
用例2:The connection to my hometown has completely vanished.
(故郷とのつながりはすっかりなくなっている。)
用例3:Her frightened look vanished when I took off the mask.
(私がマスクを取ると、彼女のおびえた表情は消えた。)
用例4:Nick’s sense of humor vanishes when his wife is around.
(奥さんがいるとニックのユーモアはすっかり影を潜める。)
用例5:The young couple vanished from their home, leaving behind cash.
(その若い夫婦は現金を残したまま家から姿を消した。)

「vanish」は、fadeとは対照的に、姿や存在が「完全に消える」ことを表し、特に「突然、急に」というニュアンスが加わります。

そのため、5番目の用例のように、消えた理由がわからないとか、消えた痕跡が残っていないなど、不可思議な失踪や消失を表す場合などによく使われます。

disappearと同様に、視界から消えて見えなくなることにも、存在そのものが消えてなくなることにも使います。

point
disappear:「消える」という意味で一般に使う語
fade:徐々に消える
vanish:完全に消える

⑰機会

(1)opportunity

用例1:Our company believes in equal opportunity regardless of race, religion or gender.
(人種、宗教、性別に関係なく均等な機会を与えるのが当社の方針です。)
用例2:This would be a unique opportunity to visit some scenic sights in China.
(今回は中国の景勝地を訪れるまたとない機会だろう。)
用例3:This trip would be an ideal opportunity for you to work in your Spanish speaking skills.
(この旅行はスペイン語の会話力を磨くのに絶好の機会でしょう。)
用例4:Studying in Japan is an excellent opportunity for you to make new connections.
(日本で勉強するのは新しい人脈を作る絶好の機会だ。)
用例5:Spending a semester in Washington D.C. is a great opportunity for a young person like yourself.
(ワシントンで1学期過ごすのはあなたのような若者にとってはとても素晴らしい機会だ。)

「opportunity」は、「好機、チャンス」という意味です。

それが何かを行うための望ましい機会であることを表し、普通よい意味で使われます。

(2)chance

用例1:There’s a good chance I won’t be home for Christmas this year.
(今年はクリスマスに実家に帰らない可能性が高い。)
用例2:The only chance I have of passing this test is finding someone smart to cheat off of.
(この試験に合格する唯一のチャンスは賢い奴を見つけてカンニングすることだ。)
用例3:I don’t have a realistic chance of getting accepted into Princeton.
(プリンストン大学に入れる現実的な可能性はない。)
用例4:There’s a fair chance that I won’t get accepted anywhere this fall.
(この秋どこにも入学できない可能性が高い。)
用例5:This party will be a great chance to meet new people.
(このパーティーは新たな出会いの素晴らしいチャンスだ。)

「chance」は、幸運または偶然によって生じた「機会、好機」、あるいは、単なる「可能性」の意味です。

したがって、「好機、チャンス」の意味を表す場合には、「望ましい結果になる可能性がある機会や状況」というニュアンスを持ちます。

最初の用例のa good chanceのgoodは「十分な」という意味の数量形容詞です。

なお、2番目の用例のcheat off of…は「人、答案などをカンニングする」の意味です。

(3)occasion

用例1:I enjoy a good cigar on the rare occasion that I have anything to celebrate.
(まれに祝い事があるときにおいしい葉巻を堪能します。)
用例2:I have been heckle during speeches on numerous occasions.
(演説の最中にやじられたことは何度もある。)
用例3:I’m saving all my money for a special occasion.
(特別な場合に備えてすべて貯金しています。)
用例4:Which particular occasion are you referring to?
(どの場合のことを言っているのか?)
用例5:Funerals and weddings are the only occasions I get to see my relatives anymore.
(最近では親戚に会うのは葬式と結婚式の時だけだ。)

「occasion」は、ある特定の「時、場合」を表します。

「…の場合に、…の時に」の意味で用いる場合には、on the rare occasionのように、特定の「時」を示す前置詞onを使います。

point
opporrtunity:何かを行うための望ましい機会
chance:幸運または偶然によって生じた状況
occasion:特定の「時、場合」

⑱聞く

(1)hear

用例1:Are you hearing voices in your head again?
(また頭の中で声が聞こえるんですか?)
用例2:Raise your arm when you hear a sound.
(音が聞こえたら手を挙げてください。)
用例3:I swear I heard a noise in the attic last night.
(昨夜本当に屋根裏で音がしたんだってば。)
用例4:Do you remember where you were when you heard the news about JFK’s assassination?
(ケネディ大統領暗殺のニュースを聞いた時どこにいたか覚えていますか?)
用例5:I’ve heard that story three times before.
(その話は前に3回も聞いたよ。)

「hear」は、聴覚を表す語の中では最も一般的な意味を持ち、「見る」のseeと同様に「聞く」という自覚的な行為から、「聞こえる」という無自覚的な行為まで幅広い意味を表します。

ちなみに、I can’t hear you.は「あなたの声(話)が聞こえない」という意味になります。

(2)listen to

用例1:My dad listens to the radio when he goes to bed.
(父は寝る前にラジオを聞く。)
用例2:I usually listen to music when I exercise.
(いつも音楽を聴きながら運動しています。)
用例3:Let’s listen to the tape one more time.
(もう一度テープを聴いてみましょう。)
用例4:We listened to the sound of cicadas as we fell asleep.
(セミの声を聞きながら寝入った。)
用例5:Listen to the story and then we’ll discuss what it means.
(話を聞いた後、どういうことなのか話し合いましょう。)

「listen to」は、「見る」のwatchに対応し、意識的な行為を表します。

音楽を聴いたり、人の話を聞いたりする場合のように、ある程度の時間、対象に注意を向けているというニュアンスがあります。

そこから「耳を傾ける」という意味合いになります。

したがって、「私の話を(よく)聞きなさい」という意味では、Listen to me.が正しく、Hear me.とは言いません。

point
hear:「聞く」「聞こえる」の最も一般的な語
listen to:意識的に耳を傾ける

⑲危険

(1)danger

用例1:Kayleen will be in real danger of hypothermia if she doesn’t get dry and warm soon.
(カイリーンはすぐに体をふいて温まらないとすぐに低体温症になる現実的な危険がある。)
用例2:We face a great danger from terrorist organizations.
(我々はテロ組織の重大な脅威に直面している。)
用例3:There is no immediate danger of flooding in the area.
(その地域はさしあたり洪水の恐れはない。)
用例4:Call for help if you find yourself in obvious danger.
(明らかに危険を感じたら助けを呼びなさい。)
用例5:When did you first realize that you were in serious danger?
(かなり危険な状態にあるといつ最初に気が付きましたか?)

「danger」は、あらゆる「危険」を表す最も一般的な語です。

身近に迫っている危険(great (immediate) danger)にもそうでないものにも、また確実な危険(real (obvious) danger)にも不確かな物にも使います。

(2)risk

用例1:Your smoking habit puts you at an increased risk for a number of diseases.
(喫煙の習慣があると多くの病気にかかる危険性が高くなります。)
用例2:Your current lifestyle puts you at high risk for heart disease.
(現在の生活習慣だと心臓病にかかる危険性が高いですよ。)
用例3:I took a calculated risk and traveled through Columbia by myself.
(危険は承知のうえでコロンビアを1人で旅行した。)
用例4:It is a myth that the Midwest is a low risk earthquake zone.
(中西部は地震の危険が少ないというのは誤った通念だ。)
用例5:Alan took a great risk when he moved out on his own at age 16.
(アランは16歳の時に思い切って家を出て自立した。)

「risk」は、何か(特に危険が予測される)行為を行う場合に、害が及ぶ可能性があるということを表します。

したがって、hazardより現実的な危険を表します。

例えば、最初の例文では、喫煙という行為には様々な病気にかかる可能性があるという「危険」が伴っていることを表しています。

(3)hazard

用例1:Being runover is an occupational hazard for construction workers.
(建設作業員は作業中に車にひかれる危険がある。)
用例2:Fallen electric wires are a potential hazard.
(落ちた電線が危険を引き起こす可能性がある。)
用例3:The only natural hazards you need to worry about are landslides.
(唯一注意すべき自然災害は地すべりです。)
用例4:Do you have an environmental hazard in your home that you are unaware of?
(家庭に気付いていない環境公害がありませんか?)
用例5:Smoking can be a serious hazard to your health.
(喫煙は健康に重大な害を及ぼす恐れがある。)

「hazard」は、偶発的な事柄から生じる「危険」、特に予測可能だが避けられない「危険」を表します。

用例にある形容詞occupational、natural、environmentalなどと結びついて、それぞれ「業務上」「自然の力によって」「生活環境の中で」偶然に引き起こされ、なおかつ予測され得る「危険」(potential hazard)を表します。

point
danger:「危険」を表す最も一般的な語
risk:自らの行為に伴う危険
hazard:偶発的な不可避の危険

⑳傷つける

(1)damage

用例1:Years of overeating and lack of exercise have damaged my health.
(長年の過食と運動不足で健康を害した。)
用例2:CFC’s damage the ozone.
(フロンガスがオゾン層を破壊する。)
用例3:Don’t do anything shameful that could damage your reputation with your students!
(生徒の信頼を損なうような不名誉なことはするな。)
用例4:Massive deforestation damages the environment.
(大規模な森林伐採は環境を破壊する。)
用例5:The hurricane damaged $30,000 worth of property.
(ハリケーンによる資産被害額は3万ドルだった。)

「damage」は、物の価値や有用性、能力、外見などを損なわせるような損害を与えることを表します。

したがって、目的語にくる名詞(health、ozone、reputation、environment、property)の持っている価値などを減じる、すなわち「損なう」「損害を与える」という意味になります。

(2)harm

用例1:I’m afraid that secondhand smoke will harm the baby.
(副流煙が赤ん坊に害を及ぼすのではないかと心配しています。)
用例2:The debate rages over whether drilling in the Arctic National Wildlife Refuge will harm the environment.
(北極圏野生生物保護区での掘削が環境を破壊するかどうかの議論が激化している。)
用例3:Mercury in rivers may harm fish.
(川に流れ込む水銀が魚に害を及ぼすかもしれない。)
用例4:The switch to alternative fuel sources will harm the interests of coal and gas companies.
(代替燃料に移行すると石炭及びガス会社の利益が損なわれる。)
用例5:Too much exposure to television can harm children.
(子供はテレビを見すぎると害を受ける恐れがある。)

「harm」は、物理的、肉体的、あるいは精神的な苦痛や害を与えることを表します。

特にその行為に対して、後悔や不運なことといったニュアンスを含む場合があります。

目的語にくる名詞(baby、environment、fish、interest、children)には保護すべきものというニュアンスが伴い、それらに「危害が及ぶ」という意味合いになります。

(3)injure

用例1:The defense attorney injured the plaintiff with a baseball bat.
(被害側の弁護人は原告を野球のバットで傷つけた。)
用例2:Faulty products injure thousands of people a year.
(欠陥品のせいで1年に何千もの人がけがをしている。)
用例3:Ethan injured his ankle playing tennis.
(イーサンはテニスで足首を痛めた。)
用例4:I injured my neighbor when I threw an axe over the fence.
(策越しに斧を投げて隣人にけがをさせた。)
用例5:Audrey injured her knee roller skating.
(オードリーはローラースケートでひざを痛めた。)

「injure」は元来、人に対して悪いことをする、不正を働くという意味で、そこから人や物に害を与えるという意味で使います。

用例からわかるように、現在では特に、「(人に)けがを負わせる」「(肉体や感情などを)傷つける」という意味で使われます。

point
damage:有形、無形のものの価値や有用性を損なわせる
harm:物理的、肉体的、精神的に危害を加える
injure:特に人の肉体・感情を傷つける

㉑基礎

(1)base

用例1:Does Prime Minister Abe have a broad base of support in rural prefectures?
(安倍首相は地方の県に広い支持基盤を持っていますか?)
用例2:Mr. Dunkin’s class gives you a firm base of Western literature.
(ダンキン先生の授業では西洋文学の基礎がしっかり学べる。)
用例3:President Trump has a solid base of support in the South and West.
(トランプ大統領は南部と西部に固い支持基盤がある。)
用例4:The automobile industry is the economic base of Michigan.
(自動車産業がミシガン州の経済基盤だ。)
用例5:I had a strong base in mathematics before I entered college.
(大学に入る前に数学の基礎をしっかり身につけました。)

「base」は、文字通り「基礎、土台」という意味です。

あるものの最も下の部分を指し、それを支えているものを表します。

具体的なものにも抽象的なものにも使います。

(2)basis

用例1:I exercise on a regular basis.
(定期的に運動しています。)
用例2:I read the paper on a daily basis.
(毎日新聞を読みます。)
用例3:During the season I follow the Seattle Mariners’ progress on a day-to-day basis.
(シーズン中は毎日シアトル・マリナーズの動向を見守っています。)
用例4:I work at the hospital on a part-time basis.
(パートタイムで病院に勤めています。)
用例5:Is perjury a firm basis for impeachment of a President?
(偽証は大統領を弾劾する確実な根拠になるだろうか?)

「basis」は、主に「基礎」「根拠」「原理、基準(となる方法)」などの比喩的な意味で使われます。

on a regular (daily, day-to-day, part-time) basisの形でよく使われ、「定期的、毎日、パートタイム」という方法に基づいていることを表します。

(3)foundation

用例1:Our team has a solid foundation for the next few years.
(我がチームには今後数年のためのしっかりした基盤がある。)
用例2:You need a firm foundation in general sciences before you can study.
(研究するためには科学一般の基礎をしっかり身につける必要がある。)
用例3:That’s the headquarters of the National Foundation for Depressive Illness.
(あれが全国うつ病財団の本部です。)
用例4:I would advise against building a house on a shaky foundation.
(不安定な土台の上に家を建てないようご忠告します。)
用例5:The Salvation Army is a religious foundation.
(救世軍は宗教団体である。)

「foundation」は、地盤や建造物の基礎など、普通地下にある部分を指します。

base、basisが個別に何かを支えるものを表すのに対して、最も下にあって全体を支えるものを表し、「基礎、基盤、土台」の意味になります。

したがって、solid、firm、shakyなど、土台の安定性に関わる形容詞との結びつきが多くなります。

また、National Foundationやreligious foundationは、動詞found(設立する)と派生関係にある名詞として、「団体、組織」の意味で使われています。

point
base:ものを支える基礎
basis:基準となるものを比喩的に表す
foundation:大きなもの全体を支える土台

㉒期待する

(1)expect

用例1:My sister is expecting a baby any day now.
(姉はいつ子供が産まれてもおかしくない状況です。)
用例2:You can expect a good return on you investment as soon as this year.
(早ければ今年にも投資からの大きな収益が期待できます。)
用例3:I think the Chicago Cubs will do well this year but I’m not expecting a miracle.
(今年シカゴ・カブスはよくやるでしょうが奇跡が起こることは期待していません。)
用例4:Whenever Amanda does anything for me she expects a favor in return.
(アマンダは私に何かしてくれるといつも見返りを期待する。)
用例5:I expect an answer from you on this matter by tomorrow.
(この件についてのお返事を明日までにお願いします。)

「expect」は、将来そうなるであろうという十分な根拠に基づいて「予測する、期待する」という意味です。

したがって、各用例には以下のかっこ内に示された予測や期待の根拠が暗示されています。

expect a baby「(臨月を迎えているので、あるいはお腹が大きくなってきたので)子供が産まれそう」、expect a miracle「(よくやったのだから)奇跡が起こることを期待する」、expect a favor「(何かしてあげたのだから)見返りを期待する」。

(2)wish

用例1:My mom wishes me luck before every game.
(お母さんは試合の前にいつも幸運を祈ってくれる。)
用例2:I wish you success in whatever endeavor you hope to pursue.
(あなたが何をしようとするにせよ成功を祈っています。)
用例3:I wish you happiness and success in your life together.
(お二人の幸せと成功を願っております。)
用例4:I wish you joy in your life together.
(ご結婚おめでとう。)
用例5:I would never wish a person a harm.
(決して人が傷つくことがあってほしくない。)

「wish」は、本来「願う」という意味です。

「wish+人+もの」の形で、人に幸福や成功など(luck、success、happiness、attention)を願うという意味になります。

(3)anticipate

用例1:I’m anticipating change with a new administration.
(新しい政府による変化を期待している。)
用例2:I don’t anticipate any problems in the foreseeable future.
(当面は何も問題は起こらないだろう。)
用例3:Smart ballplayers anticipate events out on the field.
(賢い野球選手たちは、試合のグラウンドで起こることに前もって心構えをしておく。)
用例4:We anticipate sales in 2005 to be slightly higher than in 2004.
(2005年の売上げは2004年よりやや高いと期待している。)
用例5:I don’t anticipate any difficulty in finding volunteers to work on the bake sale.
(手作りの菓子類を売るバザーで働いてくれるボランティアを見つけるのは何も難しいことではないと思う。)

「anticipate」は、expectと同様、十分な根拠に基づいて「予測する、予期する」の意味を持ちますが、しばしば「事前に予期してそれに備えている」の意味で使われることがあります。

point
expect:十分な根拠に基づいて予期する
wish:獲得や達成への願望を表す
anticipate:予期してそれに備える

㉓貴重な

(1)valuable

用例1:Kaleb has made a valuable contribution to our team.
(カレブはチームに貴重な貢献をしている。)
用例2:My most valuable asset is my body.
(一番貴重な財産は自分の体です。)
用例3:Clean water is a valuable resource.
(きれいな水は貴重な資源だ。)
用例4:The interrogators could not get any valuable information out of the spy.
(尋問者はスパイから有益な情報を聞き出せなかった。)
用例5:Working in the manufacturing field was a valuable experience.
(製造の現場で働いたのは貴重な経験だった。)

「valuable」は、それに何か高い価値(value)があることを表します。

特に金銭的な価値や有用性など実際的な利用価値を指す場合に使われます。

役に立つもの、有益なものという意味の名詞と結びついて、それが役立つ、有益であるという付加価値を持っていることを表します。

(2)precious

用例1:Gold and silver are precious metals.
(金や銀は貴金属です。)
用例2:Salt was a precious substance in the Middle Ages.
(中世では塩は貴重品だった。)
用例3:My wife wants a precious stone for Christmas.
(妻がクリスマスプレゼントに宝石を欲しがっている。)
用例4:I had a precious time at the zoo with my nephew.
(動物園で甥と貴重な時間を過ごした。)
用例5:Our children are our most precious resource.
(子供は一番大事な財産です。)

「precious」は、それ自体に固有の非常に高い価値があり、他に替えがたい貴重なものであることを表します。

したがって、preciousなものとは、それ自体非常に数が少なく得がたいもの(metals、substance、stone、time)や、代替できないもの(resource)であると言えます。

(3)invaluable

用例1:A healthy smile is an invaluable asset!
(はつらつとした笑顔は実に貴重な取り柄だよ。)
用例2:Computers are an invaluable tool for doing business these days.
(今日コンピュータはビジネスにとって非常に有益な道具だ。)
用例3:Thanks for your invaluable help on the project.
(プロジェクトに貴重な助力をいただいてありがとうございます。)
用例4:Your work has been an invaluable source of inspiration for my art.
(あなたの作品は私が創作のインスピレーションを得る貴重な源泉なのです。)
用例5:Teaching English in Tanzania was an invaluable experience for Mariko.
(マリコにとってタンザニアで英語を教えるのはとても貴重な経験だった。)

「invaluable」は、valuableに否定の意味を表す接頭辞in-がついたもので、価値を付けられない程に貴重なという意味で、極めて高い価値があることを表します。

したがってvaluableと同様に、非常に有益なものやまれな出来事に対して使います。

また、同様の意味を表す形容詞にpricelessがありますが、接頭辞の-lessも通例「…がない」という否定の意味になりますが、価格を付けられないほどに高価な、貴重なという意味になるので注意が必要です。

point
valuable:特に金銭的な価値や有用性が高い
precious:他に替えがたい固有の高い価値を持つ
invaluable:値のつけられないほど極めて高い価値がある

㉔厳しい

(1)severe

用例1:Rural parts of the country are suffering from a severe shortage of doctors.
(国の農村部は深刻な医者不足に悩んでいる。)
用例2:The Midwest suffered a severe drought in 1988.
(1988年に米国中西部はひどい干ばつに見舞われた。)
用例3:Eli suffers from severe depression.
(イーライはひどいうつ病だ。)
用例4:Florida has been hit by weeks of severe weather.
(フロリダは数週間ひどい天気に見舞われた。)
用例5:Chicago has had an especially severe winter this year.
(今年のシカゴの冬は特に厳しい。)

「severe」は、「厳しい」「深刻な」という意味で、それが持つ性質の程度が、被害や行動の制限、不快な感覚などを生じさせるほど、極端に大きいことを表します。

(2)strict

用例1:You need to take strict control of your budget.
(予算を厳しく管理しなければならない。)
用例2:We adhere to strict rules at Patterson Elementary School.
(パターソン小学校の厳しい規則を固守している。)
用例3:Todd is a vegetarian in the strict sense of the term.
(トッドは厳格な菜食主義者だ。)
用例4:The Federal government should put strict limits on the sales of arms.
(連邦政府は武器の販売を厳しく規制すべきだ。)
用例5:Randy is not used to strict discipline.
(ランディは厳しい規律に慣れていない。)

「strict」は、「厳正な、厳格な」という意味を表し、主に人の性質や行為に対して用いられます。

規則や原則、条件などから逸脱せずそれを遵守しようとすることを表します。

一緒に用いられる名詞は、用例にあるように、遵守すべきもの(規則など)やそれに対する人の態度を表す名詞です。

(3)harsh

用例1:When I started touring with the band I was not ready for the harsh reality of life on the road.
(バンドと一緒にツアーを始めたとき、巡業暮らしの厳しい現実に対して覚悟ができていなかった。)
用例2:Glenn had some harsh words for Luke during the meeting.
(会議の間、グレンは何度かルークに向かって厳しい言葉を言った。)
用例3:I wouldn’t last long in a harsh climate.
(厳しい気候では体がもたないよ。)
用例4:My truck is in pretty harsh condition now.
(私のトラックは今かなりひどい状態だ。)
用例5:Get ready for a harsh winter this year.
(今年の厳しい冬に備えよう。)

「harsh」は、特に語感に与える不快な感触を表します。

用例にあるreality、word、climate、condition、winterの語は、それらが文脈上、人に対して厳しく過酷な性質を有していることがわかります。

すなわち、severeがその程度の大きさを強調するのに対し、harshは人に対して過酷であるという、個別的な意味を強調します。

point
severe:「過酷さ」「深刻さ」の程度が大きい
strict:「厳守」「厳格さ」を表す
harsh:特に人に対して過酷である

㉕奇妙な

(1)strange

用例1:A strange thing happened to me on the way home from the grocery store last night.
(昨夜食料雑貨店から帰る途中で奇妙なことが私の身に起こった。)
用例2:I have a strange feelings about dating your sister.
(君の妹とデートするのは妙な気分だ。)
用例3:Did you hear that strange noise?
(あの変な音が聞こえましたか?)
用例4:I was at a strange place in my life when I met you.
(あなたに出会った時私は人生に迷っていた。)
用例5:Who’s that strange man at the door?
(玄関にいるあの変な男は誰ですか?)

「strange」は、「見知らぬ」という意味で、見たこともないものやよくわからない事象を指して、「奇妙な」「変な」という意味になります。

したがって、それが今まで自分が経験したことのないものであることを表します。

ちなみに、5番目の用例のa strange manは、「(今まで見たこともないほど)変な男」ですが、a strangerと言えば「(今まで見かけたことのない)見知らぬ人」の意味になります。

(2)curious

用例1:Faith No More’s music is a curious mixture of rap and heavy metal.
(フェイスノーモアの音楽はラップとヘビーメタルが入り混じった一風変わったものだ。)
用例2:The attractive woman gave me a curious glance from across the bar.
(色っぽい女がバーの向こうから興味ありげな目つきでこちらをチラッと見た。)
用例3:Is it just a curious coincidence that my husband and I share the same birthday?
(私と夫の誕生日が同じなのは奇妙な偶然に過ぎないのでしょうか?)
用例4:One curious feature of this clock is that it has a compass attached to it.
(この時計の変わったところはコンパスがついているということだ。)
用例5:She gave me a curious look when I told her about my passion for cross-dressing.
(私の異性の服装をしたいという願望を話すと、彼女は不思議そうな顔をした。)

「curious」は、何かに興味を持っていることを表し、特にそれが普通ではない変わったものに対する興味である場合に多く使います。

そこから「(人が)興味ありげな」「(興味をそそられるほど)奇妙な」などの意味になります。

これと一緒に用いる名詞は、興味を持っている主体を表すもの(glance)と、興味の対象(mixture、coincidence)を表すものとがあります。

(3)peculiar

用例1:The Electoral College is a peculiar feature of his country’s electoral system.
(選挙人制度というのがこの国の選挙制度の一風変わった点だ。)
用例2:Playing with dolphins is a peculiar form of therapy.
(イルカと遊ぶという一風変わった治療法がある。)
用例3:I met Jessica under peculiar circumstances: I was a prisoner and she was my cell guard.
(ジェシカとは奇妙な状況で出会いました。私が囚人で彼女は独房の看守だったのです。)
用例4:I have a peculiar feelings about learning how to use a gun.
(銃の使い方を習うのは妙な気分だ。)

「peculiar」は、他とは明らかに違うということを表します。

他にはないという意味で、「特有の」「変わった」という意味になります。

4番目の用例peculiar feelings about learning…は、「(銃の使い方を習うことは)他にはない独特の気分」という意味を表しますが、一方、「strange」の2番目の用例strange feeling about dating…は、「(君の妹とデートすることは今まで経験したことのないほど)奇妙な気分」という意味の違いがあります。

point
strange:知らないものなので奇妙に見える
curious:普通ではないので興味をそそられる
peculiar:他とは明らかに違っている

㉖義務

(1)duty

用例1:It is my moral duty to oppose this war.
(この戦争に反対するのは私の道徳上の義務だ。)
用例2:It is my legal duty to protect my client’s rights to the best of my abilities.
(できる限り依頼人の権利を守るのが私の法律上の義務だ。)
用例3:Mika performs her domestic duties just wonderfully.
(ミカは家事を実に見事にこなす。)
用例4:It is my professional duty to serve my country.
(祖国のために尽くすのが私の職業上の義務だ。)
用例5:I requested a special assignment but they put me on normal duty last night.
(特別な任務につけるよう頼んだが昨夜通常の任務を与えられた。)

「duty」は、主に倫理上、あるいは法的になすべきことを表します。

したがって、倫理的、法的な根拠に基づく人間としての一般的な「義務」という意味合いになります。

また、軍隊用語では「任務」の意味になります。

(2)obligation

用例1:I need to fulfill my contractual obligations before I can record for another record company.
(別のレコード会社でレコーディングする前に契約上の義務を果たさなくてはならない。)
用例2:You have no legal obligation to give your ex-wife anything.
(前妻に何かを与える法的義務はありませんよ。)
用例3:I have a moral obligation to help my fellow man.
(仲間を助ける道徳上の義務がある。)
用例4:What are Japan’s international obligations?
(日本の国際的な責務は何だろう?)
用例5:I have financial obligations I need to meet before I can even consider buying a new house.
(新しい家の購入を考える前に支払わねばならない債務がある。)

「obligation」は、dutyより個別的な「義務」を表し、より具体的で現実的なものを明日場合に多く使われます。

同じ形容詞がdutyとobligationに用いられた場合、moral dutyは「戦争に反対すること」、legal dutyは「依頼人の権利を守ること」という、より一般性の高い義務であるのに対し、moral obligationは「私が自分の仲間を助けること」、legal obligationは「私が前妻に何かを与えること」のように、個別的な義務を表していることに注意してください。

(3)liability

用例1:The costs for establishing a limited liability company are lower than for a corporation.
(有限責任会社は株式会社よりも設立費用が掛からない。)
用例2:Strict liability may apply in the case of certain manufactured products.
(ある製品の場合には厳格責任が適用されるだろう。)
用例3:Pet owners have civil liability if their pets harm someone.
(ペットが人に危害を加えたら飼い主は民事責任を負う。)
用例4:Who has legal liability for aviation disasters.
(飛行機事故の法的責任は誰が負うのか?)
用例5:I need to get personal liability insurance.
(個人賠償責任保険に入らなくては。)

「liability」は、法的な根拠に基づく「義務」「債務」の意味です。

特に賠償責任などのような、金銭上の「(支払い)義務」を伴う場合に多く使われます。

point
duty:一般に倫理上、あるいは法的になすべきこと
obligation:dutyより具体的で現実的な個別の義務
liability:法的な根拠に基づく「義務」「債務」

㉗決める

(1)decide

用例1:Senator Kerry’s performance in the debate tonight could decide the fate of his election campaign.
(今夜の討論会でケリー上院議員のできが彼の選挙運動の運命を決めるもしれない。)
用例2:You should decide the issue for yourself.
(その問題は自分で決着をつけるべきです。)
用例3:The jury unanimously decided the case in favor of the defendant.
(陪審はその事件について満場一致で被告に有利な裁決を下した。)
用例4:Let’s decide matters by flipping a coin.
(コインを投げて裏表で物事を決めよう。)
用例5:I feel like which college I go to will decide my future.
(どの大学に行くかで将来が決まるような気がする。)

「decide」は、「白黒をはっきりさせる」「決着をつける」というニュアンスです。

したがって、あることについての「選択の決定」であり、普通その場や状況において即座に判断し、決めることを表します。

(2)determine

用例1:Investigators have yet to determine the extent to which Miles was involved in the hijacking plot.
(調査員はまだマイルズがどの程度ハイジャック計画に関与していたか結論を出せていない。)
用例2:Detroit’s ability to stop Kevin Garnett will determine the outcome of the game.
((NBAで)デトロイトがケビン・ガーネットをどれだけ止められるかが試合の結果を左右するだろう。)
用例3:You need to determine your priorities before you can move to.
(取り掛かる前に優先順位を決めるべきだ。)
用例4:I’m trying to determine what level of English class would be right for me.
(どのレベルの英語のクラスが自分に合っているか決めようとしているんです。)
用例5:How can you determine the amount of mercury in water?
(どうしたら水中の水銀量が測定できますか?)

「determine」は、その目的語にextent、outcomeが上位にきているように、「最終的な決定や結論を下す」という意味合いを持ちます。

decideのような選択の決定ではなく、様々な事情や条件などを考慮した結果としての決定を意味します。

したがって、決定を下すまでの過程が強調されます。

またそこから、(厳密に)何かを「測定する」という意味でも使われます。

(3)fix

用例1:Let’s fix a date for the wedding right now!
(今すぐ結婚式の日と決めよう!)
用例2:I’m convinced that gasoline companies are fixing their prices.
(ガソリン会社が価格を決めているに違いない。)
用例3:The marching band members fixed their positions and waited for the drum major’s signal.
(楽隊のメンバーがそれぞれの位置について楽隊長の合図を待っていた。)
用例4:I’m fixing up my place for the party.
(パーティーのために部屋を片付けているところです。)
用例5:The court fixed the amount of bail to be given at $10,000.
(裁判所は保釈金の額を10,000ドルと決定した。)

「fix」は、元来「固定する」という意味です。

そこから日時や価格、人員の配置から、その場所にあるものを整然と配置する(片付ける)ことなど、「物事の配置を決定する」ということを表します。

point
decide:決着をつける
determine:考慮の結果として決定を下す
fix:日時や価格、配置などを決める

㉘給料

(1)pay

用例1:My take-home pay last year was $56,000.
(去年の手取り(の給与)は5万6千ドルだった。)
用例2:Women should get equal pay for equal work.
(女性に同一労働同一賃金を与えるべきである。)
用例3:I’m tired of working a low pay job with no benefits.
(手当もつかない低賃金の仕事をするのにはうんざりだ。)
用例4:My wife gets maternal leave for a year with full pay.
(妻は完全有給で1年間の産休を取っています。)
用例5:Basic pay starts at $7.50 an hour.
(基本給は時給7ドル50セントから始まります。)

「pay」は、動詞pay(支払う)の名詞形で、仕事に対して支払われる「賃金」や「給料」を表す最も一般的な語です。

take-home、equal、fullなどの形容詞と結びついて、給料を全般的に指して使われています。

(2)salary

用例1:Public school teachers in the United States make an annual salary of $44,367.
(米国の公立学校の教師の年間給与は44,367ドルです。)
用例2:We pay our employees a basic salary without any bonuses.
(従業員には特別手当をつけず基本給を支払っている。)
用例3:How much is your monthly salary?
(あなたの月給はいくらですか?)
用例4:$100,000 a year is a high salary for a basketball coach!
(年俸10万ドルなんてバスケットボールのコーチにしては高いよ!)
用例5:I have a low salary but I get to watch a lot of baseball games.
(給料は安いが野球の試合をたくさん見る機会はある。)

「salary」は、常勤の仕事に対して月、あるいは年間で支払われる固定給を指し、いわゆる「月給」「年俸」などを表します。

実際には、年間契約を結ぶような専門職に使われることが多いようですが、特に使われる職種が決まっているわけではありません。

(3)wage

用例1:The current minimum wage is $5.15 an hour.
(現在の最低賃金は時給5ドル15セントです。)
用例2:Real wages in the manufacturing industry have declined for three years in a row.
(製造業の実質賃金は3年連続で低下している。)
用例3:Low wages keep profits for the company high.
(低賃金が会社の高利潤を支えている。)
用例4:The average hourly wage at 15 Chinese factories was $0.23.
(中国の15の工場における平均時給は23セントである。)
用例5:High wages in the IT sector were pretty common in the late 1990’s.
(IT分野の高賃金は1990年代後半にはかなり一般的だった。)

「wage」は、普通、仕事をした時間、日、週単位で支払われる「賃金」を指します。

したがって、特に店員や作業などの肉体労働に対して支払われる賃金を表すことが多いようです。

point
pay:「賃金」や「給料」を表す最も一般的な語
salary:専門職の固定給
wage:特に肉体労働に対して時間、日、週単位で支払われる賃金

㉙恐怖

(1)fear

用例1:Gavin has a bad fear of birds.
(ギャビンは鳥をひどく怖がります。)
用例2:I have a real fear that my company will fire me.
(会社をクビになるのではないかと本当に心配です。)
用例3:There is a widespread fear of a terrorist attack in the near future.
(いずれ近いうちにテロリストの攻撃を受けるのではという恐怖が広がっている。)
用例4:One day I will overcome my great fear of public speaking.
(いつか人前で話すことに対する強い恐怖心を克服できるでしょう。)
用例5:Melinda suffers from a deep fear of public performing.
(メリンダは人前で演奏することをひどく恐がっている。)

「fear」は、「恐怖」という意味の最も一般的な語です。

いわゆる恐怖や、未来に対する不安や心配などの幅広い感情を表します。

特に恐怖を感じさせる状況などに対する人の態度を表します。

(2)horror

用例1:Susan recoiled in mock horror as I took my undershirt off.
(私が下着のシャツを脱いだ時、スーザンは怖くてたじろぐふりをした。)
用例2:I cannot comprehend the full horror of what you must have gone through that night.
(その夜あなたが体験した恐ろしさを十分に理解することはできません。)
用例3:Paula watched the picture with fascinated horror.
(ポーラは怖いもの見たさでその写真を見た。)
用例4:I can’t imagine the sheer horror that went through her mind before they beheaded her.
(首をはねられる前に彼女が心に抱いた真の恐怖を想像することはできない。)
用例5:He spoke of his absolute horror at the tsunami.
(彼は津波の時のどうしようもない恐怖を話した。)

「horror」は、恐ろしい光景を見たり、そのような状況を想像したときに感じられる、抽象的な「恐怖感」を表します。

「身の毛のよだつような、ぞっとする恐怖」というニュアンスになります。

また、そのような印象を与える事態や人に対しても使います。

その場合は「ぞっとするほど嫌なもの」という意味合いになります。

(3)terror

用例1:I was gripped by sheer terror as the roller coaster started its descent.
(ジェットコースターが下り始めたとき真の恐怖に襲われた。)
用例2:I cannot imagine the pure terror of warfare.
(戦争の本当の恐怖を想像することはできない。)
用例3:Greta recalled the absolute terror of the air raids.
(グレタは空襲の紛れもない恐怖を思い出した。)
用例4:My two year-old is a holy terror.
(2歳になる赤ん坊はひどいいたずらっ子です。)
用例5:A flash of sudden terror overcame Malcolm when he heard the pilot announce they would be experiencing turbulence.
(乱気流に入るとパイロットがアナウンスするのを聞いて、マルコムは突然湧き上がってきた恐怖にすっかりとらわれた。)

「terror」は、現実の出来事に即した「恐怖」を表します。

特に、身の危険を感じるような出来事から受ける恐怖を表します。

また、そのような恐怖を与える事態や人に対しても使います。

ちなみに、a holy terrorとは口語表現で、手に負えないものを指し、「厄介者」「きかん坊」などの意味で使います。

point
fear:「恐怖」という意味の最も一般的な語
horror:嫌悪感を伴うぞっとするような恐怖
terror:現実の出来事から直接的に感じる恐怖

㉚巨大な

(1)huge

用例1:I went into the real estate business to make a huge amount of money.
(巨額の金を稼ぐため不動産業界に入った。)
用例2:LeBron James got a huge sum of money to play for the Cleveland Cavaliers.
((NBAで)レブロン・ジェームズは巨額の金をもらってクリーブランド・キャバリアーズでプレーすることとなった。)
用例3:A huge crowd showed up to listen to the mayor speak.
(ものすごく大勢の人たちが市長の演説を聞きにやってきた。)
用例4:I drank a huge quantity of beer and then threw up.
(ビールを大量に飲んだあげく吐いてしまった。)
用例5:The Democrats are planning a huge increase in taxes.
(民主党は大幅な増税を計画している。)

「huge」は、物理的なものにも、抽象的なものにも使います。

その大きさや量、程度などが「非常に大きい」という意味になります。

特に具体的なものに対して、その容積の大きさを指す場合に使われますから、形のないものに対してもその大きさを強調するようなニュアンスになります。

(2)enormous

用例1:An enormous amount of effort went into making this book.
(この本を作るのにとてつもない努力がなされた。)
用例2:Sophie has enormous potential to become famous.
(ソフィは有名になる可能性が非常に高い。)
用例3:I’ve been under enormous pressure at work lately.
(最近職場でものすごくプレッシャーを感じています。)
用例4:My dream is to win an enormous sum of money in the lottery.
(夢は宝くじで大金を当てることです。)
用例5:Andrew and Chris ate an enormous quantity of meat last night.
(アンドリューとクリスは昨夜肉を大量に食べた。)

「enormous」は、文字通り、norm(基準)を超えていることを表します。

そこから、大きさや程度などが「(普通ではない)並外れて大きい」という意味を表します。

(3)immense

用例1:Dale made an immense amount of money in the stock market.
(デイルは株式市場で莫大な額の金を儲けた。)
用例2:Getting a good education is of immense importance.
(よい教育を受けることは極めて重要である。)
用例3:Mr. Quinn places an immense value on punctuality.
(クイン氏は時間厳守を非常に重視している。)
用例4:I have immense difficulty understanding what’s going on in class.
(授業についていくのは私にはものすごく難しい。)
用例5:Stalin wielded immense power during his reign.
(スターリンはその統治時代巨大な権力を振るった。)

「immense」は、measure(測る)ことができないことを表し、「計り知れない」ほどの大きさや程度であることを表します。

いずれの類語でも用例にamountがトップにきていますが、huge amount of moneyは「金額の桁が非常に大きいこと」、enormous amount of effortは「努力の程度が並外れて大きいこと」、immense amount of moneyは「金額が計り知れないほど大きいこと」をそれぞれ表していて、enormousやimmenseの方がhugeより意味合いとしては強くなります。

point
huge:大きさや量、程度などが非常に大きい
enormous:並外れて大きい
immense:測れないほど大きい

㉛切る

(1)cut

用例1:Let’s figure out some ways we can cut costs.
(経費削減方法を考え出そう。)
用例2:I use earplugs when I cut the grass.
(芝刈りをするときは耳栓をしている。)
用例3:Wal-Mart is cutting prices for you!
(ウォルマートは値下げ中です。)
用例4:Fred took less than fifteen minutes to cut my hair.
(フレッドは15分もしないうちに私の髪をカットした。)
用例5:We are going to have to cut some specialist jobs in the engineering department.
(技術部門の専門職削減は避けられない見通しだ。)

「cut」は、「切る」という意味の最も一般的な語です。

cost、price、jobsなどの名詞と結びついて、比喩的に「削減する」という意味で使われます。

(2)chop

用例1:I use this special knife to chop parsley.
(パセリを刻むにはこの特殊なナイフを使う。)
用例2:I love going out in the fresh winter air and chopping wood.
(冬のさわやかな空気の中を出かけて斧で木を切るのが好きだ。)
用例3:Chopping onions makes me cry.
(玉ねぎを刻むと涙が出る。)
用例4:I’m a logger, which means that I chop trees down for a living.
(きこりである以上、生活のために木を伐採する。)
用例5:Who wants to chop the head off the turkey?
((感謝祭の準備などで)七面鳥の首を切りたい人いる?)

「chop」は、何か鋭いもので繰り返し打ちつける動作を表し、「叩き切る」という意味合いで使います。

野菜などを細かく切り刻むとか、木などを斧で叩き切る場合などに使います。

(3)trim

用例1:Could you trim the edge off that bush?
(あそこの低木を刈り込んでいただけますか?)
用例2:The barber meticulously trimmed the end of my beard.
(床屋はひげの先を慎重に刈り込んだ。)
用例3:We are looking for ways to trim costs in production.
(生産コスト削減法を探している。)
用例4:It’s my job to trim the grass during the summer.
(夏の間の芝刈りは私の仕事だ。)
用例5:Members of the House Appropriations Committee are looking for ways to trim the budget.
(議会歳出委員会は予算削減への道を探っている。)

「trim」は、外見が整然とした状態になるように、余分なものを取り除くことを表します。

したがって、伸びすぎた枝や葉、または髪の毛やひげを刈り込むなどの行為に対して使いますが、比喩的に予算やコストの「削減」などの意味を表す場合にも使われます。

この場合にも、余分な支出を削って適正な状態にするというニュアンスがあります。

point
cut:「切る」という意味の最も一般的な語
chop:叩き切る
trim:余分なものを取り除く

㉜禁止する

(1)ban

用例1:The government banned fox hunting in England.
(政府はイングランドでのキツネ狩りを禁じた。)
用例2:I’m glad that they banned advertising in State parks.
(州立公園内の広告が禁止されたのは喜ばしい。)
用例3:Japan has decided to ban the import of US beef.
(日本は米国産牛肉の輸入禁止を決定した。)
用例4:A new law will ban the use of cell-phones while driving.
(運転中の携帯電話使用は新法によって禁止されます。)
用例5:Isn’t it a violation of the first amendment for the government to ban the sale of obscene music?
(わいせつだという理由で政府が音楽の販売を禁止するのはアメリカの憲法修正第一条に反していませんか?)

「ban」は、危険なものや悪いとみなされたものを、公的あるいは法的に「禁止する」ことを意味します。

(2)prohibit

用例1:Why does the Catholic Church prohibit the use of birth control?
(カトリック教会が避妊薬の使用に異を唱えているのはなぜでしょう?)
用例2:Our church has prohibited the practice of wearing bandanas during games.
(監督は試合中にバンダナを身につけることを禁じていた。)
用例3:Why don’t they prohibit the sale of alcohol in vending machines.
(自動販売機での酒類販売を禁止すればいいのではないか?)
用例4:The United States prohibits the import of products from Cuba.
(米国はキューバ産品の輸入を禁止している。)
用例5:Federal law prohibits the employment of illegal immigrants.
(連邦法は密入国者の雇用を禁じている。)

「prohibit」は、改まった語で、行的あるいは法的に「禁止する」あるいは法的に「禁止する」ことを表します。

元来は、公的権力の行使による禁止を表す場合に使われ、公共の利益のために禁止するというニュアンスを持ちます。

(3)forbid

用例1:Federal law forbids the use of snowmobiles in National Parks.
(国立公園内でのスノーモービル使用は連邦法で禁じられている。)
用例2:Our school rules forbid the wearing of head scarves.
(校則で頭にスカーフを巻くのが禁止されている。)
用例3:Our state forbids the granting of scholarships to students with criminal records.
(我が州では犯罪歴のある学生に奨学金を与えることを禁じている。)
用例4:My church forbids the celebration of Halloween because it originated as a pagan ritual.
(もとは異教徒の儀式だとして、私の教会はハロウィーンを祝うことを禁じている。)
用例5:This club forbids the admission to anyone under 21.
(当クラブには21歳未満の方は入場できません。)

「forbid」は「禁止する」という意味では最も一般的で日常的に使われる語です。

普通直接的、個人的な禁止を表す場合に使われます。

point
ban:公的に禁止する
prohibit:あらたまった語。法令などで禁止する
forbid:「禁止する」という意味の日常語

㉝薬

(1)medicine

用例1:Check out this herbal medicine I got at the drug store the other day.
(この間ドラッグストアで買ったこの漢方薬を見てみてよ。)
用例2:I prefer liquid medicine over powered medicine.
(粉薬より水薬の方がいい。)
用例3:I can’t drink any alcohol when I’m on prescribed medicine.
(処方された薬は飲んでいるうちは、いっさい酒が飲めない。)
用例4:This stuff is bitter medicine but it really does the job.
(これは苦い薬だが確かに効く。)
用例5:Over-the counter medicine is often cheaper than what the doctor gives you.
(市販薬のほうが医者が出してくれるものより安いことはままある。)

「medicine」は、「薬」という意味の最も一般的な語です。

普通内服薬を表します。

(2)drug

用例1:Illegal drug use is on the rise among adolescents.
(違法薬物の使用は若者の間で増えつつある。)
用例2:Take these prescribed drugs and tell me how you feel in the morning.
(これらの処方薬を飲んで、朝どんな具合か教えてください。)
用例3:Illicit drug use is rampant on the streets of Bangkok.
(違法薬物の使用がバンコクの街角で横行している。)
用例4:Alcohol is an addictive drug.
(アルコールは中毒性の薬物である。)
用例5:Cocaine is a dangerous drug.
(コカインは危険な薬物である。)

「drug」が病気を治すための合法的な「薬」という意味で用いられる場合には、prescribed(処方された)という形容詞が多く伴います。

またdrugには「麻薬」という意味もありますので、illegal(違法な)、illicit(不正の)、dangerous(危険な)、addictive(中毒性の)などのような形容詞も多く使われます。

(3)chemical

用例1:How do we know that there are no toxic chemicals in our groundwater?
(地下水に有毒化学物質が入っていないとどうしてわかるのですか?)
用例2:I’m worried about contamination of synthetic chemicals in my food source.
(食糧源における合成化学物質での汚染について心配しています。)
用例3:Organic chemicals are widely used as ingredients in household products.
(有機化合物は家庭用品の成分として広く用いられている。)
用例4:I’m concerned about poisonous chemicals in our water supply.
(水道中の有毒化合物が心配だ。)
用例5:Regulations require us to wear skin protection and masks when handling dangerous chemicals.
(規則によって危険な化学薬品を扱うときは皮膚を保護するものとマスクの着用が定められている。)

「chemical」が「化学薬品」という名詞で使われるときは、その種類を表す形容詞(toxic, poisonous有毒な、dangerous危険な、synthetic合成の、organic有機の)が多く用いられます。

point
medicine:「薬」の意味の一般語。特に液体の飲み薬もしくは丸薬
drug:「麻薬」の意味で用いられることも多い
chemical:化学薬品

㉞国

(1)country

用例1:South Korea is a developed country with a thriving economy.
(韓国は経済の繁栄した先進国である。)
用例2:Is China still a developing country?
(中国は今もまだ発展途上国ですか?)
用例3:Spain is my favorite European country.
(スペインは私の大好きなヨーロッパの国です。)
用例4:Western countries are united by a common civilization.
(西洋諸国は共通の文明で結びついている。)

「country」は、「国」を表す最も一般的な単語です。

特に地理的な側面から、独立した領域のことを言い表します。

ですから、地域を限定する形容詞(European、Western)が多く用いられます。

またその国の経済的な状況を表す形容詞(developed、developing)も多く使われます。

(2)nation

用例1:Japan has been an industrialized nation for well over a hundred years.
(日本は優に100年以上、先進工業国であり続けている。)
用例2:The developed nations of the world have a responsibility to help other nations out of poverty.
(世界の先進諸国には他の国を貧困から救い出す責任がある。)
用例3:European nations are wary of US unilateralism.
(ヨーロッパ諸国は米国の単独覇権主義を警戒している。)
用例4:Bangladesh is a developing nation.
(バングラデシュは発展途上国である。)

「nation」は、「国」という意味ですが、社会や経済状況をより強調したいときに用います。

(3)state

用例1:Estonia has been an independent state since 1991.
(エストニアは1991年に独立国家となった。)
用例2:Contracting States to this treaty are obliged to follow its provisions regarding output of greenhouse gases.
(この条約の締結国は温室効果ガスの排出についての条項に従わなくてはならない。)
用例3:Invading a sovereign state violates international law.
(主権国家に侵攻することは国際法に反する。)
用例4:Micronesia is comprised of group of federated states.
(ミクロネシアは連邦国家の集まりから成っている。)
用例5:The British unitary state arose on the subjection by military force of the Scots, Welsh and the Irish.
(イギリスの単一国家はスコットランド、ウェールズ、アイルランドの軍隊による支配から生まれた。)

「state」とは、政治的な統一体のことを意味します。

ですから、その政治体制を示す形容詞(independent、sovereign、federated)と用いられる頻度が高くなります。

point
country:「国」を表す最も一般的な語
nation:国民、文化の面から見た「国」
state:政治的な面から見た「国」

㉟訓練

(1)drill

用例1:We usually do a few simple fielding drills before batting practice starts.
(通常バッティング練習の前に、簡単な守備練習を少しやります。)
用例2:Military drills during the week start at 6 am sharp.
(平日の軍事演習は午前6時ちょうどに始まる。)
用例3:As a paramedic in training, I had to go through numerous life-saving drills.
(救急医療師の研修では多数の救命訓練をこなさなければならなかった。)
用例4:Research shows that repetitive drills are an effective way to memorize information.
(反復練習は暗記に効果的だと調査の結果は示している。)
用例5:Grammatical drills in class don’t keep student’s attention for very long.
(授業の文法の練習では、生徒の集中はあまり長くは続かない。)

「drill」は、専門的な技術や知識を身につけるために繰り返し行われる「訓練」です。

a fire drill(避難訓練)がそのよい例です。

学校の勉強のdrillも同じ意味です。

(2)exercise

用例1:I do thirty minutes of aerobic exercise every morning.
(毎朝30分間の有酸素運動をしています。)
用例2:Regular exercise is the key to being in shape.
(定位的な運動は健康の秘訣である。)
用例3:Military exercises are good for discipline and morale.
(軍事演習は規律と士気を向上させる。)
用例4:I play squash for physical exercise.
(運動にスカッシュをしています。)
用例5:Walking is the most practical exercise there is.
(歩くことが最も手軽にできる運動です。)

「exercise」には、体力・知力、あるいは健康を維持するために行う「運動・訓練」という意味があります。

ですから、その種類を明確にする形容詞(aerobic有酸素の、military軍の、physical身体の)がよく用いられます。

さらに、その頻度(regular定期的な)や、強度(practical手軽な)を示す形容詞も多く用いられます。

(3)training

用例1:My sister went to an elite prep school but I opted for vocational training instead.
(姉は名門の私立学校に入学したが、私はそうでなく職業訓練を選んだ。)
用例2:Formal training can help develop your talents.
(正式な訓練によって才能を伸ばすことができます。)
用例3:Basic training was the toughest part of my military training.
(基礎訓練が軍事訓練のうちで最もきつかった。)
用例4:Professional voice training is required if you want to be a professional singer.
(プロの歌手になりたいのなら、専門的なボイストレーニングが必要である。)
用例5:Military training might give your boy some much needed discipline.
(軍事訓練は息子さんに大いに必要とされる規律を与えてくれるだろう。)

「training」は、何かのプロになるために行う「訓練」を意味します。

ですから、職業に関係することを表す形容詞(vocational、professional、military)が多く用いられます。

また、訓練内容を形容する語(formal正式な、basic基礎的な)などもよく使われます。

point
drill:繰り返し行われる訓練
exercise:心身を鍛えるための行為
training:特定の仕事に必要な技術を習得すること

㊱計画

(1)project

用例1:Have you been involved in any ambitious projects lately?
(最近何か大掛かりな計画に携わっていますか?)
用例2:I am involved in a major research project now.
(現在大規模な研究プロジェクトに携わっています。)
用例3:Our company is working on a joint project with a Japanese firm.
(わが社は日本の企業と合同プロジェクトを行っている。)
用例4:I need a specific project to focus my energies on.
(エネルギーを傾ける具体的な計画が必要だ。)

「project」とは、組織が行う大規模なものから個人的な「計画」を意味します。

そして、目的達成のために長期展望をもって慎重に練り上げるというニュアンスを含みます。

(2)plan

用例1:What are your ambitious plans for after you graduate from college.
(大学卒業後はどんな大きなプランを立てていますか?)
用例2:Our company needs a strategic plan to increase sales.
(我が社には売り上げを増やすための戦略的な計画が必要だ。)
用例3:We are looking at a local plan to build another bridge across the bay.
(湾を横断する橋をもう1本作るという地元の計画に注目しています。)
用例4:Let’s put together a detailed plan for our trip.
(旅行の詳しい計画をまとめよう。)

「plan」は、一般的に幅広い文脈で使われますが、個人的な「計画」を言い表すのにも適しています。

(3)program

用例1:Our school has implemented several innovative educational programs in recent years.
(近年我が校では革新的な教育プログラムをいくつか実施してきた。)
用例2:UN Weapons Inspectors suspect that Iran has a nuclear program.
(国連の武器査察団はイランに核開発計画があるのではないかと疑っている。)
用例3:My personal trainer put me on an ambitious program to whip me into shape.
(担当教官は私を一人前に鍛え上げるために大掛かりな訓練計画を課した。)
用例4:Neveda’s State Treasurer announced a new economic program for 2019.
(ネバダ州の財務担当官が2019年度の新たな経済計画を発表した。)

「program」とは、国家あるいは機関、団体などが長期間にわたって行う重要な目的達成のための「計画」のことです。

(4)scheme

用例1:I’m confused about choosing an occupational pension scheme.
(どの企業年金制度を選べばいいか混乱しています。)
用例2:My company’s profit-sharing scheme pays employees for loyalty and performance.
(うちの社の利益分配制度では従業員の会社への忠誠と業務内容に対して報酬が出る。)
用例3:Let’s come up with a new scheme that might work better than the old one.
(従来のものよりもうまく機能しそうな新たな計画を考えよう。)
用例4:Dan and John have hatched an ambitious scheme to take over the world by age thirty.
(ダンとジョンは30歳までに世界制覇を果たすという野心的な計画を抱いている。)

「scheme」とは、政府や企業が行う公共事業などの「計画」です。

特定グループの人たちの援助を行うというニュアンスがあります。

point
project:ある期間を費やして達成される、細かく練られた計画
plan:個人的な「予定」を含む、幅広い計画を意味する
program:特に大掛かりな事業などの計画
scheme:組織だった計画

㊲傾向

(1)trend

用例1:Experts predict that oil prices will continue their downward trend through the fall.
(専門家は石油価格の下落傾向が秋いっぱい続くと予測している。)
用例2:IT salaries in India show an upward trend.
(インドのIT業界の給与が上昇傾向にある。)
用例3:The current trend of digital photography makes photography easier than ever.
(現在のデジタル写真の流行によって以前より手軽に写真を撮れるようになっている。)
用例4:Getting a “life coach” is a growing trend in the United States.
(米国では自分に「ライフコーチ」をつける傾向が高まっている。)
用例5:Going into the election, economic trend do not bode well for the Republicans.
(選挙に向けて、経済の動向は共和党にとって幸先がよいものではない。)

「trend」は、特定の個人ではなく一般の人々や社会的活動、集団がとる傾向を表します。

特に、現時点において、実際に変化している動向のことを示します。

ですから、その変動を表す形容詞(downward下向きの、upward上向きの、growing成長期の)がよく用いられます。

また現在進行中であることを示すためにcurrent(現在の)や、その種類を特定するためのeconomic(経済の)のような形容詞も使われます。

(2)tendency

用例1:There’s a growing tendency to criticize the government in Cuba.
(キューバで政府を批判する傾向が強まっている。)
用例2:Dogs have a natural tendency to sniff anything that moves.
(犬は生まれつき動くもののにおいをかぐ性向がある。)
用例3:Merle has a strong tendency to criticize things without doing anything productive himself.
(マールは自分では何も生産的なことをしないで物事を批判する傾向が強い。)
用例4:Delila has a marked tendency to blurt out inappropriate things.
(デライラはうっかり不適切なことを言う目立った傾向がある。)
用例5:Anthony has a general tendency to look on the bright side.
(アンソニーは概して楽観的だ。)

「tendency」は、他の人たちよりもその行動をとる傾向が多いという意味で用いられます。

特定の個人の行動や考え方の傾向も表すことができます。

ですからその傾向の強弱を表す形容詞(strong強い、marked目立った、general一般的な)が多く使われます。

(3)inclination

用例1:People have a natural inclination to seek power.
(人は生まれつき権力を求めがちだ。)
用例2:Gavin has a slight inclination to stick his nose in other people’s business.
(ガビンには他人のことに首を突っ込みたがるところがちょっとある。)
用例3:My personal inclination when I’m gambling is to quit when I’m ahead.
(儲かったらやめるというのが私のギャンブルの傾向だ。)
用例4:I suspect that George has romantic inclinations toward Lauren.
(ジョージはローレンが好きなんじゃないだろうか。)

「inclination」には、ある一定方式で行動したり、思考したりする傾向があるという意味があります。

tendencyと同様に強弱を示す形容詞(slightわずかな)が用いられますが、それ以外にも、具体的な内容を表す形容詞(personal個人的な、romanticロマンチックな、political政治的な)が多く使われます。

point
trend:行動や考え方の一般的な方向
tendency:性質上とりやすい傾向
inclination:特に精神的な傾向

㊳結果

(1)result

用例1:Jeremy’s injury was a direct result of putting too much weight on his knee.
(ジェレミーのけがの直接の原因は膝に体重がかかりすぎたことにある。)
用例2:Eugene got positive results from his workout regime.
(ユージーンは自分のトレーニング計画からよい結果を得た。)
用例3:I don’t think we can trust these experimental results.
(これらの実験結果は信用できないと思う。)
用例4:What was the final result of your exam?
(試験の最終結果はどうでしたか?)

「result」とは、過去の出来事や人の行動が引き起こす「結果」のことを意味します。

どのような結果なのかを説明する形容詞(direct直接の、positive良い)を多く使います。

またそれ以外にも、試合・試験・選挙の最終的な数値のことも意味します。

ですから、final(最後の)や、experimental(実験の)のような語が用いられます。

(2)effect

用例1:President Trump’s policies are having an adverse effect on the environment.
(トランプ大統領の政策が環境に悪影響を与えている。)
用例2:It looks like the cumulative effect of your lifestyle has finally caught up with your body.
(生活習慣が蓄積した結果、とうとう体に悪影響が出ているようだ。)
用例3:The literature of J.D. Salinger had a profound effect on me growing up.
(J.D.サリンジャーの作品は私の成長に深い影響を与えた。)
用例4:I’ve heard that consumption of omega-3 fatty acids can have a beneficial effect on mental health.
(オメガ3脂肪酸を摂ると精神の健康によい効果があるらしい。)
用例5:My increased vocabulary is a direct effect of reading more.
(語彙が増えたのはさらに読書したからに他ならない。)

「effect」も、過去の事柄や人の行動の影響によって引き起こされる「結果」を意味します。

resultと異なるのは、状況だけではなく、人物に対しても結果が影響を及ぼすという文脈で使われる点です。

よい結果にも悪い結果にも用いられるのが特徴的です。

(3)consequence

用例1:Increased unemployment is an inevitable consequence of IMF policies.
(失業が増えたのはIMFの政策から生じた当然の結果だ。)
用例2:Being a smoker had disastrous consequences on Michio’s body.
(ミチオは喫煙者だったので体にひどい影響が出た。)
用例3:I did not realize the adverse consequences of eating fast food every day.
(毎日ファーストフードを食べると悪栄養府が出ることを知らなかった。)
用例4:There will be serious consequences for you if you don’t turn in your homework.
(宿題を提出しないと大変なことになりますよ。)

「consequence」は、人の行動や判断などが引き起こした「結果」からのことですが、悪い結果を意味することが多いようです。

ですから、disastrous(ひどい)、adverse(有害な)などの形容詞を多く用います。

resultと異なるのは、状況だけではなく、人物に対しても結果が影響を及ぼすという文脈で使われる点です。

よい結果にも悪い結果にも用いられるのが特徴的です。

point
result:物事の最終的な結果
effect:原因がもたらす直接的な影響
consequence:特に悪い結果

㊴元気な

(1)vigorous

用例1:Vigorous exercise is good for the body and mind.
(活発な運動は心身によい。)
用例2:Senator Kerry ran a vigorous campaign but still narrowly lost the election.
(ケリー上院議員は活発な選挙活動を繰り広げたものの僅差で敗れた。)
用例3:The two candidates engaged in a vigorous debate about domestic and foreign policy issues.
(両候補は国内問題や外交政策をめぐり激しい論戦を繰り広げた。)
用例4:I’m excited about vigorous growth in the electronics industry.
(エレクトロニクス業界の急成長にワクワクしている。)
用例5:Sometimes vigorous action is the only answer to life’s challenges.
(唯一、積極的に動くことで人生の壁を乗り越えられる場合もある。)

「vigorous」は、「精力旺盛で生命感あふれる様子」を表します。

ですから、多大なエネルギーが必要になる行為(exercise運動、action行動)などを修飾します。

また、強い決意や決断が必要になる行為(campaign選挙運動、debate論戦)などにも多く使います。

ほぼ同じ意味で、「人」に対しても用いられる語にlivelyがあります。

(2)cheerful

用例1:Melinda always has a cheerful smile.
(メリンダはいつも楽しそうに笑っている。)
用例2:Hey Anita, was that your cheerful voice on my answering machine?
(ねえ、アニータ、留守電に入ってた元気な声、あれって君のかい?)
用例3:Remember to greet the guests in a cheerful manner.
(お客様には元気よく挨拶すること。)
用例4:This pub has a more cheerful atmosphere than that other one we went to.
(こっちのパブの方が前行った店より楽しそうな雰囲気だ。)
用例5:Nothing makes me happier than seeing my wife’s cheerful face in the morning.
(女房が朝機嫌のよい顔を見せてくれるほどうれしいことはないね。)

「cheerful」は、「陽気で楽しそうにしている」ことを示す形容詞です。

ですから機嫌のよさが表す表情や行動など(smile笑顔、voice声、manner振る舞い、atmosphere雰囲気、face顔)を修飾します。

(3)spirited

用例1:Candidate Kucinich gave a spirited defense of gay marriage in his speech.
(クシニッチ候補は演説の中で同性愛婚を強力に弁護した。)
用例2:The audience was moved by the spirited performance of the young Romanian gymnast.
(観客はルーマニアの若手体操選手が見せたはつらつとした演技に感動した。)
用例3:The leftist guerrillas put up a spirited resistance but were eventually defeated by the government forces.
(左翼ゲリラは強い抵抗を示したが、結局政府軍に敗退した。)
用例4:John Lennon’s high school friends remember him as a spirited teenager.
(高校時代の友人はまだ10代でやんちゃだった頃のジョン・レノンを覚えている。)
用例5:I have never met a woman as spirited as Emily.
(エミリーみたいに元気な女性って他にいないね。)

「spirited」は、vigorousと同様に、「活力に満ちあふれていて、威勢がよく活発である様」を描写します。

特に演技(performance)や人(teenager、woman)を形容する場合に用います。

事を遂行するにあたり、確固たる決意が必要な行為(defense弁護、resistance抵抗)に対しても用いられます。

point
vigorous:活力にあふれていること
cheerful:陽気な快活さ
spirited:旺盛な活力や活発さを称賛して用いる

㊵健康な

(1)healthy

用例1:It is important to develop healthy eating habits early in life.
(小さな頃から健康的な食習慣を身につけておくのは大事です。)
用例2:The Japanese are known for having healthy diets but lately I don’t think so.
(日本人は健康食を食べていると思われているけど、最近じゃそう思えないね。)
用例3:Sometimes it’s hard to lead a healthy lifestyle in the city.
(都会暮らしをしながら健康的なライフスタイルを保つのは難しいこともある。)
用例4:After eating fast food all day I’m really craving healthy food.
(1日中ファーストフード食べていると体にいい食べ物が本当に欲しくなるんだ。)
用例5:My wife and I just had a healthy baby boy.
(僕たち夫婦は元気な男の子を授かったばかりだ。)

「healthy」は、「健康な」という意味の一般的な単語です。

人を健康に保つための物(eating, food食べ物、diet食事、lifestyle生活様式)などを修飾します。

また、人間が健康であることを表すために用います。

(2)sound

用例1:My older brother Ron had sound advice for me when I entered college.
(兄のロンは僕が大学に入るときしごくまっとうなアドバイスをくれた。)
用例2:There is a sound basis behind the success of the startup company.
(そのベンチャー企業の成功の背景にはちゃんとした根拠がある。)
用例3:Do you have a sound reason for changing your major from business to art?
(専攻科目を商業から芸術に変えるほどのしっかりした理由があるんですか?)
用例4:It is sound practice to require users to input their usernames and passwords to access their private information.
(自分の個人情報にアクセスする際に、使用者にユーザーネームとパスワードを要求するのはまっとうなやり方だ。)
用例5:You need to have a sound mind and a healthy body to be a professional musician.
(プロの音楽家になるんだったら心身ともに健康じゃないといけません。)

「sound」は、法律用語として、精神(mind)が「健康である」という意味で多く用いられます。

しかしそれ以外にも、「確固とした」という意味を持ち、様々な抽象名詞(advice忠告、basis根拠・基盤、reason理由)を形容することができます。

(3)wholesome

用例1:I’d like to eat some god wholesome food.
(体にいいものが食べたい。)
用例2:My son does not seek out wholesome images on the Internet.
(うちの子はインターネットでろくな画像を見つけてこない。)
用例3:Playing in a marching band is good wholesome fun.
(マーチングバンドで演奏するのは実に健全な楽しみだ。)
用例4:I love the wholesome odor that fills the house when mom makes bread.
(母さんがパンを焼くとき家中一杯に漂う美味しそうな匂いが好きです。)

「wholesome」とは、道徳的に健全である、広く一般的に受け入れられる状態のことを意味します。

ですから、特に性的な描写や神聖なものを冒涜するような表現のないもの(image画像)を形容します。

また、有害な添加物が加えられておらず、健康を保つために摂取されるもの(food食べ物、odor匂い、water水)を形容する時にも用います。

point
healthy:「健康な」の意味の一般的な語
sound:悪いところがないという健全さ
wholesome:道徳的に健全であること

㊶検査

(1)examination

用例1:We’re going to have to carry out a detailed examination of how we got this point.
(この点に至ったプロセスを詳細に検討することとなろう。)
用例2:The exhaustive medical examination lasted almost five hours.
(精密検診が5時間近く続いた。)
用例3:A close examination of the side panel showed that it was in fact slightly warped.
(サイドパネルを詳しく調べてみると、実際わずかに反っていた。)
用例4:Mr. Moore usually has two written examinations in his class.
(ムーア先生の授業ではたいていペーパーテストが2回ある。)

「examination」は、「検査・試験」という意味ですが、何かを注意深く調査するというニュアンスがあります。

ですから、その慎重さや丁寧さを表す形容詞(detailed, close詳細な、careful注意深い)がよく用いられます。

また検査や試験の種類を表す形容詞(medical健康の、written筆記の)なども多く使われます。

(2)inquiry

用例1:I have been following the public inquiry by Lord Hutton investigating the circumstances surrounding the death of Dr. David Kelly.
(これまでデービッド・ケリー博士の死をめぐる事情などを調べるハットン卿の公式捜査チームに携わっておりました。)
用例2:A judicial inquiry in Alabama began today concerning one of its supreme court justices.
(ある最高裁判事に関する司法調査が本日アラバマで開始された。)
用例3:Try to avoid any fatal inquiries while you are gathering news in Afghanistan.
(アフガニスタンでの取材では命にかかわるような調査はどんなものでも避けるようにしなさい。)
用例4:Kenneth Starr’s independent inquiry into the Clinton’s real estate deals cost taxpayers thousands of dollars.
(クリントンの不動産取引をめぐるケネス・スターの独立調査には何千ドルもの税金が投入された。)

「inquiry」は、「調査」という意味で、何かの情報を集めるために、尋ねて調べるというニュアンスがあります。

ですから、様々な調査のタイプを示す形容詞(public、judicial、fatal、independent、official)が多く用いられます。

(3)inspection

用例1:I asked the mechanic for a close inspection of my car engine.
(整備士に車のエンジンを細かく点検してもらうよう頼んだ。)
用例2:Thorough nuclear inspection are held annually at the plant.
(施設では年に1度徹底した核査察が行われる。)
用例3:You should have regular inspections done on your car.
(車の定期点検をしてもらった方がいいよ。)
用例4:We are demanding a public inspection of his nuclear plant!
(この原発に公開査察を!)

「inspection」は、「検査」という意味で、examinationよりもさらに徹底的に調べ上げるという意味があるので、公的機関が詳細な査察を行う場合に用います。

ですから、nuclear(核の)やpublic(公的な)のような形容詞が多く用いられます。

また、精密な検査であることを示す形容詞(close細心の)や、頻度を表す形容詞(regular定期的な)が多く使われます。

point
examination:何かを発見するための注意深い調査
inquiry:特に悪いことに対する公式な調査
inspection:故障や規則違反がないかの検査

㊷心

(1)heart

用例1:There’s nothing I cherish more than the sinking hearts of New York Yankees fans.
(ニューヨーク・ヤンキースファンの気分が沈むことほどいいものはないね。)
用例2:Well bless your scared heart for helping me across the street!
(いやいや、道路を渡るのに手を貸してくれて本当に感謝します!)
用例3:Frank has had a broken heart since Louanne left him for another man.
(ロアンヌが他の男の元に走ってフランクは傷心している。)
用例4:I’ve had a heavy heart since hearing about Shirley’s death.
(シャーリーの死を聞いて私の心は沈んでいる。)

「heart」は、文字通りには「心臓」のことで、生体機能の中心であるのと同様に人格や個性の中枢を意味し、特に愛情や同情といった人間的な感情を象徴して使われます。

(2)mind

用例1:Abrielle has an open mind about most things.
(アブリエルはたいていのことには偏見がない。)
用例2:Open up your unconscious mind to the powers of the imagination.
(無意識の精神を想像力へ解き放て。)
用例3:Where does our conscious mind come from?
(意識はどこからくるのだろうか?)
用例4:Zoe and I have like minds when it comes to men.
(男に関して言えばゾーイと私は同じ考えを持っている。)

「mind」は、肉体に対する意識の働きを表し、特に理性や意思など知的活動や精神面の象徴となります。

(3)spirit

用例1:The Trinity is Father, Son and Holy Spirit.
(三位一体とは父なる神と子なる神と精霊である。)
用例2:Janice is convinced that evil spirit haunt this house.
(ジャニスは悪霊がこの家に取ついていると思い込んでいる。)
用例3:Jack and Jill have been kindred spirits since they went up the hill.
(山に登ってからというものジャックとジルは意気投合している。)
用例4:Claire was in high spirits after winning her first marathon.
(初マラソンで勝利してクレアは意気揚々としていた。)

「spirit」は、本来、「(三位一体における)精霊」「妖精」「幽霊」などの霊的存在を意味します。

そこから、比喩的な意味での「精神」や「魂」など、ある特定の心的態度を表します。

また、4番目の用例のように、感情の大きな抑揚を指して、高揚した気分や意気消沈した気分を表すことがあります(ただし複数形)。

3番目の用例のように「~の性質を持った人」の意味にも用いられます。

(4)soul

用例1:I believe that humans have an immortal soul.
(人間には不滅の魂があると信じている。)
用例2:Let that poor soul inside and give him something to eat.
(そのかわいそうな人を中に入れて、何か食べ物を上げなさい。)
用例3:Jerry was a lost soul until he met Maya.
(ジェリーはマヤに会うまではどうしていいかわからずにいた。)
用例4:The world of politics is too harsh for such a sensitive soul.
(こんな繊細な人に政治の世界はとても苛酷すぎる。)

「soul」は、本来、肉体に対する「魂」を意味し、そこから魂の具現たる人そのもの(poor soul、sensitive soul)を指す場合にも使われます。

物理的存在としてのbodyに対して、精神の拠り所の象徴となります。

point
heart:感情の中心としての心
mind:思考・認識・判断などの働き
spirit:肉体を越えた「精神」や「魂」
soul:精神が宿る場所としての心

㊸試みる

(1)try

用例1:I’m going to try my luck at the craps table.
((ギャンブルの)クラップスのテーブルで運を試してみる。)
用例2:Try that thing on and see how it looks.
(どんな風だかちょっとそれを着てみて。)
用例3:One of these days I’d like to try my hand at golf.
(そのうちにゴルフをやってみたいな。)
用例4:Now we are going to try an experiment involving sulfuric acid, ketchup and mice.
(これから硫酸とケチャップとマウスを使った実験を試みます。)
用例5:Let’s try a less capitulating approach in negotiations next time.
(次回の交渉ではもっと強気なアプローチを試みよう。)

「try」は、「試みる」という意味では最も一般的な語です。

luck、thing(運試しをする、試着する)などの結びつきからわかるように、特に努力を必要としない場合にも広く使われ、「結果がどうであれ試す」「とりあえず試してみる」というニュアンスを持ちます。

(2)attempt

用例1:Shane attempted suicide with a razor blade.
(シェーンは剃刀の刃で自殺を図った。)
用例2:We attempted a rescue but could not save the little girl.
(救出しようとしたが、その少女を助けることはできなかった。)
用例3:I took a deep breath before attempting the daunting task of cleaning my apartment.
(自分のアパート部屋の掃除というやっかいな仕事に挑む前に私は深呼吸した。)
用例4:I did not even attempt a smile when I made eye contact with Noriko.
(ノリコと目を合わせても私は笑おうともしなかった。)
用例5:Who would like to attempt analysis of this year’s election?
(誰が今年の選挙の分析をやってみたいですか?)

「attempt」は、tryよりもあらたまった語で、より大きな努力を要する場合に使われる傾向にあります。

suicide、rescue、taskなどは一般的な意味でも、明らかに大きな努力を要することがわかりますが、そうでない場合でも文脈上大きな努力が伴う場合には、attempt a smileのように使われます。

(3)test

用例1:The young researcher could not wait to test his hypothesis.
(その若い研究者は自分の仮説の検証をしたくてたまらなかった。)
用例2:The FDA (Food and Drug Administration) is testing the strength of this medicine.
(アメリカの食品医薬品局はこの薬の効果をテストしている。)
用例3:Scientists like to test their theories on rats.
(科学者はネズミで自分たちの理論を試すのを好む。)
用例4:This test is designed to test your cognitive ability.
(このテストは認識力の検査を意図している。)
用例5:We will test this well water before we drink it.
(飲む前にこの井戸の水を検査しよう。)

「test」は、文字通り「試験や実験で試す」ことを表し、そこから「テストする」「検証する」などの意味になります。

hypothesis、theoryなどの結びつきからわかるように、ふつう一連の理論的、あるいは科学的方法によって検証する場合に使われます。

point
try:「試みる」という意味の最も一般的な語
attempt:tryよりあらたまった語で、努力が強調される
test:基準を設けての検証

㊹答える

(1)answer

用例1:Answer the question before I break your neck!
(首の骨を折られる前に質問に答えろ!)
用例2:Just answer the query as best as you can.
(できるだけ質問に答えてください。)
用例3:Could somebody answer the phone?
(誰か電話に出ていただけますか?)
用例4:Answer calls for me when I’m away.
(私がいないときは代わりに電話に出てね。)
用例5:Hey Mike, could you answer the door?
(マイク、ドアに出てくれますか?)

「answer」は、質問や呼びかけに対して口頭、あるいは文書によって「返事、返答をする」の意味です。

「答える」「返事をする」という意味では最も一般的な語です。

phone、call、doorなどと結びついて、単に言葉で返事をするだけでなく、「電話に出る」「ドアに出る」などの日常的な行為を意味します。

(2)reply

用例1:I try to reply to letters within a week.
(1週間以内に手紙の返事を書くようにする。)
用例2:I replied to their debate by shrugging my shoulders.
(彼らの論争については(興味がないと)肩をすくめて答えた。)
用例3:The President replied to questions from the audience.
(大統領は聴衆からの質問に答えた。)
用例4:Please reply to the questionnaire and put it in the box.
(アンケート用紙に答えて箱の中に入れてください。)
用例5:The Senator replied to charges that he had evaded paying income taxes for years.
(その上院議員は何年間も所得税を支払っていなかったという非難に応戦した。)

「reply」は、answerよりあらたまった語で、letterがランキングのトップにきているよう、特に手紙の「返事を書く」という意味で使われます。

普通、answerが一般的な回答の意味で広く使われるのに対し、replyは質問や非難など、ある主張を伴う内容に対して回答することを表します。

したがって、その質問や非難などの内容に応えるという形でこちらの主張をすることを表し、質問や非難に「応じる」という意味合いになります。

(3)respond

用例1:Emergency workers must respond to calls immediately.
(緊急事態の処理に従事する者(警察、消防隊員など)は即座に電話に応対しなければならない。)
用例2:The D.J. never responds to requests so why bother calling him?
(そのDJは絶対リクエストに応じないんだから電話してもしょうがないよ。)
用例3:Emma is responding to treatment really well.
(エマへの治療はとても効果がみられる。)
用例4:Our job at Franklin Hospital is to respond to patient’s needs as best as we can.
(フランクリン病院での我々の仕事は患者の要求に最大限応えることだ。)
用例5:Mattel is responding to strong demand for its action figures by increasing production.
(マテル社は増産によりアクション人形の高い需要に応じている。)

「respond」は、元来「反応する」という意味です。

call、request、need、demandなどと共に用いて、特に相手からの呼びかけや要求などに対して、返答することが期待されている場合に使われます。

最初のcallは、文脈から緊急事態における電話の応対に対する要求度は高いことになります。

3番目の用例のtreatmentは「治療」の意味で、respond to treatmentで「治療の効き目が現れる」(治療に好反応を示す)の意味で使われます。

point
answer:「返答」の意味の一般的な語
reply:answerよりあらたまった語
respond:返答が期待されている場合の呼応

㊺断る

(1)refuse

用例1:I was refused permission to the bar because I didn’t have an ID with me.
(身分証明書を携帯していなかったのでバーに入るのを断られた。)
用例2:Bethany refused my offer, again.
(ベタニはまた私の申し出を断った。)
用例3:This club refused entry if you don’t have an ID card.
(当クラブではIDカードをお持ちでない方の入場はお断りいたします。)
用例4:I refused Wendy’s invitation to her birthday party because I know Alicia will be there.
(ウェンディーの誕生会に招待されたがアリシアが行くのを知っていたので断った。)
用例5:They refused my request for a free refill of coffee.
(タダでコーヒーのお代わりをもらおうとしたが断られた。)

「refuse」は、直接的で明確な拒絶を意味します。

相手からの申し出や提案、要求されている行為などに対して、それを受け入れないという確固たる意思表示を示す語です。

1番目の用例のように「refuse+人+もの」の形でも用いられます。

(2)reject

用例1:The city council rejected our proposal to build a carillon tower in the park.
(公園にカリヨンタワーを建設するという我々の案は市議会に却下された。)
用例2:Let’s reject the idea that we can’t do any better.
(これ以上うまくできないという考えは捨てよう。)
用例3:Steve Young rejected the initial offer that the San Francisco 49ers gave him.
((アメフトで)スティーブ・ヤングはサンフランシスコ・フォーティーナイナーズからの最初の申し入れを断った。)
用例4:I rejected my sister’s suggestion to rewrite the essay.
(作文を書き直したらどうかという姉の提案をはねつけた。)
用例5:I reject your argument because it is not based on sound reasoning.
(君の主張はしっかりした論証に基づいていないので受け入れられない。)

「reject」は、refuseより強い断固たる拒絶を表します。

ややあらたまったニュアンスを持つため、特に公的な意味の拒絶を指す場合に使われることが多くなります。

またrefuseと異なり、相手からの申し出や行為に対する拒絶に限らず、考えや主張(idea、argument)などに対しても使うことができます。

(3)decline

用例1:I declined her offer to drive me home.
(家まで車で送ってくれるという彼女の申し出を断った。)
用例2:I respectfully decline your dinner invitation.
(食事への招待は謹んで辞退させていただきます。)
用例3:The International Criminal Court declines jurisdiction in this matter.
(国際刑事裁判所はこの件の管轄を拒否している。)
用例4:Michael Jackson declined an interview from CBS.
(マイケル・ジャクソンはCBSのインタビューを断った。)
用例5:Jaden declined nomination to become president of the PTA.
(ジェイデンはPTAの会長になるよう推薦されたが辞退した。)

「decline」は、あらたまった場合に使う語で、特に、やんわりとあるいは丁寧に断ることを意味します。

したがって、用例からもわかるように、申し出や招待など、相手から提供されるものを断る場合に使われることが多くなります。

point
refuse:直接的で明確な拒絶
reject:refuseより強い拒絶
decline:丁重に断る

㊻殺す

(1)kill

用例1:Jesus Christ preached that killing people is a sin.
(イエス・キリストは人を殺すのは罪だと説いた。)
用例2:I was eighteen when I killed my first soldier.
(18歳で初めて兵士を殺した。)
用例3:Jack Owens is accused of killing his wife.
(ジャック・オーウェンズは妻殺害容疑で告訴されている。)
用例4:It’s OK to kill animals for food.
(食べるために動物を殺すことはかまわないと思う。)
用例5:I first killed a bird when I was ten years old.
(10歳に時に初めて鳥を殺した。)

「kill」は、「殺す」「生命を奪う」という意味の最も一般的な語です。

その内容に関してはなんら特定する意味を持ちません。

したがって、人にも人以外にも使い、また比喩的な意味でも用いられます。

用例にはありませんが、kill time(暇つぶしをする)という表現も覚えておきましょう。

(2)murder

用例1:Scott Peterson is on trial for murdering his wife.
(スコット・ピーターソンは妻殺害容疑で公判中だ。)
用例2:I had to take my sheets to the drycleaners after murdering my husband in bed.
(ベッドで夫を殺した後、シーツをドライクリーニング屋に持って行かなければならなかった。)
用例3:What kind of a creep would murder his mother?
(母親を殺すとは何て奴だ。)
用例4:The Oedipus Complex is when you have an unconscious wish to murder your father and sleep with your mother.
(エディプス・コンプレックスとは父親を殺し母親と寝たいという無意識の願望を持っていることだ。)
用例5:Dan Wilson is in jail for murdering his parents.
(ダン・ウィルソンは両親を殺したので刑務所に入れられている。)

「murder」は、人を「殺す」という意味です。

悪意を持って意図的に殺人を犯すことを表し、特にそれが違法に行われた場合に使われます。

例えば、戦場において敵を殺す行為はkillで違法にはなりませんが、降伏した捕虜を殺す行為はmurderで、国際法上は違法行為とみなされます。

(3)slaughter

用例1:Our machines can slaughter a flock of birds instantly.
(この機械を使えば即座にたくさんの鳥を殺せる。)
用例2:I could never bring myself to slaughter an animal.
(動物を殺そうと思ったことなど一度もない。)
用例3:Machines are the most efficient way to slaughter chickens.
(鶏を殺すには機械を使うのが一番効率的だ。)
用例4:Let me give you a tour of the slaughterhouse where we slaughter sheep.
(羊を解体処理する食肉処理所を案内しましょう。)
用例5:The terrorists ruthlessly slaughtered dozens of children.
(テロリストは情け容赦なく多くの子供を殺した。)

「slaughter」は、主に家畜や動物を食用にする目的などで解体処理することを意味します。

人を殺すという意味で使った場合は、人を野蛮な方法で「虐殺する」という意味になり、特にその暴力的な方法が強調されます。

point
kill:「殺す」という意味の最も一般的な語
murder:人を殺す
slaughter:家畜や動物を食用にする目的で殺す

英語類語を使い分けよう(さ行)に続く

英語類語を使い分けよう(あ行)

英語類語を使い分けよう

①あいまいな

(1)vague

用例1:I do not have a vague notion of where my parents keep anything in this house.
(両親が家のどこに何を保管しているかまったくわからない。)
用例2:Do you even have a vague idea of where we are?
(どこにいるのか漠然とでもわからないの?)
用例3:Sandra had an annoying habit of making vague promises.
(サンドラはいつもあいまいな約束をするので嫌だった。)
用例4:I’m under the vague impression that Malcolm doesn’t like me at all.
(マルコムは私のことを全然好きじゃないような気がする。)
用例5:I have a vague concept of how to put this thing together.
(どうやってこれをまとめたらいいかぼんやりとして考えは持っている。)

「vague」は、詳細な部分が定かではないため、全体像がぼんやりとしていて「あいまい」な様子を表します。

抽象的な概念を表す語(notion, idea, concept(概念)、impression(印象))やpromise(約束)などとともに使われます。

(2)ambiguous

用例1:Politicians intentionally use ambiguous words in their speeches so they won’t be held accountable for taking a stand on an issue.
(政治家は演説でわざとあいまいな言葉を使って、明確な態度表明の責任を回避している。)
用例2:Terrel’s ambiguous status at work made him uneasy.
(テレルは職場での地位があいまいなことに不安を感じた。)
用例3:Ralph had anambiguous position on nearly every major issue.
(ラルフは重要な問題のほぼすべてにあいまいな立場をとった。)
用例4:The ambiguous terms of this contract make me rather nervous.
(この契約書のあいまいな言葉遣いがとても不安だ。)
用例5:Don’t you think “compassionate conservative” has an ambiguous meaning?
(「思いやりのある保守」の意味はあいまいだと思いませんか?)

「ambiguous」は、さまざまな解釈ができるために、ある事柄が不明確となり、混乱を招くような場合に用いられます。

ですから、たくさんの意味や解釈を持つことができる言葉(word, term, meaning)や、人の立場(status, position)と強く結びつきます。

(3)obscure

用例1:I am unfamiliar with the obscure origins of the game croquet.
(クローケーのはっきりしない起源についてはよく知りません。)
用例2:My father is visiting Latvia for someobscure reason.
(父は何かはっきりしない理由でラトビアを訪れている。)
用例3:Kevin’s dream was to become an academic and write for anobscure journal.
(ケビンの夢は大学の先生になって、あまり知られていない雑誌に寄稿することだった。)
用例4:Matt has an obscure sense of humor.
(マットのユーモアの感覚は理解しがたい。)

「obscure」は、事柄が不明瞭なため、理解するのが困難であることを表します。

ですから、明確な定義付けを行うのが難しいもの(origin(起源)、reason(理由)、sense(感覚))などと一緒に用います。

またobscureには、「あまり人に知られていない」という意味もあり、journal(雑誌)、corners(片隅)などを形容します。

point
vague:詳細な部分が不明瞭
ambiguous:多様な解釈ができるために不明瞭
obscure:明確に理解することが難しい

②合う

(1)fit

用例1:A brush about this big should fit the bill perfectly for what we need.
(この大きさのブラシなら希望にピッタリだ。)
用例2:I’m looking for a key that fits this lock.
(この錠に合う鍵を探している。)
用例3:The profile that the police read fit the description of my assailant.
(警察が読み上げた特徴は私を襲った人物の人相書きに一致した。)
用例4:Greg fits the category of a strong leader.
(グレッグは有能なリーダーの適性を備えている。)
用例5:Lucia’s mood swings fit the pattern of manic depressive.
(ルシアの感情の揺れは躁うつ病のパターンと一致している。)

「fit」は、何か(特にサイズや形)に当てはまる、あるいは類似しているという意味です。

ですから、適合すべき対象(lock(鍵)、description(人相))や合致すべき範疇(category(適性)、pattern(パターン))を目的語とします。

ちなみに、fit the billで「条件を満たす」という意味になります。

(2)match

用例1:As a politician, your policies must match the needs of your constituency.
(政治家として、政策は支持者の要望に合うものでなければならない。)
用例2:I like to match the color of my pants to my tie.
(ズボンとネクタイの色を合わせるのが好きだ。)
用例3:I put on music that matches my mood.
(気分に合う音楽をかけた。)
用例4:Her experience does not match the requirement that we are looking for at Wal-Mart
(彼女の経験はウォルマートで求めている条件に合わない。)
用例5:The other wide receiver tried to match Jerry Rice’s patterns.
((アメフトで)もう1人のワイドレシーバーは(別のワイドレシーバーの)ジェリー・ライスと同じパターンで走ろうとした。).

「match」は、物の質や規格が等しい状態になることです。

ですから、何かを比較する場合などに必要となる判断基準(need(要求)、requirement(必要な条件))などを目的語とします。

また同じようなものが2つ揃うと、しっくりすると感じられる人間の感覚(color(色)、mood(気分))も、目的語として多く用いられます。

(3)suit

用例1:This electronic dictionary suits my needs.
(この電子辞書は私の必要にかなっている。)
用例2:I found a nice Italian restaurant that will suit your fancy tastes.
(あなたの高級志向に合う素敵なイタリア料理店を見つけました。)
用例3:My experience suits the requirement for this job.
(私の経験はこの仕事に必要な条件に合っています。)
用例4:I found the perfect tool to suit my purpose.
(目的に適うぴったりの道具を見つけた。)
用例5:That hat totally suits your style.
(その帽子は君のスタイルにピッタリだ。)

「suit」は、何かを行うために必要な質を備えており、都合がよいという意味です。

ですから、ふさわしいかどうかの判断を行う基準(need(要求)、requirement(必要な条件))を目的語とします。

また、自分にとって好ましく、ぴったりくるという状況を表現する場合にも使いますので、人間の感性(taste(志向)、style(スタイル))などと共に用いられます。

point
fit:形、大きさ、範疇などに適合する
match:同等の状態である
suit:要件を満たす

③明るい

(1)bright

用例1:Lack of exposure to bright light in the winter results in seasonal affected disorder (SAD) for some people.
(冬は十分に明るい光を浴びることがないため季節性情動障害になる人もいる。)
用例2:Bright colors match Yuko’s cheerful personality.
(明るい色がユウコの陽気な性格に合っている。)
用例3:I don’t look good in bright red because it accentuates my zits.
(鮮やかな赤の服はにきびを目立たせるので似合いません。)
用例4:Bright sunlight in Alex’s eyes prevented him from seeing the deer in the road.
(明るい日差しがアレックスの目に入り、路上のシカが見えなかった。)
用例5:I love the feeling of bright sunshine on my face.
(明るい日差しを顔に受けている感じが好きだ。)

「bright」は、光が満ち溢れていて、まぶしいほど「明るい」様子を表します。

ですから、光そのもの(light(光)、sunlight, sunshine(日差し))の明るさを形容します。

さらには、色(color(色)、red(赤))が非常に鮮明で、派手であることを表します。

(2)light

用例1:Light green and yellow are the only two colors I used in this painting.
(この絵では薄緑色と薄黄色の2色しか使っていません。)
用例2:I wear light colors when I’m riding my bike at night.
(夜自転車に乗るときは明るい色の服を着ます。)
用例3:My sister has light hair, especially in the summer.
(姉の髪の色は薄い。特に(日差しで脱色される)夏は。)
用例4:I’m thinking about dyeing my hair a lighter tone.
(髪をもっと明るい色に染めようかと思っています。)

「light」は色彩(green(緑)、color(色)、hair(髪色)、tone(色調))と結びつくことで、薄くて淡い色であることを表します。

(3)cheerful

用例1:How long can Anne hold that cheerful smile before her face cracks?
(アンはどのくらい明るい笑顔を崩さないでいられるだろう?)
用例2:There’s nothing like the sound of Kristie’s cheerful voice on the other end of the phone!
(電話の向こうのクリスティーの明るい声ほどいいものはない。)
用例3:I opened my cheap Christmas presents in a mockingly cheerful manner.
(わざとはしゃいで安物のクリスマスプレゼントを開けた。)
用例4:I love Irish pubs for their cheerful atmosphere.
(アイリッシュパブは雰囲気が明るいので好きだ。)
用例5:Tess has a cheerful face, even in the morning.
(テスは朝でも明るい顔をしている。)

「cheerful」は、色の明るさを表す場合ではなく、人間の態度や表情(smile(笑顔)、voice(声)、manner(振る舞い)、face(顔))が「明るい」という意味で使います。

さらには人間だけではなく、人を楽しませる場所や雰囲気(atmosphere)などに対して用いられます。

point
bright:光の明るさ、色の鮮やかさを表す
light:色の薄さ、調子の軽さを表す
cheerful:態度や雰囲気について用いる

④明らかな

(1)clear

用例1:Your recent weight gain is a clear indication that you need to change your diet and get more exercise.
(最近の君の体重増加は、食事内容を変えてもっと運動をする必要があるということをはっきりと示している。)
用例2:Charlie can’t seem to make a clear distinction between right and wrong.
(チャーリーは善悪を明確に区別することができないようだ。)
用例3:I still don’t have a clear understanding of why I’m here.
(私はまだ自分がどうしてここにいるのかよく理解していない。)
用例4:There is no clear evidence that this man is guilty of the crimes which he is accused of.
(この男が告訴されている犯罪で有罪であるという明らかな証拠はない。)
用例5:The pentagon has yet to issue a clear statement about the incident.
(米国国防総省はその事件についてのはっきりした表明をまだ出していない。)

「clear」は、ある事柄について自分の考えや理解が正しいという確信が持てる場合に使います。

ですから、その考えを確証づけるもの(indication(兆候)、evidence(証拠))、あるいは人の認識(distinction(識別)、understanding(理解))などを形容します。

(2)apparent

用例1:Their plane crashed due to an apparent lack of fuel.
(明らかに燃料不足で彼らの飛行機は墜落した。)
用例2:”Fighting to secure the peace” sounds like an apparent contradiction to me.
(「平和をもたらすための戦い」は私には明らかな矛盾に聞こえる。)
用例3:There is an apparent paradox between being Christian and anti-Semitic.
(キリスト教徒であることと反ユダヤ主義であることは明らかに矛盾をはらんでいる。)
用例4:I decided to work at a gas station for no apparent reason.
(これといった理由なしに私はガソリンスタンドで働くことを決めた。)
用例5:There’s an apparent discrepancy between what the company owes me and what actually got.
(会社が私に支払うべき金と私が実際に受けた金には明らかな食い違いがある。)

「apparent」は、名詞を修飾する形容詞としてはあまり使用しません。

しかし、明らかな矛盾(contradiction, paradox, discrepancy)や、明らかな理由(reason)を表す場合には用いられます。

またclearやobviousと比較すると、apparentはlack(不足)との結びつきが強いようです。

(3)obvious

用例1:My mom took up golf at age fifty for no obvious reason.
(私の母ははっきりした理由もなく50歳でゴルフを始めた。)
用例2:An apple falling from a tree is an obvious example of gravity.
(木から落ちるリンゴは重力の明白な例の1つだ。)
用例3:Herald Kearnes is the obvious choice to lead this company into the 21st century.
(ヘラルド・カーンズはこの会社を21世紀に導くのにもってこいの人物だ。)
用例4:The Englishman enjoyed an obvious advantage over the Taiwanese in the English debate.
(英語での討論ではそのイギリス人男性は台湾人より明らかに有利だった。)

「obvious」は、ある事柄がとても明快である状態を表します。

ですから、理解するのが簡単である対象(reason(理由)、example(例)、choice(選ばれし人物)、advantage(有利)、sign(兆候))などを形容します。

point
clear:確信が持てる
apparent:容易に認識できる
obvious:誰が見ても明白である

⑤あたたかい

(1)hot

用例1:Just put this packet of curry in hot water.
(このカレーパックをお湯に入れてください。)
用例2:It’s been a hot summer in Louisiana so far.
(今までのところ、この夏のルイジアナは暑い。)
用例3:I have trouble breathing the hot air in saunas.
(私にはサウナの熱気は呼吸しづらい。)
用例4:We’ve had unusually hot weather in Minneapolis this summer.
(ミネアポリスはこの夏異常に暑かった。)
用例5:Jiro takes a hot bath every night before he goes to bed.
(ジローは毎晩寝る前に熱い風呂に入る。)

「hot」は、温度が高くて「暑い」状態のことを表します。

ですから、人間が不快だと体感できるもの(summer(夏)、air(空気)、weather(天気))を形容します。

また「熱い」という意味もありますので、温度を測定することのできる液体(bath(風呂)、water(水))と結びつきます。

(2)warm

用例1:The crowd gave President Carter a warm welcome.
(群衆はカーター大統領を温かく歓迎した。)
用例2:Let’s take advantage of the warm weather and ride our bikes today.
(せっかくの暖かい天気だから、今日は自転車に乗ろうよ。)
用例3:When I was a kid my mom used to put warm water in a water bottle to keep me warm.
(私が子供の頃、母は温水を水筒に入れて私を温かくしてくれたものだ。)
用例4:Warm air rises, so stay low if you’re hot.
(暖かい空気は上昇するから、暑ければ低いところにいなさい。)
用例5:I’m going to move to a warm climate when I retire.
(退職したら温暖な気候のところに引っ越すつもりだ。)

「warm」は、温度がちょうどよいため、心地よく感じられる状態を表します。

ですから、hotと同様に体感できるもの(weather(天気)、air(空気)、climate(気候))を形容します。

また、人の心が感知することのできる温かさ(welcome(歓迎))についても使います。

(3)temperate

用例1:I enjoy living in a more temperate climate.
(より温暖な気候のところで快適に暮らしている。)
用例2:This species of plant flourishes in temperate latitudes.
(この植物種は温暖な地方でよく育つ。)
用例3:The temperate region where I live has four distinct seasons.
(私が住んでいる温帯地方にははっきりした四季がある。)
用例4:What effect will global warming have on plants and animals in the temperate zone?
(温帯に生息する動植物に地球温暖化はどのような影響をもたらすのでしょうか?)
用例5:This temperate forest has many deciduous trees that change color in the fall.
(この温帯林では秋になると紅葉する落葉性の樹木がたくさんある。)

「temperate」は、気候が「温暖である」という意味があります。

ですから、気候(climate)や、地域を示す語(latitude, region(地方)、zone(地帯)、forest(林))などと共に用いられます。

point
hot:暑い、熱い
warm:適度に暑い(熱い)
temperate:気候が温暖である

⑥ 集める

(1)collect

用例1:Hi, we are collecting signatures for a petition to ban the sale of semi-automatic rifles.
(こんにちは、半自動小銃の販売を禁止する申請の署名を集めています。)
用例2:Tyronne is collecting data on fruit flies for his genetics experiment.
(タイローンは遺伝学の実験のためミバエのデータを集めている。)
用例3:I’m collecting information from the Internet for my research project.
(研究課題のため私はインターネットから情報を集めている。)
用例4:My church went to the station to collect money for Tokyo earthquake victims.
(私の教会は駅へ行って東京の地震被災者のために募金活動をした。)
用例5:Collecting taxes must be a tough job.
(税金を徴収するのは大変な仕事に違いない。)

「collect」には、収集の目的をもって、違う場所にあるものを「集める」という意味があります。

ですから、取捨選択を行うながら収集する一連の情報(signature(署名)、data(データ)、information(情報))や、何らかの目的のために集金する金銭(money(お金)、tax(税金))と結びつきます。

(2)gather

用例1:The Falcons are gathering momentum as the playoffs approach.
((NFLの)ファルコンズはプレーオフが近づくにつれ勢いを増している。)
用例2:Give me a second to gather my wits before I go up on stage.
(ステージに上がる前に心を落ち着かせるために少し間をください。)
用例3:As a CIA agent I am trained to gather information discreetly.
(CIA情報員として私は用心深く情報を収集する訓練を受けている。)
用例4:The insurgency in Iraq seems to be gathering strength.
(イラクでの暴動は勢いを増しているようだ。)
用例5:Will government reforms in Japan ever gather pace?
(日本での政府改革はこれから加速するでしょうか?)

「gather」は、散らばってしまっているものを「寄せ集める」という意味があります。

精神的で抽象的なもの(momentum, strength(勢い)、wit(心)、information(情報))などを目的語として多く用います。

(3)assemble

用例1:I am confident that we will assemble an excellent team of engineers to make this project a success.
(私はエンジニア達からなるすぐれたチームを招集してこの事業を成功させる自信がある。)
用例2:Chip has assembled a nice collection of concert T-shirts over the years.
(チップは何年にも渡って集めているコンサートTシャツの素敵なコレクションを持っている。)
用例3:It took me a few days to assemble the components of this motorcycle.
(私はこのオートバイの部品を組み立てるのに数日かかった。)
用例4:I am currently assembling information related to my research project.
(目下私は研究課題に関する情報を集めている。)
用例5:Occupation authorities are trying to assemble an Iraqi army.
(占領軍当局はイラク軍を招集しようとしている。)

「assemble」は、ある目的のために組織化された方法で何かを一つの場所に「集結させる」ことです。

ですから、大勢の人間から構成されるもの(team(チーム)、army(軍))や、物の集合体やその一部(collection(コレクション)、component(部品))と共に使います。

point
collect:目的に沿って取捨選択して集める
gather:あちこちから寄せ集める
assemble:1つの場所に、あるいは一団として集結させる

⑦危ない

(1)dangerous

用例1:Alcohol is a dangerous substance if taken in large quantities.
(アルコールは大量摂取すると危険な物質である。)
用例2:Invading another country just because it has the capability to attack us sets a dangerous precedent.
(我々を攻撃する能力があるというだけで他国に侵入するのは危険の前例を作る。)
用例3:I got myself into a dangerous situation down at the club last night when I started dancing with someone else’s girl.
(昨夜は街のクラブで他人のガールフレンドとダンスを始めて危うい状況になった。)
用例4:Heroin is the most dangerous drug readily available on the streets of London.
(ヘロインはロンドンの路上で簡単に手に入る最も危険な薬物だ。)
用例5;High yield investments are a dangerous game to play.
(高利回りの投資は危険なゲームだ。)

「dangerous」とは、死を引き起こすような「危ない」状況を表します。

ですから、深刻な事態を招く可能性のある状況(precedent(前例)、situation(状態))や、あるいは人を死に至らす摂取物(substance(物質)、drug(薬物))と結びつきます。

(2)risky

用例1:The hikers found themselves in a risky situation when they tried to take a shortcut but got lost.
(ハイカーは近道をしようとしたものの道に迷ってしまい、気付いてみれば危険な状況になっていた。)
用例2:Doing research on right-wing nationalists is risky business.
(右翼の国際主義者を調査するのは危ない仕事だ。)
用例3:Putting that much money into real estate sure seems like a risky venture to me.
(不動産にそれほど多額の金をつぎ込むのは私には確かに危ない事業のように見える。)
用例4:I try to stay away from risky investments.
(危険な投資には手を出さないようにしている。)
用例5:Rock climbing is one of several risky activities that Andy does for fun.
(ロッククライミングはアンディが楽しみでやっているいくつかの危険な行為の1つだ。)

「risky」とは、リスクをあえて冒して行動すると「危険である」という意味です。

ですから、誤りが即、死につながりかねない状況(situation)、あるいは深刻な損害を出しかねない仕事(business(仕事)、venture(事業)、investment(投資))などに対して用います。

(3)hazardous

用例1:Hazardous waste should be handled in a way that does not poison the environment.
(有害廃棄物を扱う際には環境を汚染しないようにすべきだ。)
用例2:Hazardous chemicals should be legally disposed of.
(有害化学物質は法に従って処分すべきだ。)
用例3:This factory produces several kinds of hazardous substances.
(この工場では数種類の有害物質を製造している。)
用例4:We do not let just anyone handle our hazardous materials.
(有害物質には誰も手を触れさせないようにしている。)

「hazardous」は、対象物が「危険である」ということを表します。

特に、物質(waste(廃棄物)、chemical(化学製品)、substance, material(物質))などが有害であることを提示するときに使います。

また旅(journey)などが冒険的であって、危険であるという意味でもよく使われます。

point
dangerous:死のような深刻な事態を招く可能性がある
risky:あえて行えば損害などを出しかねない
hazardous:対象物そのものが「有害」「危険」である

⑧あやしい

(1)suspicious

用例1:I met Karen under suspicious circumstances when she was a political activist in Mexico.
(カレンがメキシコで政治活動家をしている頃、あやしげな状況の中で彼女に会った。)
用例2:Alex wondered whether jack had suspicious motives for joining the CIA.
(ジャックがCIAに加わるのは不審な動機があってのことだろうかとアレックスは思った。)
用例3:The clerk gave me a suspicious look when I walked in the door.
(ドアを入っていくと店員は疑いの目で私を見た。)
用例4:You cannot prosecute someone for having a suspicious mind.
(胡散臭い考えを持っているからといって人を起訴するわけにはいかない。)
用例5:A suspicious character carrying a squirt gun was reported outside of 7-11 last night at around 3 am.
(昨夜3時ごろセブンイレブンの外で水鉄砲を持った不審な人物が通報された。)

「suspicious」は、何かよくない「あやしい」状況を人に感じさせることを表します。

ですから、人と物のどちらに対してもそれがうさん臭い対象(circumstance(状況)、motive(動機)、look(一目)、mind(考え)、character(人物))であれば用いることができます。

(2)doubtful

用例1:The bar owner could tell that Aaron’s driver’s license was of doubtful validity.
(そのバーのオーナーはアーロンの運転免許証がどうやら偽物らしいとわかった。)
用例2:I suspected that his ID is of doubtful authenticity.
(彼の身分証が本物ではないのではないかと思っている。)
用例3:This vase is supposed to be authentic but I think it’s authentic but I think it’s of doubtful value.
(この花瓶は本物とされているがその価値は疑わしいと思う。)
用例4:This painting looks like an authentic Picasso but art appraisers say it is of doubtful origin.
(この絵は本物のピカソのように見えるが、美術鑑定家たちは素性が怪しいと言っている。)
用例5:Something about this $100 bill tells me that it’s of doubtful quality.
(この100ドル札の何かが、どうも偽札ではないかという感じを抱かせる。)

「doubtful」は、物の真偽が「あやしい」という意味です。

ですから、価値基準を示す単語(validity(合法性)、authenticity(真正)、value(価値)、origin(素性))と共によく用いられます。

(3)dubious

用例1:Chad got the dubious honor of “class airhead.”
(チャドは「第一級のばか」という不名誉を受けていた。)
用例2:Warren Moon has the dubious distinction of setting the NFL record for fumbles in a career.
(ウォーレン・ムーンはNFLの通算ファンブル記録達成というよからぬ栄誉をになっている。)
用例3:This contract is of dubious legality.
(この契約書の合法性は疑わしい。)
用例4:I had the dubious pleasure of interviewing a celebrity from jail.
(刑務所から出てきた著名人をインタビューするのは楽しいようなそうでないような感じだった。)

「dubious」は、何かが「よいこと」または「真実であること」を疑うという意味です。

ですので、名誉(honor)、楽しみ(pleasure)のような本来ならばよいことの前につけてそれが逆であることを示したり、合法性(legality)、罰則(penalty)のように本来は正しくなければならないことを打ち消したりします。

point
suspicious:不穏な状況を感じさせる
doubtful:真偽に疑念を抱かせる
dubious:真偽、物事のよさなどが疑わしい

⑨改める

(1)change

用例1:John changes his mind more than most people change their underwear.
(たいていの人が下着を取り替えるよりジョンの心変わりの方が多いくらいだ。)
用例2:I hate it when Maki changes the subject during a conversation.
(マキが会話の最中に話題を変えてしまうのは嫌だな。)
用例3:Lars changed his name from Chris to Lars when he was four years old.
(ラーズが元のクリスから今の名前に変えたのは4歳のときだった。)
用例4:Brad needs to change his attitude if he wants to stay in the band.
(バンドにいたいのならブラッドは態度を改めなくちゃ。)
用例5:Chameleons change color according to their surroundings.
(カメレオンは周りの状況に応じて色を変える。)

「change」は、「変える」という意味を持つ最も一般的な単語です。

抽象的なもの(mind(心)、attitude(態度))から、具体的なもの(subject(話題)、name(名前)、color(色))まで、非常に多岐にわたって使用できます。

(2)improve

用例1:Getting a bike has improved the quality of my life considerably.
(自転車を手に入れてからの生活の質がかなりよくなった。)
用例2:I find that making a “to do” list for the day really improves my efficiency.
(その日やらなくてはいけないことのリストを作ると能率がすごく上がる。)
用例3:We are always looking for ways to improve the performance of our Olympic athletes.
(私たちはオリンピック代表選手の成績を上げるためにはどうしたらいいのか常に考えている。)
用例4:How can we improve standards in school?
(どうやったら学校の教育水準が改善できるでしょうか?)
用例5:We improved productivity in the factory by increasing the number of loading forklifts.
(当社では積み込みに使うフォークリフトの数を増やして工場の生産性を上げた。)

「improve」は、「改める」ことによって、何かが向上するという意味があります。

ですから、改善の結果を確認することのできる指標(quality(質)、efficiency(効率)、performance(成績)、standard(水準)、productivity(生産性))を目的語として使います。

(3)revise

用例1:We convinced management to revise its opinion on cutting employee’s wages.
(会社側を説得し賃金カットに対する考えを改めてもらった。)
用例2:The insurance company revised its estimate after taking a look at the wrecked car.
(保険会社は大破した車を見ると見積もりを訂正した。)
用例3:Some Japanese people are apathetic to the debate over whether to revise the Japanese constitution.
(憲法改正議論に対して無関心な日本人もいる。)
用例4:Enron had to revise its accounts after its accounting scandal.
(エンロン社は会計疑惑を受け収支報告書の修正に追い込まれた。)

「revise」は、誤りが見つかったり、新規の情報が加えられたりしてそれまでのものを「修正する」という意味です。

ですから、指針や計画(opinion(考え)、estimate(見積もり)、constitution(憲法)、accounts(収支報告書)、policy(政策))などと共に多く用います。

point
change:「変える」という意味の最も一般的な語
improve:不足しているものを補うなどしてよりよくする
revise:訂正・追加を行って「修正する」

⑩異常な

(1)abnormal

用例1:The rats exhibited abnormal behavior after consuming cocaine.
(ネズミはコカインを吸った後異常な行動を示した。)
用例2:The doctor told me that I was born with an abnormal liver.
(私は肝臓に異常を抱えて生まれたのだと医者に告げられた。)
用例3:What are the causes of abnormal bladder function?
(膀胱機能の異常の原因は何ですか?)
用例4:I got abnormal results on my blood test.
(血液検査で異常な結果が出た。)
用例5:I’m upset by your seemingly abnormal pattern of behavior.
(あなたの異常と思える行動パターンに面食らっている。)

「abnormal」はnormal(正常)でない状態を表します。

「正しい」状態から逸脱しているために、それがよくない意味を持ち、「異常な」という意味になります。

正常であるべき身体に関する語彙(behavior、liver)、検査・結果(test、result)がおかしい場合などが典型例です。

(2)unusual

用例1:The most unusual feature of this guitar is that it has seven strings.
(このギターの最も珍しい特徴は弦が7本ついていることです。)
用例2:Jerry took the unusual step of his taking his depressed dog to a dog counselor.
(ジェリーはうつ状態の飼い犬を犬のカウンセラーに連れて行くという普通ではない方法をとった。)
用例3:Let me explain the unusual circumstances in which I met my wife.
(妻に出会った時の一風変わった状況をご説明しましょう。)
用例4:Wine and cereal sounds like an unusual lunch combination to me.
(昼食にワインとシリアルというのは私には変わった取り合わせに思える。)
用例5:Wayne Dwop took pride in his unusual name.
(ウェイン・ドゥウォップは自分の珍しい名前を誇りにしていた。)

「unusual」は、usual(通常)とは異なる状態を表します。

大抵はそうであるという予想や期待とは違っているというニュアンスですから、特に悪い意味はありません。

したがって、「(通常とは違って)珍しい、変わった」などの意味になります。

(3)extraordinary

用例1:Winning the Tour de France six times in a row is an extraordinary achievement!
(ツールドフランスに6回連続で優勝するのはとてつもない偉業だ!)
用例2:One of the extraordinary things about Tokyo is that it has rebuilt itself after several devastating disaster.
(東京の驚くべき点の1つは、何度かの壊滅的な災害から復興していることだ。)
用例3:He showed an extraordinary degree of poise throughout trial.
(彼は裁判の間中、驚くほどの落ち着きを見せていた。)
用例4:I was moved by Jessica’s extraordinary story of bravery in battle.
(ジェシカによる、戦闘における勇敢さについての驚くべき物語に感動した。)
用例5:Matt has extraordinary talent for languages.
(マットは言語について並外れた能力を持っている。)

「extraordinary」は、ordinary(普通)ではあり得ない状態を表します。

特に、際立って普通とは異なっていることを強調し、「まれな、非常に変わった」という意味になります。

point
abnormal:正しい状態ではない
unusual:普通とは異なる
extraordinary:際立って普通とは異なる

⑪いつもの

(1)usual

用例1:Let me show you the usual methods of drumming before showing you some unorthodox techniques.
(型破りなテクニックを披露する前に通常のドラム奏法をお見せしましょう。)
用例2:Frank is evidently back to his usual self.
(フランクは明らかにいつもの自分に戻っている。)
用例3:The usual manner of cleaning out a pumpkin is using a serrated spoon.
(カボチャの中身をすっかり取り除く普通の方法はのこぎりの歯状のスプーンを用いることです。)
用例4:The usual way to hold a cigarette is between your index finger and middle finger.
(普通のタバコの挟み方は人差し指と中指の間です。)
用例5:Wearing veils is still usual practice for Iranian women.
(ベールを身につけることは依然としてイラン人女性にとって慣例である。)

「usual」は、「習慣的な」「常習的な」という意味で最も一般的に使われる語です。

「通常の、普通の」状態を表し、特に方法(method、manner、way)に関する語がよくきます。

(2)customary

用例1:The recognition of Aboriginal customary laws is a step toward respecting their culture.
(オーストラリア原住民の慣習法を認めることが彼らの文化尊重に向けての一歩である。)
用例2:It is customary practice for the oldest son’s wife to take care of her mother-in-law.
(長男の妻が義理の母親の面倒を見る習わしである。)
用例3:The Makah Indians have a customary right to this land.
(アメリカ先住民族のマカ族にはこの土地に慣習上の権利がある。)
用例4:In Japan bowing is the customary manner of greeting people.
(日本ではお辞儀は挨拶の慣習的な作法です。)
用例5:Allow me to start in the customary way.
(いつものやり方で始めさせてください。)

「customary」はcustomの派生語ですから、特に、共同社会が持っている慣習や習わしなどに対して使います。


(3)habitual

用例1:It looks like some raccoons have taken up habitual residence in our garage.
(いつもうちの車庫に巣を構えるアライグマがいるようだ。)
用例2:Leon has been a habitual criminal ever since his first crime as a teenager.
(10代で犯罪に手を染めてからこの方、レオンは犯罪の常習者になってしまった。)
用例3:Carl has been a habitual drinker since adolescence.
(カールは青年期からずっと常習的な酒飲みになってしまった。)
用例4:Suzuki is a habitual offender with a criminal record.
(スズキは前科のある常習的な犯罪者である。)
用例5:The chiropractor pointed out that my habitual way of sitting was bad for my health.
(私のいつもの座り方が健康に悪いのだとカイロプラクティックの先生は指摘した。)

「habitual」はhabitの派生語ですから、個人的・個別的な「習慣、習性」を持つものに対して使います。

point
usual:特に変わったところがない
customary:一般的慣例に従っている
habitual:個人的な慣習についていう

⑫衣服

(1)clothes

用例1:I prefer to wear plain clothes, even to nice restaurants.
(立派なレストランにだって普段着で行きたい。)
用例2:The undercover officer wore civilian clothes on assignment.
(おとり捜査の警官は仕事で私服を着た。)
用例3:I always wear casual clothes at home.
(家ではいつもカジュアルな服装をしています。)
用例4:I have a big pile of dirty clothes in the corner of my room.
(部屋の隅には汚れた服が山積みになっている。)
用例5:I don’t have any clean clothes to wear to school.
(学校に着ていく汚れていない服が一着もない。)

「clothes」は、常に複数形で用いて、「衣服」を表す最も一般的な語です。

したがって、plain、civilian、casualとの結びつきが示すように、個別の服というよりも、一般的な服という概念を表す意味になります。

(2)dress

用例1:Hannah looked so good in that fancy dress.
(仮装用の服を着たハンナはとても素敵に見えた。)
用例2:Veronica looks hot in that black dress.
(ベロニカは黒いドレスをまとってセクシーだった。)
用例3:Honey, I can’t find my favorite blue dress.
(あなた、お気に入りの青いドレスが見つからないの。)
用例4:Jennifer spilled red wine on her white dress.
(ジェニファーは自分の白いドレスに赤ワインをこぼした。)
用例5:Where did you get such a pretty dress?
(そんな可愛い服どこで買ったの?)

「dress」は、特に、女性が身につける「衣服」を表します。

それで形容詞もドレスを褒める言葉(fancy、pretty)や、ドレスの色を表す語がよく結びつきます。

(3)clothing

用例1:Construction workers wear protective clothing so they won’t get hurt.
(建設作業員たちはケガをしないように防護服を着ます。)
用例2:Make sure to take outdoor clothing with you on the hike.
(ハイキングには必ずアウトドアウェアを持って行きなさい。)
用例3:I should have brought some warm clothing with me.
(暖かい衣類を持ってくるべきだった。)
用例4:Food preparation workers should pay attention to the cleanliness of their outer clothing.
(食品の調製作業者たちは上に着る衣類の清潔さに注意を払うべきである。)
用例5:Do you think I’ll need waterproof clothing for the trip?
(その旅行には防水服が必要だと思いますか?)

「clothing」は、「衣服」全般を表します。

clothesよりもフォーマルなニュアンスを持ちます。

人が身につけるものを包括的に意味する集合名詞で、複数形はありません。

数える場合は、a piece (an item, an article) of clothingのように表します。

特に、ある特定の種類の「服、服装」(protective (waterproof) clothing)を表す場合や、帽子や手袋などの小物類や装備品一式を含む場合に使います。

point
clothes:「衣服」を表す最も一般的な語
dress:特に、女性の衣服
clothing:「衣類」全体を幅広く表す、clothesよりもあらたまった語

⑬意味

(1)meaning

用例1:When I say that I’ve made sacrifices, I’m talking about the literal meaning.
(犠牲を払ったというのは文字通りの意味だ。)
用例2:What is the precise meaning of the word “secular?”
(secularという言葉の厳密な意味は?)
用例3:Ceremonies performed by the Imperial House-hold Agency have a largely symbolic meaning.
(宮内庁が行う儀式にはかなり象徴的な意味がある。)
用例4:Lexical meaning is the meaning of a word that depends on the nonlinguistic concepts it is used to express.
(言葉の語彙的意味とは言葉が表現する言語学的ではない概念によって決まる意味のことだ。)
用例5:The word “liberal” has a different meaning in the US than it does in the UK.
(liberalという言葉の意味はアメリカとイギリスでは違う。)

「meaning」は「意味」を表す最も一般的な語です。

言葉の表面的な意味(literal、precise、lexical)に限らず、記号や声明などが表す暗示的な意味(symbolic)に対しても使います。

(2)significance

用例1:There is no statistical significance to Bush’s lead in the polls.
(世論調査におけるブッシュの優位に統計上の有意性はない。)
用例2:His visit to Yasukuni shrine is of great symbolic significance.
(彼の靖国神社参拝は大きな象徴的意味を持つ行為だ。)
用例3:There is great significance to tonight’s Presidential debate.
(今夜の大統領候補討論会は重要な意味を持っている。)
用例4:There is particular significance in Mr. Tanaka’s gain in support from married women.
(田中氏が既婚女性の支持を伸ばしたことには特別な意義がある。)
用例5:I think there’s a special significance to Wilbur’s decision to become a vegetarian.
(ウィルバーがベジタリアンになろうと決めたのには特別な意味があると思う。)

「significance」は「重要な意味」を表し、特に一見しては分からないような場合に使い、そこから「意義」「重要性」という意味で用います。

(3)sense

用例1:Do you believe in heaven and hell in a literal sense?
(文字通りの意味での天国や地獄の存在を信じますか?)
用例2:Ron isn’t a “collector” in the strict sense of the word but he has a few nice paintings.
(ロンは厳密に言えば「収集家」ではないが、いい絵を数点持っている。)
用例3:In a broader sense, this tragedy has brought people all over the world closer together.
(より広い意味では、この惨事は世界中の人々の距離をより近しいものにした。)
用例4:I was never scared in the real sense of the term but I certainly was nervous before the show.
(言葉の本当の意味で恐かったわけでは決してないが、確かにステージに出る前は緊張した。)

「sense」は「感覚」という意味で幅広く使われる語ですが、「(単語の)意味、語義」の意味でも使います。

the sense of this wordは、この単語の字義通りの(辞書に載っている)意味の1つを表します。

これに対して、the meaning of his wordsと言えば、彼が言わんとしていることを指し、言葉の裏の意味や行間に込められた意味のことを表します。

point
meaning:「意味」を表す最も一般的な語
significance:意義、重要性
sense:言葉の特定の意味

⑭打つ

(1)hit

用例1:The story hit the headlines as soon as it before.
(その小説は出版されるやいなや評判になった。)
用例2:Try to hit the ball to leftfield.
(ボールをレフトに打つようにしなさい。)
用例3:Reggie Miller hit a shot with one second left to win the game.
(レジー・ミラーが残り1秒でシュートを打って試合に勝った。)
用例4:The simple object of this game is to hit the target as many times as you can.
(このゲームの目的は単純で、できるだけ多く的に命中させることだ。)
用例5:I hit the ground as soon as I heard gunshots.
(銃声を聞くやいなや地面に伏せた。)

「hit」は「打つ」「叩く」という意味で、物理的、抽象的な接触を表し、動作の力強さや素早さが強調されます。

また、hit the groundは口語的表現で、「(危険を避けるために)地面に伏せる」という意味を表します。

(2)beat

用例1:Mom beat eggs with a fork while I set the table.
(母はフォークで卵をかき混ぜ、私は食卓の用意をした。)
用例2:Beat the drum as hard as you can.
(ドラムをできるだけ強く叩け。)
用例3:Ichiro beat George Sisler’s record for hits in a single season.
(イチローはジョージ・シスラーのシーズン安打記録を破った。)
用例4:Reporters are beating a path to Brad Pitt’s door.
(レポーターたちがブラッド・ピットの家につめかけている。)
用例5:The caged canaries beat their wings in vain.
(かごの中のカナリアはむなしく羽ばたきをした。)

「beat」も「打つ」「叩く」という意味です。

特に、規則的で反復的な動作を表し、太鼓(drum)などを「打ち鳴らす」、食材(egg)などを「かき混ぜる」、波が崖などに「打ち寄せる」、足などで地面を「踏み固める」などの意味にもなります。

また、「(相手を)打ち負かす」という意味を持ち、そこから記録などを「(打ち)破る」という意味でも使われます。

(3)strike

用例1:Howard Dean’s anti-war message struck a chord with many people in the Democratic party.
(ハワード・ディーンの反戦メッセージは多くの民主党支持者の共感を得た。)
用例2:Allegations of an extra-marital affair struck a blow to Michael’s mayoral campaign.
(不倫疑惑がマイケルの市長選に打撃を与えた。)
用例3:I’m still trying to strike a balance between work and play.
(相変わらず仕事と遊びをうまく両立させようと努力しています。)
用例4:Strike a cute pose and I’ll take your picture.
(かわいいポーズを取ってみて、写真を撮るから。)
用例5:I’ll strike a bargain with you on a brand new Chevrolet.
(シボレーの新車で手を打つことにしよう。)

「strike」は、hitより堅い用法で、「打つ」「打撃を与える」という最も一般的な意味になります。

しかし、名詞と結びついて、strike a chordは「相手のchord(弦)を打ち鳴らす」から「共鳴させる」の意味で「共感を得る」、strike a blowは「(相手に)打撃を与える」、strike a balanceは「(両者の)バランスをとる、両立させる」、strike a poseは「ポーズをとる」、strike a bargainは「手を打つ、取引する」など、様々な表現でも用いられます。

point
hit:ねらって打つ
beat:続けざまに叩く
strike:特に、強く叩く

⑮訴える

(1)accuse

用例1:The prosecutor is accusing Scott Peterson of murdering his wife.
(検察官がスコット・ピーターソンを妻殺害の容疑で告訴している。)
用例2:A city council member is accusing the mayor of corruption.
(市議会議員が市長を汚職で告発している。)
用例3:Senator Barr was accused of involvement with a racist organization.
(バール上院議員は人種差別団体に関与したとして訴えられた。)
用例4:I have been accused of a crime that I did not commit!
(無実の罪で告訴されているんだ!)
用例5:My ex-husband accused me of an assault on his well-being.
(前の夫が生活の安寧を脅かされたとして私を告訴した。)

「accuse」は「訴える、告訴する」という意味で、「accuse+人+of+犯罪行為」の構文で「ある犯罪行為について人を告訴する」という意味で使います。

各用例を見ると、sueよりも深刻重大な犯罪が多いようです。

(2)sue

用例1:Richard Perle’s lawyers advised him not to sue for liberal.
(リチャード・パールは弁護士に名誉毀損で訴えないように助言された。)
用例2:I’m suing the airline for damages from the food poisoning I got from the airplane food.
(機内食で食中毒になったので航空会社に対して損害賠償訴訟を起こしています。)

用例3:Who do you sue for defamation on the web?
(ウェブ上の中傷発言で誰を訴えるのですか?)
用例4:The family of a Detroit girl who was raped is suing the school for negligence in failing to protect her.
(レイプの被害にあったデトロイトの少女の家族は、保護を怠った過失責任で学校を訴えている。)
用例5:Contractors sued the construction company for breach of contract.
(請負業者が契約違反で建設会社を訴えた。)

「sue」は特に、名詞とのコロケーションに表れているように、人に損害を与えた行為に対して「損害賠償の訴えを起こす」という意味になります。

「sue(+人)+for+損害を与えた行為」のように使います。

sueの後の名詞は個人的に受けたダメージに関する語が多いようです。

(3)prosecute

用例1:We are prosecuting the defendant for the offense of plagiarism.
(我々は被告を剽窃の罪で訴えている。)
用例2:Does the first amendment prevent us from prosecuting artists for obscenity?
(米国憲法修正第一条のせいで芸術家をわいせつ罪で告発できないのだろうか?)
用例3:This court prosecutes you, Jason Reeves, for theft of public property.
(当法廷において公共財産窃盗のかどで、あなた、ジェイソン・リーブズの訴追を行います。)
用例4:I wish I could prosecute my neighbor for cruelty to animals.
(隣人を動物虐待で訴えられればいいのだが。)
用例5:Will the International Criminal Court prosecute Saddam Hussein for his crimes?
(国際刑事裁判所はサダム・フセインを犯罪行為で起訴するだろうか?)

「prosecute」は、裁判のための法的手続きを取るという公式的な行為を表し、「起訴する、告発する」という意味になります。

人も犯罪行為も目的語にとりますが、主に「prosecute+人+for+犯罪行為」の構文で用います。

point
accuse:犯罪行為について人を告訴する
sue:損害賠償を求めて訴えを起こす
prosecute:裁判のための法的手続きをとる

⑯運

(1)luck

用例1:A run of bad luck left Chester divorced and unemployed.
(不運が続いてチェスターは妻と別れ、仕事を失った。)
用例2:Good luck with all those papers you need to write in the next few days!
(あと数日で書かなければならないそれらの論文がすべてうまくできますように!)
用例3:It was sheer luck that I ran into my brother downtown last night.
(昨夜弟とダウンタウンでばったり会ったのはまったくの偶然だった。)
用例4:Deron had a string of hard luck when he lost his job and his wife left him.
(デロンは職を失い妻が彼の元を離れる不運の連続に遭った。)
用例5:Last week I had a run of rotten luck when I lost my car keys one day and my wallet a few days later.
(先週はある日車の鍵をなくし、数日後には財布をなくすという不運が続いた。)

「luck」は、良い意味にも悪い意味にも使う場合(bad luck、good luck)と、「幸運」の意味で使う場合があります。

いずれも「運」「運命」「偶然の出来事」などの意味合いになり、人生を左右するような偶然の力や、その結果起こった出来事を表します。

(2)chance

用例1:There’s a good chance that I won’t be coming home for Christmas this year.
(今年のクリスマスは家に帰らない可能性が高い。)
用例2:There’s little chance that I’ll get to play in the game today.
(今日の試合に出られるチャンスはほとんどない。)
用例3:Tonight is the only chance I have to see her before I leave.
(今夜が出発前に彼女に会える唯一のチャンスだ。)
用例4:She doesn’t have a realistic chance of winning the election.
(彼女には選挙に勝てる現実的な見込みはない。)
用例5:There’s a fair chance that I won’t be making it to your school play.
(あなたの学校の劇を見に行けそうにない。)

「chance」は、幸運または、偶然によって生じた「機会、好機」の意味になります。

また、単なる「可能性」(good chance)の意味でも使います。

(3)fortune

用例1:We had the good fortune to meet in our local church over thirty years ago.
(私たちは30年以上前に地元の教会で出会うという幸運に恵まれた。)
用例2:I had the ill fortune of running into my ex-wife at the opera last weekend.
(運悪く、先週オペラで前の妻とばったり会った。)
用例3:Randolph made a bloody fortune from his investments in weapon manufacturing companies.
(ランドルフは兵器製造会社に投資して金をがっぽり稼いだ。)
用例4:My grandfather made a great fortune as a media entrepreneur in the 1930’s and 1940’s.
(祖父は1930年代と1940年代にメディア企業を立ち上げて大きな財産を作った。)

「fortune」は、luckより堅い語で、同様に「運、運命」の意味です。

また、make a fortune(財を成す)のように、「財産」の意味でも使います。

point
luck:偶然のめぐり合わせ、または幸運
chance:運よく起こる状況
fortune:「運、運命」を表すやや堅い語

⑰永遠の

(1)eternal

用例1:How dare you question the eternal verity of the old testament!
(旧約聖書の永遠の真理を疑うというのか!)
用例2:Eternal life is god’s gift to man according to the gospels.
(福音によれば永遠の生命は神から人間へと授けられるものだ。)
用例3:For centuries human beings have been looking for the secret to eternal youth.
(何世紀もの間、人は永遠の若さを得る秘訣を探し求めている。)
用例4:People call Rome the eternal city.
(ローマは永遠の都と呼ばれている。)
用例5:I have faith in the eternal love of God.
(私は神の永遠の愛を信じている。)

「eternal」は、「永遠の」という意味で、「始まりも終わりもなく、永遠に存在する」というニュアンスがあります。

ですから、eternal verity (life)などのように普遍的なものや、eternal youth (city、love)のように終わりがなく、永遠に存在するものを表します。

(2)everlasting

用例1:If we accept the gospel of Jesus Christ we can have everlasting life.
(イエスキリストの福音を受け入れれば永遠の生命を手に入れられるかもしれない。)
用例2:There’s nothing like the everlasting love of a mother.
(母親の永遠の愛に及ぶものはない。)
用例3:I hope that death gives my troubled friend everlasting peace.
((葬式などで)友人は悩みを抱えていたが、死によって永遠の安らぎが得られればと思う。)
用例4:I wish the two of you everlasting happiness.
((結婚式で)お二人が永遠に幸せでありますように。)
用例5:My last trip to the opera with dad became an everlasting memory.
(父と最後に行ったオペラは忘れられない思い出となった。)

「everlasting」は、lasting forever(永遠に続く)という意味です。

eternalと同様に「永遠の」という意味ですが、やや堅い語です。

特に、宗教的な文脈で使われることが多く、「死後も続く」というニュアンスを持ちます。

(3)permanent

用例1:Cynthia has been our permanent secretary since 1994.
(シンシアは1994年より常勤の秘書を務めている。)
用例2:If we cut the trees down here this place will become a permanent grassland.
(このあたりの木を切り倒せばこの場所は永久に草地となるだろう。)
用例3:This area became permanent pasture after some of the grass grew back after the forest fire.
(この地域は森林火災の後に再び生えてきた草があり、永年放牧地となった。)
用例4:Sorry, we aren’t hiring any permanent staff at the moment.
(残念ながら現在のところ常勤職員を雇う予定はありません。)
用例5:Japan wants to become a permanent member of the UN Security Council.
(日本は国連安全保障理事会の常任理事国入りを望んでいる。)

「permanent」は、「将来も続く」「終生の」の意味で、それが今後も変わらずに続くことを表します。

そのため、「常勤」の仕事を表す場合(secretary、staff、member)などにも使われます。

これに対する「一時雇いの」という意味には、temporaryを使います。

point
eternal:始まりも終わりもない
everlasting:永遠に続く
permanent:変わらずに続く

⑱選ぶ

(1)choose

用例1:I try to choose a moment every day to sit down and meditate.
(私は座って黙想する時間を毎日とるようにしている。)
用例2:Let’s choose a route that will get us there the fastest.
(一番早くそこに着く道を選ぼう。)
用例3:Choose an option that suits your needs.
(ニーズに合うものを選びなさい。)
用例4:Choose a word that begins with the letter “W.”
(Wの文字から始める単語を選びなさい。)
用例5:Choose a subject that your students would be interested in discussing.
(生徒が議論をしたくなるテーマを選びなさい。)

「choose」は、複数の可能性の中から好ましい物1つに決めるという行為を表し、「選ぶ」という意味では最も一般的な語です。

(2)select

用例1:Select an option that suits your family‘s vacation needs.
(ご家族の旅行の要望に沿うものを選んでください。)
用例2:I have faith in the American people to select a candidate who is up to the task of leading our country.
(私はアメリカの国民が国を指導するという職務に適任の候補者を選ぶと信じている。)
用例3:It’s hard to select a remedy with so many options.
(選択肢が非常にたくさんあって1つの治療法を選ぶのは難しい。)
用例4:The first thing you need to do is select a module for a computer.
(最初にしなければならないことはコンピュータ用のモジュールを選ぶことだ。)
用例5:How do we go about selecting a sample of people for the survey?
(調査用に人々のサンプルをどのように選んでいくのですか?)

「select」は、複数の選択肢の中から適していると思われるもの、最もよいものを選び出す行為を表します。

chooseより堅い語で、「慎重に考えて選ぶ」という意味になります。

choose an option…は、選択肢の中(ニーズに合うと思われるもの)どれか1つに決めるという行為を表し、その結果(選ばれたもの)が強調されます。

select an option…は、選択肢の中のどれが最も要望に合うかを吟味して選ぶという行為を表し、その結果と同様に選択の過程(選択作業)が重要な意味を持ちます。

(3)elect

用例1:The American people elect a president every four years.
(アメリカの国民は4年ごとに大統領を選んでいる。)
用例2:Tomorrow Kosovans will elect a parliament.
(明日コソボでは議会選挙が行われる予定だ。)
用例3:We needed to elect the members of the Board of Directors at that meeting.
(その会で役員会のメンバーを選出しなければならなかった。)
用例4:The Ukrainian people have had trouble electing a leader.
(ウクライナの国民は指導者を選ぶのに苦労した。)
用例5:We elect state representatives every two years.
(州議会議員を2年ごとに選ぶ。)

「elect」は、選挙によって代表者を選ぶことを表し、「選出する」という意味です。

したがって、目的語になる名詞は、個人(leader)、役職(president)、組織(parliament)など、人を表すものです。

point
choose:複数の中から意思によって好きなものを選ぶ
select:適切なものを慎重に考えて選ぶ
elect:選挙によって選ぶ

⑲追う

(1)follow

用例1:We followed the path along the river bank.
(川の土手沿いの道をたどった。)
用例2:It was hard to follow the lead of the conductor from where I was sitting in the back row of the orchestra.
(私の座っていたオーケストラの後ろの列からでは指揮者の指揮についていくのは大変だった。)
用例3:The criminal seemed to follow a pattern when committing crime.
(その犯人は犯罪を犯す際にはある手本を踏襲しているようだった。)
用例4:Follow the instructions shown on the manual.
(マニュアルの指示に従ってください。)
用例5:To place an order, follow the example shown below.
(ご注文いただく場合は下記の例に従ってください。)

「follow」は、path(道)が代表するように、すでに誰かが作った道ややり方の「後をたどっていく」というようなニュアンスがあります。

そのためにlead(リード、指揮)のように誰か先導する人や、instructions(説明書)、pattern(手本)、example(例)などが目的語になります。

(2)pursue

用例1:She wants to pursue a career in the entertainment industry.
(彼女はエンターテインメント業界の仕事に就きたいと思っている。)
用例2:The non-profitable group pursues humanitarian policy.
(その非営利団体は人道主義的方針を貫いている。)
用例3:The company is prepared to pursue the matter in court.
(その会社は問題を法廷で争う覚悟だ。)
用例4:Students develop something of an expertise when they pursue an interest.
(学生は興味のあるものを追求することで専門的知識をかなり伸ばしていくものだ。)
用例5:He plans to attend the university to pursue his goal of practicing law.
(彼は弁護士になるという目標を追い求めて大学に通うつもりだ。)

「pursue」は、career(仕事)、goal(目標)のように「夢を追いかける」的な意味で使います。

目的語に来ているものはpolicy(方針)、matter(問題)、interest(興味)などほとんど抽象的なものが多いのが特徴的です。

(3)chase

用例1:The dog ran in circles chasing its tail.
(犬は自分の尾を追ってぐるぐる回った。)
用例2:The hunters chase ducks throughout the region.
(ハンターたちはその地域一帯でカモを追う。)
用例3:The dog chased the ball.
(犬はボールを追いかけた。)
用例4:Maybe the lady I am seeking never existed and I am chasing a mirage.
(ひょっとすると私の探しているような女性は存在せず、幻を追っているのかもしれない。)
用例5:Dan spent most of his college days chasing girls.
(ダンは大学時代のほとんどを、女の子の尻を追いかけ回すことに費やした。)

「chase」は、典型的な名詞がtail(しっぽ)、ball(ボール)のような具体的な名詞がくることから、「物体を求めて後を追いかける」という意味であることがわかります。

そこから比喩的に、chase a mirage(幻を追う)とかchase1girls(女の子の尻を追いかける)といった用法も出てきます。

point
follow:後をたどる
pursue:抽象的なものを追求する
chase:具体的なものをとらえようと追いかける

⑳多い

(1)many

用例1:There are many ways to avoid war.
(戦争を回避する多くの方法がある。)
用例2:Many people suffer from allergies.
(多くの人がアレルギーで苦しんでいる。)
用例3:Many cases of asthma may be due to chemicals.
(喘息は多くの場合化学物質が原因となっている。)
用例4:The employees have been squeezed in many respects.
(多くの点で従業員は圧迫されてきた。)
用例5:It’s been many years since I last went to a beautiful beach.
(美しいビーチにはもう何年も行っていない。)

(2)much

用例1:You pay too much attention to your appearance.
(あなたは外見を気にしすぎです。)
用例2:She doesn’t have much money and her daily life is so simple.
(彼女は金持ちではないし、日々の暮らしはとても質素だ。)
用例3:With much effort, he obtained his first guitar at 15.
(15歳のとき、彼はやっとのことで初めてのギターを手に入れた。)
用例4:He has devoted much time to this project.
(彼はこのプロジェクトに多くの時間を捧げてきた。)
用例5:I had so much fun listening to this CD.
(このCDはとても楽しめた。)

(3)a lot of

用例1:A lot of people support the new candidate.
(多くの人が新しい候補者を支持している。)
用例2:I spend a lot of money on clothes.
(私は着るものにかなり金をかける。)
用例3:You will need a lot of time to finish this jigsaw puzzle.
(このジグソーパズルを完成させるのにはかなり時間がかかるでしょう。)
用例4:A lot of work must be done before sunset.
(日没までに多くの仕事を終えなければならない。)
用例5:There are a lot of things you can learn from movies.
(映画から学べるものは多い。)

「many」は可算名詞、「much」は不可算名詞、「a lot of」はその両方を修飾します。

特にmanyとmuchは平叙文で用いる場合には比較的フォーマルな感じになります。

これに対してa lot ofとかlots ofは口語的です。

用例で一緒に使う名詞を比較してみると、manyの後にはpeople以外はcases、respects、そしてmuchの後にはattention(注意)、effort(努力)など少し堅い言葉がきているのに対して、a lot ofの方はmoney、time、work、thingなどの日常語がきていることからもその違いが分かるでしょう。

manyとa lot ofの共通語としてはpeopleの頻度が高くなっています。

これはmany (a lot of) people…という言い回しで一般的に「よくあること」を表現する際に多用されるからです。

これに対してmuchとa lot ofの場合には共通語はmoneyとtime。

お金と時間は会話によく出てくるトピックです。

point
many:可算名詞を修飾
much:不可算名詞を修飾
a lot of:可算名詞、不可算名詞の両方を修飾

㉑大きい

(1)big

用例1:The Big Bang Theory is the dominant scientific theory about the origin of the universe.
(ビッグバン理論は宇宙の起源についての有力な科学的理論だ。)
用例2:We’re having many typhoons this year and there was a big one last week.
(今年は台風が多く、先週は大型のものが1つ来た。)
用例3:Stop making a big deal out of nothing.
(つまらないことを大げさに騒ぎ立てるのはやめろ。)
用例4:I knew I made a big mistake when I started abusing drugs.
(薬物の乱用を始めたとき、大きな間違いを犯していることはわかっていた。)

(2)large

用例1:A large number of people in this country practice yoga.
(この国では多くの人がヨガをやっている。)
用例2:France produces a large quantity of wine.
(フランスは大量のワインを生産している。)
用例3:My room is dominated by large scale trains and other models.
(私の部屋は列車などの大型の模型でいっぱいだ。)
用例4:Large proportion of camera phone users are sending photo messages to friends.
(カメラ付き電話使用者の大部分は友人に写真入りメッセージを送っている。)

「big」と「large」は、「大きい」という表現の最も一般的な形容詞ですが、bigの方が話し言葉でよく用いられ、largeは書き言葉での頻度が高くなります。

bigとの結びつきはBig Bang(ビッグバン)のような用語の他に、a big deal(大したこと)、a big mistake(大きな間違い)、a big difference(大きな違い)といった高頻度フレーズがきています。

(3)huge

用例1:Since the expectations are high, he feels a huge amount of pressure.
(期待が高いので彼はすごくプレッシャーを感じている。)
用例2:The organization had a huge sum of money hidden in a secret bank account.
(その組織は銀行の秘密口座に莫大な額の金を隠し持っていた。)
用例3:The singer performed in front of a huge crowd.
(その歌手は大群衆の前で歌った。)
用例4:A huge quantity of natural gas has been discovered.
(莫大な量の天然ガスが発見された。)

(4)great

用例1:I expected a great deal.
(私は大いに期待した。)
用例2:The band had great success on their first album.
(そのバンドはファーストアルバムで大成功をおさめた。)
用例3:It is a great pleasure to have you here today.
(本日はおいでいただき大変光栄です。)
用例4:Regular exercises will lessen stress to a great extent.
(定期的な運動でストレスはかなり減らせるでしょう。)

「huge」と「great」は、bigとlargeに比べると「大きい」ことに加えてそれを「驚嘆している」ニュアンスが入ってきます。

hugeの場合はlargeに似ていて「数量」が多く、greatの場合にはpleasure、success、difficultyのように「人間の経験」を表す表現が多くなります。

point
big:話し言葉での頻度が高い
large:書き言葉での頻度が高い
huge:非常に大きい
great:程度、数量についていうことが多い

㉒置く

(1)put

用例1:Put your hand on the mouse and click the right button.
(マウスに手を置いて、右のボタンをクリックしてください。)
用例2:Put your left arm around his right shoulder and we can start the dance.
(左の腕を彼の右肩に回してください。ダンスを始めましょう。)
用例3:Society is putting pressure on smokers.
(社会は喫煙者にプレッシャーをかけている。)

「put」は、「置く」を表す最も一般的な単語です。

目的語としてはhand、arm、footのように身体の一部やphone(電話)のように具体的なもの、pressure(圧力)のように抽象的なものもきます。

(2)set

用例1:The team have set themselves a target of finishing third.
(チームは3位を目標に定めている。)
用例2:Let us set the standard toward which our children can strive.
(子供たちが達成しようと頑張れる基準を定めよう。)
用例3:At the casino, I set a daily limit of what I allow myself to lose.
(カジノでは私は一日の負けの限度額を決めている。)

「set」は、putに比べると「きちんと決まった場所に置く」という感じです。

それで目的語にもtarget(目標)、standard(基準)、limit(制限)など明確にしなければならない基準のような意味の単語が多くきます。

(3)place

用例1:To alleviate the problem of drug abuse, we are planning to place the emphasis on education rather than treatment.
(薬物濫用の問題を改善するために、治療よりも教育に力を入れていくつもりである。)
用例2:The construction of new highways is placing a heavy burden on tax payers.
(新しい幹線道路の建設が納税者の重い負担となっている。)
用例3:The new president placed his hand on the bible and made his oath.
(新大統領は聖書に手を置き宣誓を行った。)

「place」にはputに比べると「注意深く置く」というニュアンスがあります。

目的語にはhandのように身体を表すものよりは、emphasis(強調)、burden(負担)、reliance(信頼)など抽象的な名詞が多く、内容的にもそれらを慎重に置く、という意味で使うことが多くなります。

(4)lay

用例1:The group is working to lay a foundation for peace between the two conflicting nations.
(その団体は2つの相争う国家間に平和の礎を築こうと活動している。)
用例2:They laid the blame on me.
(彼らは私のせいにした。)
用例3:Close your eyes and lay your hand on the table.
(目を閉じて、片手をテーブルにのせてください。)

「lay」は、ふつう平たいところに「強いたり広げたりするような感じで置く」ことを意味します。

具体的なものもきますが、特に結びつきが強いのはfoundation(基礎)、blame(非難)、stress, emphasis(強調)といった抽象的な名詞です。

これで「基礎をすえる」とか「非難する」、「強調する」といったフレーズになります。

(5)rest

用例1:The old man leaned forward to rest his elbow on his knee.
(老人は前かがみになって肘を膝についた。)
用例2:Rest your head on my shoulder.
(頭を私の肩にのせなさい。)
用例3:She rests her chin on the edge of the sofa.
(彼女はソファーの端に顎をのせている。)

「rest」は、「何かに支えてもらうような感じで置く」という意味です。

したがって、目的語にはelbow(肘)、head(頭)、chin(顎)、forehead(額)など身体の一部を示す単語が圧倒的によくきます。

point
put:最も一般的な語
set:決まった場所に置く
place:注意深く置く
lay:水平に置く
rest:支えてもらうように置く

㉓幼い

(1)childish

用例1:This may seem like a childish game, but I must admit it is fun.
(幼稚なゲームのように見えるかもしれないが、面白いのだからしょうがない。)
用例2:He played a childish prank on me.
(彼は私に子供っぽいいたずらをした。)
用例3:A female voice-over talent speaks for the boy character, because the boy has to have the same childish voice for many years during the series.
(女性の声優がその登場人物の少年の声を担当している。何年も続くシリーズの間中、少年は同じ子供っぽい声をしていなければならないからである。)
用例4:I told him that his childish behavior would not be tolerated.
(彼の幼稚な行いは大目に見てはもらえないだろうと言った。)
用例5:I need to put away my childish fantasies.
(子供じみた空想は捨ててしまわなければならない。)

「childish」は「幼稚な」とか「子供じみた」幼さというあまり良い意味でないときに用います。

そこで形容する名詞もprank(いたずら)、behavior(行い)のような「幼稚な行為」を表すようなフレーズを多く作るわけです。

childish gameはやや中立的な言い回しで「子供向けのゲーム」のことを指します。

(2)childlike

用例1:The shopkeeper is an enchanting man with childlike innocence.
(その店の主人は子供のような無邪気さを持つ魅力的な人だ。)
用例2:My mother opened her gifts with childlike delight.
(母は子供のように喜んでプレゼントを開けた。)
用例3:An artist sees things with childlike wonder.
(芸術家は子供のような驚きをもって物を見る。)
用例4:Sometimes they act in childlike ways that are hard to understand.
(ときどき彼らは理解に苦しむほど子供っぽく振る舞う。)
用例5:He apologized to me for his childlike behavior.
(彼は私に大人げない振る舞いを詫びた。)

「childlike」の後にはinnocence(無邪気さ)、delight(喜び)、wonder(驚き)のように積極的な前向きの言葉が多くきています。

これはchildlikeが「子供らしい」という比較的よい意味で用いられるからです。

(3)immature

用例1:The larvae undergo several changes in form, finally becoming small immature adults.
(幼虫は何度かの変態の末、小さな未成熟な成虫になる。)
用例2:I determined that this animal was an immature female.
(この動物は未成熟な雌だと判断した。)
用例3:Immature males may show a few cream colored edges on feathers near the alula.
(未成熟なオスの小翼付近の羽には端がクリーム色のものが少し見られるかもしれない。)
用例4:Immature births are those with birthweight less than 2,500 grams.
(早産とは出生時の体重が2,500グラムに満たないものを指す。)

「immature」もchildishと同じ「子供っぽい」という意味で用いますが、コロケーションとして結びつきが強いのは生物に対する表現です。

この場合はadult(成虫)、female(メス)、male(オス)といった「未発達の、成虫になっていない」といった意味で用いられます。

point
childish:好ましくない意味で用いられる
childlike:好ましい特徴として用いられる
immature:未熟、未発達な

㉔教える

(1)teach

用例1:The accident taught him a lesson and made him stop drinking.
(その事故に懲りて彼は酒をやめた。)
用例2:It is sometimes fun and sometimes difficult to teach a child how to read.
(子供に読み方を教えるのは時に楽しく、時に困難なものである。)
用例3:She learned to knit when her grandmother taught her the skill at age five.
(5歳のときにおばあさんに教わって彼女は編み物を覚えた。)
用例4:The foreign missionaries taught language to the locals.
(外国の宣教師たちが土地の人々に言葉を教えた。)
用例5:She is teaching students how to speak English.
(彼女は学生に英会話を教えている。)

「teach」は、「教える」という意味の最も一般的な表現です。

人に「教える」だけでなく技能を「教える」の意味もあるので、skillやlanguageがよく目的語にきますし、「学校で教える」という側面があるのでlesson、child、studentといった名詞がきています。

(2)train

用例1:You must train your staff to improve service.
(サービスを向上させるようスタッフを訓練しなければなりません。)
用例2:Most people do not know how to train their dog.
(大部分の人は犬をどう訓練したらいいのかわからない。)
用例3:We are training teachers for our new class.
(新しい授業のために先生たちを訓練しています。)
用例4:The organization has been training people with disabilities.
(その団体は障害を持つ人々への訓練を行ってきている。)
用例5:The center is developing new programs to train nurses.
(そのセンターでは看護師を養成するための新しいプログラムを作っている。)

「train」は、「実践的な技術や知識を教えて、何かをできるようにする」という意味合いが強く、用例にもstaff、dog、teacher、nurseのように技術を身につけるべき人や物が高頻度に現れています。

(3)educate

用例1:Forest Rangers educate the public in fire prevention.
(森林警備員は一般大衆に火災の防止を教える。)
用例2:More and more parents in the U.S. are choosing to educate their children at home.
(アメリカでは子供を家で教育することを選択する親がますます増えている。)
用例3:Their job is to educate people about the importance of sanitation.
(彼らの仕事は人々に衛生の重要性を教えることだ。)
用例4:We need to educate drivers about child passenger safety.
(車を運転する人に子供の歩行者の安全について教える必要がある。)
用例5:The organization works to educate practitioners about the importance of immunizations.
(その組織は開業医に予防接種の重要性を教える活動をしている。)

「educate」は、「長期間教えることで生きるために必要な教養や知識などを育てる」というニュアンスを持ちます。

用例にもpublic、child、peopleといった一般的な名詞だけでなく、driverやpractitionerのようにすでにスキルを持っている人にわざわざeducateを使っています。

これは単なるスキルだけでなくそれに加えて望ましい態度や新しい知見を教えるというような意味合いがeducateにあるからです。

point
teach:「教える」の最も一般的な語
train:特定の目的を達成するために教える
educate:長期的に教育を施す

㉕押す

(1)push

用例1:The dog can push the door open by himself.
(その犬は自分でドアを押して開けられる。)
用例2:Push the button to answer the quiz.
(クイズに答えるにはボタンを押してください。)
用例3:Chris stood up, pushing his chair away in frustration.
(クリスはいらいらして椅子を押しやって立ち上がった。)
用例4:I saw her pushing a pram with a newborn baby in it.
(彼女が生まれたばかりの赤ん坊を乗せた乳母車を押しているのを見た。)
用例5:Pushing a loaded trolley around a supermarket is hard work.
(品物をいっぱいに積んだショッピングカートを押してスーパーマーケットを動き回るのは大変だ。)

「push」が最も一般的な「押す」という意味の動詞です。

大別すると①doorやchairのような「家具やドア」類を押して開けたり移動させたりする、②pram(乳母車)やtrolley(カート)のような「車輪・キャスター付きの荷台」のようなものを押して動かす、③buttonのようなものを押して操作する、といった使い方を主にすることがわかります。

(2)press

用例1:Press the green button to open the door.
(ドアを開けるには緑色のボタンを押してください。)
用例2:Press any key to continue.
(続けるにはどれかキーを押してください。)
用例3:Press TAB twice to position your cursor under the right position.
(カーソルを正しい位置の下に置くにはTABキーを2回押してください。)
用例4:She pressed her lips to his.
(彼女は唇を彼の唇に押し付けた。)
用例5:Press bell for night watchman.
(夜警警備員を呼ぶにはベルを押してください。)

「press」は、pushの特に③の用法が主です。

たいてい何かを操作するために押すことが多く、button、key、tab、bellなどはみなそういう類の名詞です。

press one’s lipsというのはkissの別表現です。

(3)shove

用例1:He shoved open the door and raced into the room.
(彼はドアを押し開けて部屋に駆け込んできた。)
用例2:He shoved his hand into the front pocket of his jeans and pulled out a coin.
(彼はジーンズの前ポケットに手を突っ込んでコインを1枚取り出した。)
用例3:He shoved his chair violently aside and left the room in anger.
(彼は椅子を乱暴に横に押しやって怒って部屋を出て行った。)
用例4:I shoved the book into my desk.
(その本を机の中に突っ込んだ。)
用例5:Adam shoved the man back into the chair.
(アダムはその男を押し戻して椅子に座らせた。)

「shove」は、pushの①の用法と同じ意味ですが、もっと「乱暴にする」という感じが強くなります。

door、chair、bookのような身の回りのもの、そしてhand、manのような人間の体の一部を「押しのける」という感じで使います。

point
push:「押す」の意味で最も一般的な語
press:特に操作するために押す
shove:乱暴に押す

㉖遅い

(1)late

用例1:The late stage of Alzheimer’s disease may last several years.
(アルツハイマー病の末期は数年続くかもしれない。)
用例2:I like to draw, especially in the late afternoon when shadows are longer.
(絵を描くのが好きだ。影の長くなる遅い午後は特にいい。)
用例3:My sister’s late arrival was due to the flight delay from Sea-Tac airport.
(妹の到着が遅れたのはシアトルタコマ国際空港からの飛行機の便が遅れたせいだ。)
用例4:The Institute is dedicated to understanding problems of late development within local communities.
(その機関は地域社会における発展の遅れの問題の解明を専門としている。)
用例5:I had nothing to do last Friday, so I just watched some late night TV.
(先週の金曜はすることがなかったので、ただ夜中のテレビを見ただけである。)

「late」は、「遅い」という意味の最も一般的な表現です。

用例を見ると意味的に2つに分かれます。
①stage、afternoon、nightのように「ある一定期間や予定の中で後の方」を意味する場合
②arrival、developmentのように「ある行為などが予定より遅くなること」を意味する場合

(2)delayed

用例1:Delayed healing following a fracture can occur for many reasons.
(骨折の治癒の遅れはいろいろな理由で起こりうる。)
用例2:While most people do not have a delayed reaction to allergy testing, it occasionally does happen.
(ほとんどの人はアレルギー検査に遅延反応を示さないが、時として起こることはある。)
用例3:This remedy is useful for delayed shock.
(この治療法は遅延性ショックに有効である。)
用例4:Delayed payment can function with credit cards, cheques and even postal orders.
(延滞はクレジットカード、小切手、郵便為替でもきく。)

「delayed」は「遅らせる」というdelayの形容詞形ですが、通常予期せぬことに関して用いられます。

用例ではhealing、reaction、shockのような単語と一緒に用いて少々医学的なコンテクストで「遅効性の、遅発性の」というニュアンスで用いたりします。

また、paymentのように期待しているものが予期せずに遅れたり、startのように「始めるべき時間に始められない」という予期せぬことに用いられます。

(3)slow

用例1:I was so drunk I felt like I was moving in slow motion.
(かなり酔っていたので、スローモーションで動いているような気がした。)
用例2:Slow progress is better than none.
(遅い進歩でも何もないよりはいい。)
用例3:Voters were frustrated with slow pace of change.
(有権者たちは改革がなかなか進まないのにイライラしていた。)
用例4:Yoga uses slow movement.
(ヨガではゆっくりとした動きを用いる。)

「slow」は、lateとdelayedに比べて用法が限定されており、基本的に「動作がのろい」ということを意味します。

用例でもmotion、progress(進歩)、pace(ペース)、movement(動作)、growth(成長)とほとんどが心身の動作と関連しています。

point
late:「遅い」の意味の最も一般的な語
delayed:予想外の遅れを表す
slow:動作の遅さを表す

㉗恐ろしい

(1)frightening

用例1:I had a frightening experience of being attacked on the street.
(路上で襲われるという恐ろしい経験をしたことがある。)
用例2:A frightening thought just occurred.
(恐ろしい考えがふと浮かんだ。)
用例3:The show was the most frightening thing I have ever seen.
(そのショーはこれまで見たもので最も恐ろしいものだった。)
用例4:AIDS devastates African nations with frightening speed.
(エイズはアフリカの国々を恐ろしいスピードで蝕んでいる。)
用例5:It was the most frightening moment of my life.
(それは人生で最も恐ろしい瞬間だった。)

一般的に何かを「恐ろしい」という場合には、frightening(会話ではscary)がよく用いられます。

直後に最も典型的にくる名詞はexperienceです。

その他用例を見るとthought(考え)のような思考を表したり、speed、momentのような瞬間などを表したりするものがよくきています。

(2)fearful

用例1:If our enemies dare to strike us, they will face fearful consequences.
(敵があえて我々を攻撃すれば、彼らは恐ろしい目に合うことだろう。)
用例2:A fearful future lies ahead of us if we continue the war on terror like we have so far.
(これまでのようにテロに対する戦いを続けていけば恐ろしい未来が待っている。)
用例3:I was in my cottage, when I heard the sheep out in the barn making a fearful commotion.
(外の家畜小屋でヒツジがひどく騒いでいたとき私は自分の小屋にいた。)
用例4:A fearful silence filled the room.
(恐ろしい静寂が部屋を満たした。)
用例5:During the journey, we experienced a fearful storm.
(旅行の途中ですごい嵐にあった。)

「fearful」は、frighteningに比べるともっとフォーマルな単語です。

一緒に使う単語もconsequence(結果)、commotion(騒ぎ)のように堅い単語や、silence、stormのような恐怖をあおるような状況と一緒によく用いるようです。

(3)terrifying

用例1:The robbery was a terrifying ordeal for all of us.
(その強奪は我々すべてにとって恐ろしい体験だった。)
用例2:The roller coaster ride was a terrifying experience for me.
(そのジェットコースターに乗るのは私にとっては恐ろしい体験だった。)
用例3:Losing PC data is a terrifying prospect.
(パソコンのデータを失うというのは恐ろしい可能性だ。)
用例4:The hotline is for people who have experienced terrifying violence.
(その直通電話サービスは恐ろしい暴力を体験した人のためのものです。)
用例5:Terrifying screams are the key to a good horror movie.
(ぞっとするような叫び声はいいホラー映画にするためのポイントだ。)

「terrifying」は、very frighteningという感じで、恐怖感をいっそう募らせたような単語です。

よく結びつく語は、experience、ordeal(厳しい体験)といった「経験」を表す単語やprospectのように「将来の可能性」を示す単語、またviolence(暴力)、scream(叫び声)のように恐ろしさを引き出すような行為などがきます。

point
frightening:「恐ろしい」の一般的な語
fearful:frighteningよりもあらたまった語
terrifying:強い恐怖感を表す

㉘穏やかな

(1)calm

用例1:Water skiing is best done in calm water.
(水上スキーには穏やかな水面が最適だ。)
用例2:We rowed our boat out into the calm sea.
(穏やかな海に舟を漕ぎだした。)
用例3:The policeman talked to the victim in a calm voice.
(警官は被害者に穏やかな声で話しかけた。)
用例4:This area has been rocked by riots but is in relatively calm condition now.
(その地域は暴動に揺れたが、今は比較的穏やかな状態にある。)
用例5:Meditation is the best way to have a calm mind.
(瞑想は心を静めるには最適だ。)

「calm」は、人にも場所・状況にも用いられますが、名詞を修飾する場合にはwater、seaのように場所が「静か」という意味で使うのが主です。

その他には、voiceやmindのように人の心理的な状態を表すような言葉もよく結びつきます。

そういった状態を示す一般的な単語としてconditionもランクに入っています。

(2)mild

用例1:Because of the mild winter this year, flower buds are up already.
(この冬は穏やかなので花の芽がもう出ている。)
用例2:Western Oregon has a mind climate.
(オレゴン西部の気候は穏やかだ。)
用例3:We took advantage of the mild weather and went out for a walk.
(穏やかな天気に誘われて散歩に出かけた。)
用例4:The mild tone of our discussion took a turn when I asked him a political question.
(彼に政治的な質問をしたとたん話し合いの穏やかなトーンが一変した。)
用例5:The day was partly cloudy with a mild breeze from the south.
(その日は雲は出ていたが晴れて南から穏やかな風が吹いていた。)

「mild」は、一緒に使う単語を見ればわかるように「天候」について用いることが最も典型的な用法です。

winter、climate、weather、breezeなどはみな天気に関する単語です。

tone(声の調子)のように人のことを表す用法もありますが、あまり中心的な用法ではありません。

(3)soft

用例1:The soft lights make dust and dirt less visible.
(穏やかな光がほこりや汚れを目立たなくさせている。)
用例2:She sang a lullaby in a soft voice.
(彼女は穏やかな声で子守唄を歌った。)
用例3:The old man gazed at the soft glow coming from the bamboo tree.
(老人は竹から発せられているやわらかな光を見つめた。)
用例4:The soft sound of the waves fits the rhythm of bossa nova.
(穏やかな波の音がボサノバのリズムにマッチする。)
用例5:His kiss was like a soft breeze you feel on a spring day.
(彼のキスは春のそよ風のようだった。)

「soft」は、主として感覚的な「柔らかさ」をいうことが多いようです。

light、voice、glow(輝き)、sound、breezeのような五感で感じるものが名詞でよく結びつきます。

point
calm:「静か」な穏やかさを表す
mild:主に天候について用いる
soft:「やわらか」な穏やかさを表す

㉙落ちる

(1)fall

用例1:The rain fell softly on the forest floor.
(森の地面に静かに雨が降っていた。)
用例2:I just got news that turnover fell for the third straight quarter.
(売り上げが3四半期連続で落ち込んだという知らせを聞いたばかりだ。)
用例3:Prices have fallen about five percent since February.
(2月以来物価が5%ほど下がっている。)
用例4:Profits fell much sharper than we anticipated this quarter.
(今四半期は予想よりはるかに激しく利益が落ち込んだ。)
用例5:Interest rates fell by a quarter of a percentage point.
(金利は0.25%下がった。)

(2)drop

用例1:The temperature dropped below zero last night.
(昨夜気温は0度以下に下がった。)
用例2:The wind dropped as soon as we went to sail.
(船を出したとたんに風が凪いだ。)
用例3:The aircraft dropped momentarily, but soon recovered altitude.
(飛行機は一瞬降下したが、すぐに高度を回復した。)
用例4:Her voice drops as soon as she gets off the phone.
(電話を切ると彼女の声は低くなる。)
用例5:SUV sales have dropped by ten percent compared to last year.
(スポーツ用多目的車の売上げは昨年に比べて10%下がっている。)

(3)go down

用例1:The only thing I can guarantee in this world is that the sun will go down and the sun will go up.
(この世界でたった1つだけ確かだと請け合えるの、日はまた沈みまた昇るということだ。)
用例2:The most exciting part of the night for me is when the lights go down before the show.
((ミュージシャンの)私にとって、夜最も興奮するのは、ショーの前に照明が落ちるときだ。)
用例3:They think that his boat went down off the southeastern coast of Sri Lanka.
(彼の船はスリランカ南東沖で沈没したとみられている。)
用例4:Prices of consumer goods in Japan have gone down for the last few years.
(日本における消費財の価格はここ数年下がっている。)
用例5:Interest rates will go down to create impetus for consumers to spend.
(消費に弾みをつけるために、金利は下がるだろう。)

「fall」「drop」「go down」にはすべて「物理的に落下する」という意味と、「値段や数値などが低下する」という意味があります。

「物理的な落下」では、fallは「高いところから」という感じがあります。

rainなどはそのイメージです。

dropは「一直線にすとんと真下に落ちる」感じで、go downはそれよりは徐々に階段や坂などを少しずつ下りる感じです。

「値段や数値の落下」の場合には、fallとdropには「急に落ちる」というニュアンスがあります。

fallは特にprice(値段)、profit(利益)、rate(利率)といった経済用語と、また、dropはtemperature、windといった「自然現象」と強く結びつきます。

go downは、price、rateと似たような単語と使いますが、急激に落ちるという感じはありません。

point
fall:「高いところから」落ちる、下がる
drop:「真下に落ちる」「急に落ちる」「下がる」
go down:一般的に「落ちる」「下がる」

㉚音

(1)sound

用例1:This new DVD edition is acceptable, despite its soft picture and muffled sound.
(画像がややぼやけて音がこもってはいるが、この新しいDVD版はまあまあだ。)
用例2:The interview should be recorded loud enough to pick up the faint sounds.
(インタビューはかすかな音でも拾えるくらい音量を上げて録音するべきだ。)
用例3:Generally speaking, the term soundtrack refers to the recorded sound in a motion picture.
(一般的に行って「サウンドトラック」という語は映画の録音された音のことを指す。)
用例4:He headed in the direction the strange sound was coming from.
(彼は妙な音がする方へと向かった。)
用例5:As I walked closer to the old house, I heard the familiar sound of my mother’s voice.
(古くなった家に歩いて近づいていくと、聞きなれた母親の声の響きが耳に入った。)

「sound」は、「音」の一般を表す語です。

muffled(こもった)、faint(かすかな)のような音の調子を表す単語とは最も強く共起します。

strange、familiarのようにその音を聞いたことがあるかどうかを表す表現もよく出てきます。

(2)noise

用例1:Many dogs are afraid of loud noises like thunder storm.
(多くのイヌは雷雨のような大きな音を怖がる。)
用例2:Suddenly, strange noises started to come from the box.
(突然箱の中から妙な音がし始めた。)
用例3:It was around four o’clock when we heard a funny noise coming down the road.
(道の向こうの方でおかしな音がしたのは4時頃だった。)
用例4:We listened to the soothing noise of crickets chirping in the yard.
(庭で鳴くコオロギの心和む声に耳を傾けた。)

「noise」は、通例「あまり耳に心地よくない音」のことです。

loud、strange、funny、suddenなどはみな一様に不快感を連想させる単語です。

虫の音や扇風機の音など、かすかな「雑音」には特に「不快」でなくてもsoundと同じ意味でnoiseが用いられます。

(3)tone

用例1:She bent over to say something in a hushed tone of voice.
(ひそひそ声で何かを言おうと彼女は前かがみになった。)
用例2:You’ll grab the audience heart faster, if your message is delivered in a conversational tone.
(会話するような調子でメッセージを伝えれば、よりすばやく聴衆の心をつかめるだろう。)
用例3:She said in a matter-of-fact tone, “How do you like your tea? With milk or lemon?”
(「紅茶にミルクかレモンを付けますか?」彼女は事務的な口調で言った。)
用例4:With bows and smiles, he asked in a wheedling tone.
(お辞儀して笑みを浮かべながら、彼は口車に乗せるような調子で尋ねた。)

「tone」は、「声の調子」または「音の質」を意味する言葉です。

hushed(ひそひそ声の)、conversational(会話調の)のように声の客観的な聞こえをいう場合もありますし、matter-of-fact(感情を見せない)、wheedling(甘言の)のように声が伝える感情面を強調する場合もあります。

lowは「低音の」という意味で一般的な「音」を表すこともあれば、「ひそひそ声」という意味もあります。

point
sound:「聞こえる音」一般を表す
noise:不快な音
tone:「声の調子」や「音の質」を指す

㉛面白い

(1)interesting

用例1:An interesting feature of this ancient building is the flat roof.
(この古代建築の面白い特徴は平らな屋根である。)
用例2:I want to have some interesting reading about jazz.
(ジャズについての面白い読み物がほしい。)
用例3:See page 20 for an interesting example.
(20ページの面白い例を参照してください。)
用例4:The interesting thing was that although he skipped classes, he was still getting good grades.
(面白いことに授業はサボっていたにもかかわらず、彼の成績は依然としてよかったのだ。)

「interesting」は、「面白い」という一般的な語で、幅広い理由で「面白い」という意味になります。

修飾する名詞を見ても、feature(特徴)、example(齢)、question(質問)などは、それらが普通とは違うものだったり興味をひきつけられるからです。

reading(読み物)ももっと知りたいと思わせるからです。

(2)exciting

用例1:He is really proving to be an exciting prospect for the future.
(彼は将来が楽しみな人材であることを実際に証明しつつある。)
用例2:This is an exciting development for the entire region.
(これは地域全体にとって刺激的な発展だ。)
用例3:Coming to Japan was an exciting opportunity for us.
(日本を訪れるのは私たちにとってわくわくするようなことだった。)
用例4:This exciting possibility is quickly turning into a reality because of the energy of people like him.
(このわくわくする可能性は彼のような人々のエネルギーによってすぐに実現された。)

「exciting」は、interestingよりも狭い意味で「はらはらドキドキするような」という感じです。

主としてこれから期待を持たせるような場合に使います。

よく共起する名詞も、prospect(見込み、人材)、development(発展)、opportunity(機会)、possibility(可能性)など将来に関するものが多いです。

(3)amusing

用例1:She told a very amusing anecdote about the trophy.
(彼女はそのトロフィーにまつわる実に面白い逸話を話してくれた。)
用例2:I thought it was an amusing story, but also a bit crazy.
(面白いが、同時に少しばかげた話だとも思った。)
用例3:This story is about an amusing incident that happened in one of my classes.
(この話はある授業で起こった面白い出来事についてのものだ。)

「amusing」は、「見たり聞いたりしておかしい」場合に使います。

後ろにくる典型的な名詞は「お話」(anecdote、story、joke)や出来事(incident)が多いようです。

(4)enjoyable

用例1:Thailand was an enjoyable experience.
(タイは面白かった。)
用例2:Spend an enjoyable evening at the ballpark.
(球場で楽しい夜をお過ごしください。)
用例3:Planning ahead is the key to an enjoyable outing.
(前もっての計画が楽しい行楽のかぎとなる。)

「enjoyable」は、どちらかというと「楽しい」という意味で使います。

experience、evening、outing、afternoonのように活動する日時や行楽のことを表したり、activityのように「活動」そのものを修飾すします。

point
interesting:「面白い」という一般的な語
exciting:わくわくさせる面白さを表す
amusing:見聞きして面白い
enjoyable:「楽しい」面白さを表す

㉜主な

(1)main

用例1:They live on the main road out of town.
(彼らは街から離れた幹線道路沿いに住んでいる。)
用例2:The main aim of health research is to improve people’s health.
(健康調査の主な目的は人々の健康の改善である。)
用例3:What is the main reason for terrorism in Iraq?
(イラクにおけるテロの主な理由とは何だろう?)
用例4:Our main concern is the weather for this weekend.
(私たちの主な関心事は週末の天気だ。)
用例5:Power politics remains the main source of threats to world peace.
(武力外交は依然として世界の平和への脅威の主要な源となっている。)

「main」は「主な」を表すのに使われる最も一般的な形容詞です。

特に口語表現では頻度が高くなります。

road(道路)以外にもgate、streetのように場所を修飾しますし、aim(目的)、reason(理由)、concern(関心事)、source(源)など抽象的な名詞もしばしば用いられます。

(2)chief

用例1:He has been appointed Chief Executive of a large enterprise.
(彼はある大企業の最高経営責任者に就任している。)
用例2:I wrote a detailed letter to the chief officer of police.
(警察署長に詳細な手紙を書いた。)
用例3:Inspectors can be promoted to chief inspector.
(警部補は警部への昇進の可能性がある。)
用例4:Experienced technicians can become chief engineers.
(経験ある技師は技師長になることができる。)
用例5:Our Chief Secretary was forced to resign due to a scandal.
(我が党の幹事長はスキャンダルで辞任を余儀なくされた。)

(3)principal

用例1:The role of a principal officer is broad and varied.
(幹部職員の役割は幅広く多岐にわたっている。)
用例2:As the loan is gradually rapid, the proportion of principal repayment becomes higher.
(ローンの支払いが徐々に進むにつれ、元金返済の割合が高くなる。)
用例3:This classification scheme uses principal component analysis.
(この分類体系では主成分分析を用いている。)
用例4:He was the principal minister who oversaw the negotiations.
(彼はその交渉を監督する宰相であった。)
用例5:I am the principal carer for my wife, who is an invalid.
(私が体の不自由は妻の第一介護者です。)

「chief」「principal」はmainに比べると書き言葉で用いられる傾向があります。

chiefもprincipalもreason、concernなどを修飾できる点ではmainと似ていますが、「職種」につくことが多いようです。

point
main:最も普通に使われる語
chief:職務について用いることが多い
principal:重要度が最も高いことを表す

㉝終わり

(1)end

用例1:Hold the bottom end of the stick.
(棒の一番下の端をつかんでください。)
用例2:If you’re at a loose end tonight, come to the party.
(今夜やることがないのだったらパーティーに来なよ。)
用例3:I want to go all the way to the far end of Sicily.
(シシリー島の一番端まで行きたい。)
用例4:There are two restaurants: one near the road, and another at the opposite end of the beach.
(レストランは2つあります。1つは道路に近く、もう1つはビーチの向こうの端です。)
用例5:He managed to grab the other end of the rope.
(彼はなんとかロープのもう一端をつかんだ。)

「end」は、「時間や出来事の終わり」を意味する最も一般的な単語ですが、直前の形容詞のパターンで最もよく結びつくのは「長いものの端、先っぽ」という意味のendです。

bottom、far、opposite、otherなども自分の視点から「反対側の端っこ」という意味で使います。

(2)conclusion

用例1:A logical conclusion has to flow from facts.
(論理的結論は事実から生じるべきだ。)
用例2:An attorney makes a tentative conclusion and then develops the facts to support the conclusion.
(弁護士は仮の結論を立て、それから事実を展開して結論を裏付ける。)
用例3:This provided enough evidence to draw a firm conclusion.
(これが確固たる結論に達する十分な証拠を与えてくれた。)
用例4:I am glad at the successful conclusion of the elections.
(選挙の好結果に喜んでいる。)
用例5:Both men came to a similar conclusion.
(2人の男はともに同じ結論に達した。)

「conclusion」は、同じ「終わり」を表す単語でも「何段階かステップがあって一番終わり」というニュアンスがあります。

それでいろいろ考えたことの最後=「結論」などと訳されることが多いわけです。

logical(論理的)、tentative(一時的)、firm(確固たる)など自分がいろいろ考えた上で決める「結論」の様子を修飾する形容詞が目立ちます。

(3)finish

用例1:As the final step, they retrowel the concrete surface with hand trowels to create a smooth finish.
(最終工程では、なめらかな仕上がりにするため手でこてを使ってコンクリートの表面を再度ならします。)
用例2:Is it possible to obtain a matt finish by chemical treatment?
(薬品による処理でつや消し仕上げにすることは可能ですか?)
用例3:This wall has a textured finish.
(この壁はざらっとした仕上がりにしてある。)
用例4:The key to getting a perfect finish is adding just the right amount of thinner.
(適量のシンナーを加えるのが完璧な仕上がりのかぎです。)
用例5:This is exterior paint with a sand-textured finish.
(これは砂地仕上げの屋外用ペイントです。)

「finish」はfrom start to finish(始めから終わりまで)のように「終わり」という意味でも使いますが、前に形容詞がくると「塗装や研磨の仕上げ」という意味が圧倒的に多くなります。

smooth(滑らかな)、matt(つや消しの)、textured(ざらつき感のある)、sand-textured(砂地仕上げの)などは塗装の様子を示しています。

point
end:「(時間や出来事の)終わり」「(物理的なものの)端」
conclusion:「結論」「結果」
finish:「(ものの)仕上げ」

㉞終わる

(1)end

用例1:I wish the war will end soon.
(戦争がすぐに終わればよいと思う。)
用例2:My first marriage ended in less than a year.
(私の最初の結婚は1年足らずで終わった。)
用例3:After the year ended, she moved from Tokyo to Nagoya.
(その年が終わってから、彼女は東京から名古屋に引っ越した。)
用例4:The month will end with another trip to New York.
(月末にまたニューヨークに行く。)
用例5:This free trial period will end on June 2nd.
(無料お試し期間は6月2日までです。)

「終わる」という意味では「end」が一般的です。

終わるものとしては、war、marriageのような何らかの「出来事」や、year、month、periodなのような「一定の期間」がきます。

(2)finish

用例1:The meal will finish at about 8:00 p.m.
(食事の時間は8時ごろ終了するでしょう。)
用例2:I’ll bet you anything that our team finishes last.
(うちのチームが最下位になるのは、絶対間違いない。)
用例3:What time does the game finish.
(試合が終わるのは何時ですか?)
用例4:The natural secondary fermentation finished in six week.
((ワインの)自然二次発酵は6週間で終わった。)
用例5:When the tape finished, there was complete silence.
(テープが終わると完全な静寂が訪れた。)

「finish」は、ほとんどendと同じ意味で用いますが、主としてイギリス英語で好まれます。

特に結びつきの強い名詞としてはmeal(食事)以外にteam(チーム)、game(試合)などスポーツ用語がきているのが面白いですね。

(3)be over

用例1:The war will be over in about three weeks.
(戦争はだいたい3週間で終わるだろう。)
用例2:Your days are over.
(あなたの時代は終わった(盛りは過ぎている)。)
用例3:Vacation time is over and it is time to get back to our routine.
(休暇は終わりいつもの日常に戻るときが来た。)
用例4:When this growth period is over you will be at your adult height.
(成長期が終われば大人の身長になる。)
用例5:The worst of Asia’s economic crisis was over by mid-1999.
(アジアの経済危機の最悪の時期は1999年半ばまでに終わった。)

「be over」は「ある出来事や時間などが終わって、もうそれ以上ない」というニュアンスです。

day、time、periodなどendと近いコロケーションを示します。

また、be overを使うとwar、crisisのような「悪いこと」が終わる、という意味をよく表します。

point
end:「終わる」の意味の一般的な語
finish:主にイギリス英語で用いられる
be over:済んでしまっている

英語類語を使い分けよう(か行)に続く